ぽこぺん談話室
[ぽこぺんトップ] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧掲示板ログ] [管理用]

名 前
メール
題 名
リンク 削除キー
内 容

[14936] お帰りなさい(?)  さっしい :2018/04/23(月) 20:25  

>>都電20番さん

こちらでは、ご無沙汰しています。
お体は回復されましたか? くれぐれもお大事に。
ここのメンバーは、昔からの方も大勢いますよ。
ただ最近は以前に比べ、オフ会以外の投稿が激減してはいます。

では今後とも、よろしくお願いいたします。
ここでは、そのハンドル名を復活させて行きますか?


[14935] ご無沙汰してます。  都電20番 :2018/04/23(月) 19:46  

すっかりご無沙汰してます。顔ぶれも変わりましたね。
また書き込みしたいと思います。
今後も、よろしくお願いします。


[14934] すみません〜、都電史講座資料の訂正!  さっしい :2018/04/23(月) 18:39  

がぁ〜ん!!
先日の講座の自作資料に誤りが2箇所ありました。

 P.3≪資料5≫の【東京鉄道】251形の行。
  ×誤[489両?]→ ◎正[480両?]

 P.3≪資料5≫の【東京市電気局】251形<ヨシ>の行。
  ×誤(251〜499)→ ◎正(251〜749)

単純ミスです。申し訳ありません。
泥縄式に講座の前日に仕上げたページで、見直しは何度もしたつもりですが、見落としたようです。
訂正の程、よろしくお願い申し上げます。

こういうケアレスミスは何とも痛恨の極みで、切腹したいくらいですが、今日は朝からお腹が痛いので、やめておきます。


[14933] 東京電車道オフ会御礼  マイク :2018/04/22(日) 23:07  

>>さっしいさん、オフ会に参加された皆さん
昨日はお疲れ様でした。
「東京電車道」からも新規の方がいらして、「しでんの学校」からも3名来て頂き、若手の知人にも来てもらって大所帯になって良かったです。
参加された皆さん本当にありがとうございました。

>>さっしいさん
準備の方もお手伝い頂き、また素晴らしい講座を聞くことが出来て良かったです。
明治5年の鉄道開通から馬車鉄道、省線や私鉄も含めた路線網の発展史や、
三社時代からの車輌の解説を時代順にされていて勉強になりました。
何よりもとても聞きやすかったです。
車輌形式は複雑な印象が強くてとっつきにくいところがあったんですが、
その経緯が分ると、これまでの「苦手」が克服できそうです。
後編も是非やりましょう!

>>砂町錦糸堀さん、831列車さん
貴重な映像ありがとうございました。
さっしいさん、編集、上映ありがとうございました。

>>赤電・青電さん
高戸橋の切替前後の映像など、貴重な映像を上映して頂きありがとうございました。

>>電気ブラブラさん
5月13日の映写会のチラシ配布と告知ありがとうございました。

>>さるさん
博物館の企画展のチラシありがとうございました。

>>坂下国郎さん
お土産ありがとうございました。

>>TADAさん
差し入れありがとうございました。

>>6181さん、日本橋両国さん、denchuさん、寅さん
昨日は参加頂きありがとうございました。m(_ _)m

ぽこぺん以外から来た方と交流を深められる機会が出来てよかったと思っています。

それでは失礼致します。

http://www.ne.jp/asahi/mike/hp/index.html


[14932] 5月のオフ会、日程のみ決定  さっしい :2018/04/22(日) 14:13  

5月のオフ会は、候補日を5日(土・祝)に絞りました。
雨天予備日を19日(土)、第二予備日を26日(土)とします。
場所は未定ですが、5日・19日の場合は午前集合の近郊遠足の予定。
26日の場合は都内で午後から。それも雨の場合は…新宿歴博かな?
ただ、新宿の写真展はメインに持ってきても良さそうですね。

それとは別に、5月12日(土)横浜市電保存館で興味深い講座があります。
その日「北の方」へ行く予定の無い方は、南の方へ如何ですか?
宇都宮の餃子より、横浜の焼売の方が美味しいかも。
http://tcf.la.coocan.jp/images_2018/2018-04-22_yokohama.jpg

横浜では、先日ご紹介した都市発展記念館の企画展も開催中です。
…と書いてみて、以前ここでご紹介したURLが誤っていたことに気付きました。
http://www.tohatsu.city.yokohama.jp/feature.html

午前中に都発(都市発展記念館)、午後は保存館…とか。(慌ただしいかな?)
ただ、都発は解説の付く日があるようですね。主に日曜日。
その時に行ってみたいとも思いますが。どなたか…?

オフ会ではないので、お出掛けになる方はご自由に。


[14931] 本日はありがとうございました  さっしい :2018/04/21(土) 22:30  

今日は暑かったですね〜
自分は暑い方が体調も良いみたいですが…さすがに少しバテ気味でした。

「東京電車道」の会合にご参加の皆さん、本日はありがとうございました。
特にマイクさん、貴重なお時間と場所を提供して頂き、ひたすら感謝です。
ただ、マイクさんのやりたいことが充分にできないのでは申し訳ありません。
今日の分の後篇は…会の内容に余裕がある時で結構ですので。
(まだ、やらせて頂く気になってる自分…?)

反省会…ではない懇親会も楽しかったですね。
別の席の方とはあまりお話しできませんでしたが、横浜市電関係の方々とは、ひさしぶりに楽しく語らうことができました。

ところで、このところ飲んだ後は少し体調が悪くなるようです。
帰りの電車では(最近いつもそうですが)意識が飛んで眠ってしまいました。
ビールだけ飲んでいた頃より、ちょっと悪酔いする傾向にあるみたいです。
一時期心掛けていた「ほどほどに」を取り戻さないといけないかな。


[14930] 都電史講座  さっしい :2018/04/21(土) 10:38  

マイクさんのオフ会の会場へ向かっています。
今日は都電史を語れるのが楽しみですが、1時間枠では大幅に足りず、結局「前編」ということで明治大正時代だけで終わってしまいます。都電は出てきませんが、「都電詐欺」だなんて言わないでくださいね。

では、ご参加の皆さん、よろしくお願いします。


[14929] オフ会募集締め切りました  マイク :2018/04/19(木) 22:14  

こんばんは。

度々すみません。

土曜日のオフ会、募集の方締め切りました。
831列車さん、denchuさん、さるさんも参加されます。
東京電車道からも新規で1名参加されます。
昼の部 17名、夜の部 15名の大所帯となりました。
ありがとうございます。

それでは土曜日は北とぴあでお待ちしております。

http://www.ne.jp/asahi/mike/hp/index.html


[14928] 臨時29系統  831列車 :2018/04/19(木) 17:18  

久々に都電の話題を
以前アップしてご教示いただいた「臨時29系統」の画像を少し大きくしてみました。また後追いで撮った後ろの画像も追加しました。さっしいさん の「臨時29系統」のページにあるようにこちらの後部も「29」の系統板だけになっていました。撮影場所は永代橋に西詰あたりであっているでしょうか?

URLはこちらです
http://c5793.ebo-shi.com/toden-ichimai01.html

http://c5793.ebo-shi.com/


[14927] 品川馬車鉄道の軌間  新橋銀座 :2018/04/18(水) 23:26  

>>さっしいさん

 >品川線の軌間は諸説あるようですが、


「737mm」であるとするのと「762mm」とがあるようですね。

ほかにもあるのでしょうか?
内務省の統計では「762mm」となっているんでしたっけ?

後者ならナローとしては標準的ですが、前者なら異常で、ちょっと考えにくいですよね。

「東京市区改正委員会議事録」に出てくる「品川馬車鉄道」関連の記事には
次のようなものがあります。

東京市区改正委員会議事録
1.第6巻 第99号(明治26年7月3日) 27丁〜
  諮問第11号 品川新橋間馬車鉄道敷設の件

2.第6巻 第101号(明治26年10月18日) 43丁〜
  諮問第11号 品川新橋間馬車鉄道布設の件 調査委員の報告

3.第8巻 第118号(明治28年6がtう25日) 38丁〜
  諮問第19号 荏原郡品川町へ馬車鉄道布設に関する追願の件

4.第9巻 第133号(明治30年2月19日) 66丁〜
  議第233号 品川馬車鉄道社出願同鉄道線路延長の件


で、No.1には次の記載があります。

「馬車は1頭牽にして 長12尺 幅内法4尺7寸 レールの幅員は2尺5寸」

また、No.2にはレールの附図があり(44丁)、
図中にもレールの幅員は「2尺5寸」と記されています。
(国会図書館のデジタルアーカイブスで確認できると思います。)

さて、
「尺」・「寸」の「cm」あるいは「mm」への換算は
1尺=30.3cm=303mm
1寸=3.03cm=30.3mm
これを用いて「2尺5寸」を計算すると

2尺5寸=303x2+30.3x5=757.5mm となります。

一方、
フィートには 「呎」 インチには「吋」の漢字を充てますが 
尺、寸との使い分けは、時として混乱があり、
フィート、インチの意味で「尺」・「寸」が宛てられていることも無きにしも非ずです。

「呎」・「吋」の「cm」あるいは「mm」への換算は
1フィート=30.48cm=304.8mm
1インチ=2.54cm=25.4mm

そこで、逆に「2尺5寸」を「2呎5吋」の意味にとっているとして計算すると

2呎5吋=304.8x2+25.4x5=736.6mm となります。


このことからわかる通り、
「737mm」としている文献は「2尺5寸」を「2呎5吋」の意味にとっているのですね。

しかし、上述の通り、市区改正委員会議事録にある資料は
品川馬車鉄道の提出資料をもとにしていると思いますが、
「レールの幅員2尺5寸」であるわけです。

さて、
2尺5寸=757.5mm と算出されますが、762mm=2尺5.2寸 ぐらいですから
有効数字で考えると誤差範囲で762mmに一致します。

品川馬車が車輪、輪軸等をどこから調達したのかわかりませんが、
世界の規格から考えて、737mmなんてのはちょっと考えにくいのではないでしょうか。

737mmという数字は、「2尺5寸」を「2呎5吋」に読み間違えた結果であって、
やはり762mmというのが正しいのではと考えますが、いかがでしょうか?


[14926] オフ会御礼  6181 :2018/04/17(火) 23:32  

>>さっしいさん、坂下国郎さん、オフ会参加の皆様

行き帰りも含め、終始楽しめました。ありがとうございました。
NEXをいつも池袋や赤羽で見ているのですが、あれほど見通しのよい所を走るのだとは。
かつて「しおさい」で通ってもいるのですが。
旧線の築堤上の蒸機を寺崎城址から見下ろしたらどんなだったでしょう。
その頃なら随所で見られた風景なのかもしれませんが。


遠足では不思議な町並みにいくつも出会ってきましたが、寺崎の山の上は格別でした。
周回しているらしい道路から袋小路が分かれるのが、常盤台団地と重なってしまい、
全く成り立ちが違うのに、と、解釈に困りました。
山鼻に点在する社には防衛上の意義もあったのでしょうが、
小公園としても機能しそうに思われました。

意外だったのが間近に見える羽田空港の着陸便でした。
日本橋両国さんのおかげもあり、また天候にも味方されました。

羽田の離着陸コースはたとえば国土交通省のページ
http://www.mlit.go.jp/common/000126964.pdf
などに出ていて、知っているつもりだったのですが、
成田の直近まで入るとは、実際に見るまで気づきませんでした。
D滑走路への計器着陸で、八千代あたりで誘導電波に乗ってまっすぐ降りてゆく、
そういうルートと思われますが、
有視界時なら海上を迂回するので、運用比率は想定3%、南風悪天候時のみとのこと。
見えたあたりでの高度は1,500mくらいのようです。

またよろしくお願いします。

昨日書くつもりでいたのですが、新橋銀座さんご紹介の地図に見入っておりました。
都心の何箇所かを仔細に見ると、考えていたのとだいぶ違いました。
オフ会の度に「知ってたつもり」の至らなさに気づきますが、
震災前の東京についてもそのようです。


[14925] 馬車鉄道  さっしい :2018/04/17(火) 20:25  

>>新橋銀座さん

投稿が前後して申し訳ありません。ご教示ありがとうございます。
今、まとまった時間が取れないので、精査はできないのですが…

自分の作図はあくまで推測なので、実際とは異なると思っていました。
あの地図に裏門らしき所は一箇所だったので、そこへ線を繋いでみました。
品川線の軌間は諸説あるようですが、改軌の際は直前まで1372mmとの3線だったわけですから、この車庫あたりでもデュアルゲージは可能かなと思ったりして。

今週末のマイクさん主催のオフ会の都電講座でも、当然の流れとして馬車鉄道のことに触れるつもりです。
でも線路や構造などについては、あまり良く分かっていないんです。


[14924] 都電史入門  831列車 :2018/04/17(火) 20:14  

マイクさん
忘れました 参加いたします。

http://c5793.ebo-shi.com/


[14923] オフ会御礼  831列車 :2018/04/17(火) 19:49  

さっしいさん 皆さん

総武本線のこの区間の田園風景の中をかなりの本数が短時間で行き来しているのは驚きでした。
今回は鉄道廃線跡、現代鉄道事情、房総の自然、歴史散策とさまざまな要素がいっぱいのメニューでした。考えとてみればこの廃線跡もすでに半世紀近くがたっいるのですね。にも関わらず全てが自然い還らず、また宅地化もされずにたどることができるのも驚異でした。

坂下さん
お茶とお菓子ありがとうございました。

日本橋両国様
鉄道の戦後史の考察、いろいろと参考になりました。この辺りのお話もまたゆっくりとしたいですね。また地元ならではの情報や現状などもお話いただきなるほど、と思いました。

後で調べたところ、橋台跡の説明板に出ていた写真のC58ですが、線路切替時に在籍していた千葉局配置(新小岩・佐倉)の中で写真に見られた二桁のナンバーは佐倉区に2両しかおらず、C5813か29号のどちらかだと思われます。(昭和42年3月時点)

http://c5793.ebo-shi.com/


[14922] 都電講座ですが、困ったことに…  さっしい :2018/04/16(月) 23:30  

>>マイクさん、皆さん

すみません。都電講座ですが…
都電史の全貌を1時間で語ろうなんて、考えが甘かったですね。
始めると次々に余計なことを付け加えたくなって…時間内に終わりません。
そこで、すみませんが…今回は「前篇」とさせて頂きたいと思い始めました。

まだ検討中ですが…とても「都電」まで行き着けそうもありません。
そうなったとしても、どうかご容赦のほど、お願い申し上げます。
いつかまた「後篇」の機会を設けて頂ければ幸いです。


[14921] 東京電車道 第四回オフ会 都電講座「都電史入門」 再掲  マイク :2018/04/16(月) 22:24  

こんばんは。
今週土曜日のオフ会案内の再掲です。

今回はさっしいさんの講座と、フリートークではデジタル化された8ミリの映写会を行います。

【場所・日時】
場所:北とぴあ 802会議室B
日時:4月21日(土) 13:30〜16:45
受付開始 13:20
会費:500円程度

【主な発表内容】
13:30〜 東京電車道の紹介と進捗報告
 品川〜船路橋散策の日程決め
 5月13日「都電・谷根千・不忍通り映写会・茶話会」の案内と
 スライドショー用の対比写真撮影会の日程決め
14:30〜 さっしいさんの都電講座「都電史入門」
 都電の路線と車輛の歴史について
15:40〜 フリートーク
 都電映像上映など

【懇親会】
場所:居酒屋一休王子店
開始時刻:17:00〜19:00
会費:3,000円

【参加方法】
配布資料の準備のため事前予約制です。
※懇親会の予約もありますので
4月18日(水)中までで締め切らせて頂きます。

申し込み方法は、こちらの掲示板での参加表明、または私宛にメールをください。

現在13名の参加予定です。
さっしいさん、赤電・青電さん、6181さん、日本橋両国さん、電気ブラブラさん、寅さん、TADAさん、坂下国郎さん
しでんの学校から3名、
私の知人で、新社会人の若いのが一人きます。

>>831列車さん
ご都合の方は如何でしょうか?

皆さんの参加をお待ちしております。m(_ _)m

http://www.ne.jp/asahi/mike/hp/index.html


[14920] オフ会ありがとうございました  赤電・青電 :2018/04/16(月) 10:25  

>>さっしいさん オフ会に参加されたみなさん
土曜日のオフ会では大変お世話になりました。強風も心配されましたが、強いそよ風程度だったのがなによりです。

>>坂下さん
青春18三陸の旅のおみやげありがとうございました。それに
加えて、おやつもいただき、ごちそうさまでした。反省会の
仕切りは毎回お見事です。

>>日本橋両国さん、831列車さん
おやつをごちそさうさまでした。佐倉周辺の鉄道沿線を歩いたのは久しぶりでしたが、市街化区域にならないところは、昔の面影がありなつかしさを感じました。
行きには、我孫子駅で弥生軒のからあげうどんを食し、その人気ぶりに驚き、うどんの細さから給食のソフト麺を思い出しました。帰宅後、50年前の房総のネガを引っ張り出していますが、経年劣化と保存環境の悪さによる傷みから年月を感じています。

完全退職後に外に出る機会が減少していますが、オフ会はちょうどいい外出の機会です。


[14919] 京橋の写真  日本橋両国 :2018/04/15(日) 20:50  

>>さっしいさん
早速の時代考証をありがとうございます。
昭和初期のその期間まで推定して頂きまして。
確かに電機メーカーPのポスターで、勤務先事務所に掲示されていたんです。
確か写真下部にポスター目的の表題がありましたので、それをヒントに探してみます。


[14918] お返事  新橋銀座 :2018/04/15(日) 11:22  

>さっしいさん [14894] (2018/04/06)

>品川馬車の申請引込線は、以下の図のようなものだったのでしょうか。
(↓あくまでラフな推定による記入で、赤は品川馬車、青は東京馬車、緑が申請区間。)
http://tcf.la.coocan.jp/images_2018/2018-04-06_00.jpg

どうもありがとうございます。
お返事が大変遅くなり恐縮です。
オフ会お疲れさまでした。皆様の報告に水を差すようで申し訳ありませんが
やっと時間がとれました。

旧品川馬車鉄道(狭軌)の馬と車輛の夜間の保管場所として
東京馬車鉄道構内を利用しようということで、そのための引き込み線を申請しているわけですね。
申請内容を再掲しますと、
 
連絡軌道敷設の件
 芝区柴井町1番地地先品川馬車鉄道線路より東へ芝区汐留町2丁目目1番地
 東京馬車鉄道会社構内前通りを同裏門口迄単線軌道敷設の事
                      別紙図面朱線の通此延長70間

うまく説明できるかわからないですが、入手している図をもとに説明してみたいと思います。
図の精密度はそれほど高くないのでだいたいこんな感じかな、ということでご了承願います。

品川馬車鉄道線路(さっしいさんの図では赤線))が敷設されている、現在の国道15号線、
明治32〜33年当時においては、どのように呼ぶのがいいのかわからないのですが、
ここでは「本通り」と呼ぶことにします。

芝口終端から構内へ向かうには
「本通り」を 芝口側から品川方へ南向線を 露月町と柴井町の町界点まで進み左折、

露月町と柴井町の町界道路を東進(さっしいさんが緑線で示したとおり)、 
ただし、「東京馬車鉄道会社構内前通り」に出たところで、
さっしいさんの描いたのとは反対に右折、構内前通りを南進します。

柴井町7番地と8番地の間に細い道路がありますが、
(番地は東京郵便電信局 芝区全図(明治29年12月調査 32年10月再販)に依りました)
ttps://www.tokyo-23city.or.jp/base/archive/2_tokyo_15_top.html
ちょうどこの辺りの対面が東京馬車鉄道会社の裏門になっており、
ここを左折して構内に入るように描かれています(図上に「裏門」と記されています)。
構内の配線については記載がありません。

逆に、構内から出て芝口終端へ向かう場合は、上記経路を逆に進み、
本通へ出て右折し、一旦南向線へ入りますが、
すぐの位置にクロスオーバーが設置されていて北向線へ渡る、
だいたいこのように描かれています。

芝口終端は、前回Y字型単線と書きましたが、
これは終点の形としてよくある例えば目黒駅前タイプではなく、
まさにY字型に描かれているという意味です。
ただしこの申請図には芝口終端まで描かれておらず、
今回話題にしている申請図とは別の図によります。


なお、図中には東京馬車鉄道の構内入出区線路の様子についても記されています。

「表門」は、露月町の11番地 対面辺りです。(12番地が一番南、柴井町との境界)
ただしこの門は線路用の門ではありません。

入構は新橋側から構内前通り(さっしいさんの図では青線)を南進してきて、
この表門の少し手前で、斜め左に入る形です(図では30°ぐらいの角度でしょうか)。

官鉄汐留駅構内は汐留町1丁目と2丁目にまたがっていますが、 
1丁目と2丁目は水路で区切られています。
その水路は、本通りを挟んで、狭くはなりますが、向かい側の源助町側にも及んでいます。

出構は、この水路の手前、汐留町2丁目の北限辺りから斜めに構内前通りに出て、
南向線をクロスして北向線へ入る形に描かれています。
つまりここから先が複線となります。
本通り上、複線となるのはちょうど水路の上辺りからのようです。

実は、東京馬車鉄道会社構内前通りの線路は、
図中には濱松町の方まで延長線が点線で描かれています。

前回、
「東京電車鉄道の路線は、馬鉄時代を引きずっているので、必要に応じてつつかざるを得ないです。」
と書きました。

東京馬車鉄道が明治33年10月に取得した特許命令書にある特許区間は次のようなものでした。

第1条 
今般東京馬車鉄道株式会社に対し特許したる電気鉄道営業は
左に掲げたる道路に鉄軌を布設し一般運輸の業を営むものとす
1 品川鉄道橋に起り、新橋、日本橋を経て 上野広小路に至り 下谷区車坂町に於て左折し
  浅草広小路に出て 雷門前に於て右折し 浅草橋を経て 日本橋区本石町3丁目角に至る
2 芝区浜松町に起り 汐留町を経て新橋に至る
3 下谷区上野車坂町に起り 下車坂町にて右折し 合羽橋通りを経て 浅草公園第六区前を過ぎ
  北田原町3丁目に至る
4 浅草橋に起り 日本橋区横山町3丁目にて右折し 本町3丁目角に至る

このうちNo.2の線区の意味、実際の敷設計画位置を確認したいというのが動機でした。
これまでにこの線のことについて触れられことがあったかもしれませんが、
この線は、実現することなく例の明治38年夏の「懇諭」のあと、取り下げられ
陽の目を見ることはありませんでした。

本社工場を汐留の借地から大門へ移転する際の連絡線がもともとの目的だったようです。
しかし、上の特許だけを見る限り、品川線も改軌、電車化が許可されている中で
一見何のためにこのような線路が必要なのか理解しにくいです。

あと、図中では、上述の品川線(狭軌)の引き込み線は、構内前通り上では
東京馬車の工場連絡予定線(1372mm)と重なるように描かれています。
実際の線路の配置はどうするつもりだったのでしょうかね。



[14917] お疲れさま…と、京橋の写真  さっしい :2018/04/15(日) 09:48  

>>日本橋両国さん

昨日はお疲れさまでした。
お馴染みの場所も、また新鮮な気持ちで接することができたようですね。
廃線跡にも惹かれますが、田園風景の中を行く現役の列車も魅力でした。
寺崎城跡は、もう少し風が弱ければ、もっと長居したい場所でしたね。

反省会でご紹介頂いたパナソニック(でしたっけ?)の京橋の古写真。
この絵葉書は(不鮮明ですが)場所も時代も近いかと思います。
右のドームのある大きなビルが第一相互館、左の尖塔は大同生命。
その手前の曲面ビルは福徳生命だった(時期もある)はずです。
http://tcf.la.coocan.jp/images_2018/2018-04-15_000.jpg

ただし、これは架線がシングルトロリー化された後のようですね。
昨日拝見した写真の方は、まだダブルポールの時代でしたよね?
この区間(三田〜日本橋)がシングル化されたのは、昭和7年10月15日。
…ということは、昨日の写真は昭和3〜7年に撮影されたものでしょうか。

こちらの写真は、それ以降(昭和7〜9年?)ということになりそうです。
(高松氏によれば、9年に車体の上半がクリーム色に塗られたそうで…)
道路の奥の右手のビルは、高島屋日本橋店ではないでしょうか。
新築開店は昭和8年(日本生命館に入店)だそうで、時期も合いますね。

昨日の写真の方は、そのビルが建つ前らしいので、別の建物かな。
(あの写真は、どこかのサイトで閲覧できないでしょうか?)


[14916] オフ会御礼  日本橋両国 :2018/04/14(土) 22:56  

>>さっしいさん、オフ会参加のみなさん
本日はありがとうございました。
物井⇔佐倉は通勤で1万回以上通過していますが、旧線跡を歩き通したのは初めてでした。
寺ア城跡の展望台から見下ろした風景は、まるで地形図そのもの。
現在線と廃線跡、鹿島川と田圃地帯が手に取るように見え、
そのパノラマ風景に心を動かされました。

その展望台でおやつの提供をして頂いた、坂下さん831列車さん、ありがとうございました。
また坂下さんには、反省会の手配や仕切りをはじめいろいろありがとうございました。

なんといっても皆さんと歩くからこそ、一人では感じることのできない発見と楽しさがあると感じます。
また次回のオフ会を楽しみしています。



[14915] 楽しい遠足を  さっしい :2018/04/14(土) 08:44  

>>日本橋両国さん
準・地元でのオフ会、よろしくお願いします。
こちら今、薄日も差してきました。意外と良さそうな天気ですね。

>>皆さん
今日はトイレがネックですよ〜
充分に準備(?)の上、ご参加ください。


[14914] なんとかなるでしょう。  日本橋両国 :2018/04/14(土) 08:38  

>>さっしいさん、オフ会参加の皆さん
集合駅から三つ先の駅付近の現時点の天気です。
気温12℃ 曇天 無風 体感:やや肌寒し
こんな具合です。

これから南風が強まる予報ですから、
さっしいさんのおっしゃる通り、安全に留意しながら楽しく歩きましょう。

さて、物井駅前には飲食店はもとよりコンビニもありません。
(しかし田圃はあります。)
くれぐれも、食事を済ませ飲食物他は事前に購入されることをお勧めします。

では後ほどお会いしましょう。



[14913] なんとかなりそうで…なんとかしましょう  さっしい :2018/04/14(土) 07:21  

今日のオフ会は予定(改)通り、12時50分・物井駅集合で実施します。
南風は強まるそうですが、安全に留意して楽しく歩きたいと思います。
日も照らないので暑過ぎず、かえって歩きやすいかもしれませんね。

>>坂下国郎さん
二刀流でも、畑中葉子ちゃんの歌みたいな…いや、あれは違うか?
結局今日は「佐倉ひとすじ」で、よろしくお願いいたします。

>>マイクさん
今日は残念ですが、イベントのご案内ありがとうございます。
来週も来月も、楽しい企画が続きますね。
主催は大変でしょうが…お疲れさまです。
できるだけ協力させて頂きますので、資料等が必要ならご相談ください。

>>TKKさん
自分は、なかなか先まで読み進めませんが、適宜よろしくお願いします。


[14912] 都電・谷根千・不忍通り映写会・茶話会のご案内  マイク :2018/04/13(金) 23:24  

皆さんこんばんは。
5月の映写会のご案内です。
都電網研究会さんと共催で「都電・谷根千・不忍通り映写会・茶話会」を開催いたします。
会の趣旨として地域の皆様と都電ファン・研究家でテーブルを囲み、近年デジタル化された、不忍通りを走る都電の8ミリ映像や関連映像作品を鑑賞しながら、かつての都電など、谷根千地域の交通と暮らし、また賑わいの移り変わりについてざっくばらんに語り合い、都電を知らない世代に当時の様子を伝える会合です。

開催場所と日時
場所:不忍通りふれあい館 4階会議室
日時:平成30年5月13日(日) 13:30〜16:30
定員:25名
会費:無料

参加申し込み
メール:todenmo@gmail.com
下記項目、お問い合わせ内容を5月11日までにお伝えください。
お芳名、ご連絡先
お住まい:谷根千地域/都内/他道府県
懇親会のご参加:参加する/参加しない
※会場の都合上、先着25名で募集を締め切らせていただきます。

タイムスケジュール・上映作品
13:20〜13:30 受付
13:30〜 映像作品上映
 台東区を走った都電
 都電20番
 クイックモーション荒川線
 根津・不忍通り〜上野広小路夜景
14:50〜15:00 休憩
15:00〜 写真スライドショー
 東京電車道 投稿写真のスライドショー
 都電網研究会 写真スライドショー
 時間が余れば 台東区発足70周年記念作品ダイジェスト版
16:30 終了 片付け

17時から有志で懇親会を実施します。
根津駅周辺の居酒屋 会費3,000〜4,000円程度

皆さんの参加をお待ちしております。

今回の会は、猫野さん、電気ブラブラさん、志田フォトさんのご協力でここまで準備を進めることができました。
本当にありがとうございました。

来週 21日の東京電車道のオフ会も合わせてよろしくお願いいたします。
来週の方は、さっしいさん、赤電・青電さん、6181さん、日本橋両国さん、電気ブラブラさんがフルで参加予定
坂下国郎さんが途中より参加予定です。

それでは明日のオフ会に参加される皆さん楽しんできてください。
失礼します。


[14911] 「佐倉咲く」…オフ会、行っちゃいましょう♪  さっしい :2018/04/13(金) 18:39  

明日の午後は千葉県も強風、夜は雨のようですが…
オフ会は予定通り、物井→佐倉コースにしようと思います。
詳しくは [14899] をご参照ください。

強風の際は各自ご注意ください。雨具のご用意もお忘れなく。
反省会は佐倉駅周辺です。17時前には始められるでしょう。
東京方面への帰路は、19:26発の逗子行きに乗れたら…と思います。
ご参加の皆さん、よろしくお願いいたします。


[14910] 二刀流なら…  坂下国郎 :2018/04/12(木) 22:42  

さっしいさん、皆さん、こんばんは。

>>さっしいさん

二刀流といえば、宮本武蔵か大谷翔平か、ですねぇ。
反省会、承りました。


[14909] さて困りました…  さっしい :2018/04/12(木) 22:08  

14日(土)の予報、雨は無いものの、降水確率は再び40%に上がりました。
しかも風が強そうなことを言ってますし、それは日曜かもしれないし…
土曜は何とかなってしまいそうな、そうでもないような…?
今日明日の天気なら実施、日曜の天気なら中止…と言えるんですが。
なんだかいつも、こういうことで必要以上に悩まされる気がします。

現在は一応、当初の予定通り、佐倉で実施ということにしておきます。
明日の予報の様子を見て、四谷に切り替えるか…判断に迷うところですが。
坂下さん、反省会は当面、二刀流にて、よろしくお願いいたします。
参加人数は7名ですね。


[14908] そこにはただ、風〜が♪  さっしい :2018/04/11(水) 12:20  

相変わらず、週末は「大荒れ」なんだそうです。
風が強いということは、先週の土曜みたいな感じでしょうか。
となると、吹きさらしの田園歩きはつらいかもしれませんが…
穏やかな「遠足オフ会」ができるよう、とりあえず祈ります。


[14907] あれ? 14日のオフ会に希望の光?  さっしい :2018/04/11(水) 11:40  

天気予報に一喜一憂するのもナンですが…
http://www.jma.go.jp/jp/week/318.html
14日(土)の予報から雨が消え、降水確率も20%に減少?
しかも信頼度はAだそうです。(昨日までの「一時雨」はC)

これなら遠足オフ会ができるんじゃありませんか?
どうやら希望の光が差してきたようです。
この先、実際はどうなるやら。もう少し様子を見ましょう。


[14906] 『消えた!東京の鉄道』を読んで  TKK :2018/04/08(日) 19:47  

一通り、読みました。都電部分についてはあまり知識も資料もないので皆様にお任せするとして主に大東急に属した私鉄について集中して考察を述べてみたいと思います。都電について疎いのは生まれ育ったのが「馬込人参明るい農村のさらに向こう側」なのであまり乗る機会が少なく玉電のほうが身近だったせいもあります。今東京の自宅を離れておりますので持っているのは明治44年大正14年昭和12年の内務省発行の地形図だけですのでおのずと話題が限られますが、徐々に始めて行きたいと思います。


[14905] はいはい  TKK :2018/04/07(土) 21:52  

>構いませんが、僕みたいな「嫌われもの」になっちゃいますよ。
私は「愛しています」からご心配なく。もちろん事実関係を述べることしかできません。あまりに手持ちの資料がないので。


[14904] はいはい  さっしい :2018/04/07(土) 21:48  

>>TKKさん
構いませんが、僕みたいな「嫌われもの」になっちゃいますよ。
事実の指摘程度に留めておかれるのが無難かと。
自分は、都電以外はまだ読み進む気になれません。


[14903] 『消えた!東京の鉄道』  TKK :2018/04/07(土) 21:39  

さっしいさん、表記の本の誤りというか錯誤というかでたらめというかホラのうち都電についてではなく京王その他の部分でもここに取り上げていいですすか?手持ちの資料がないのであまり細かくは取り上げることはできませんが。


[14902] 曙町行き18系統  さっしい :2018/04/07(土) 18:17  

>>Windy41さん

(831列車さん宛ですが)興味深いお話ありがとうございます。
「都営バス資料館」発行の『都電代替バス路線総覧』を見てみました。
昭和39年、18系統に曙町折返しが1本あったように読み取れます。
同年の35系統には、そういう設定は無かったようです。
18系統の廃止後に設定されたのでしょうか。

都バスの権威・PLせつなさんは、都電のデータも正確とお見受けします。
当掲示板に関わる、Windy41さん、上野神明町車庫さん、新橋銀座さん…
そして都電研究界の井口悦男さん同様、その記述は信頼できそうです。


[14901] ありゃりゃ〜来週も?  さっしい :2018/04/07(土) 13:08  

今日は雨は上がったものの、風は暴れ続けてますね。
歩くには危険もありそうですし、電車の遅れなども心配です。
オフ会は来週に延ばして良かったな…と思いきや。
がぁ〜ん、また来週の土曜日「だけ」雨という予報ですね。
http://www.jma.go.jp/jp/week/318.html

やっぱり佐倉は、安比奈に続いて「鬼門」になっちゃいましたか。
もう少し近付いても雨の予報なら、雨天コースを発表します。
その場合は、13時、四谷三丁目集合になると思います。


>>831列車さん
企画展の場所は、赤塚城址の所だったんですね。
そこなら行ったことがあります。
秋の都内遠足ということで、公園でお弁当も良いかもしれませんね。
周囲に見どころも少しはありますし。(でも鉄分は少ない?)


[14900] 巣鴨車庫発東洋大学前行き35系統  Windy41 :2018/04/07(土) 10:50  

831列車様

お知らせありがとうございました。
せっかくのご厚意にお気を悪くなされたら申し訳ありませんが、既に他のルートから「10月に、久しぶりに板橋区交通関連の企画展が計画されている」とは伺っておりました。

もちろん時間を取って見に行くつもりですが、展示概要紹介文を見る限りでは正直あまり期待していません。
特に都電は「四行」で片付けられそうな気配です。

1929年(昭和4年):旧下板橋停留場まで開通
1944年(昭和19年):志村(坂上)まで延伸
1955年(昭和30年):志村橋まで延伸
1966年(昭和41年):地下鉄工事のため廃止

の四行ですね。むしろその方がありがたいと思っています。なまじでたらめを堂々と解説されるよりは。従って写真展示も必要ありません。

ブログでも指摘しましたが、板橋区公文書館には都電写真について誤った記録が残されています。41系統のツボ型板を掲げた電車の写真に「昭和29年」と説明されています。こちらの皆さまには41系統設定日からも、ツボ型系統番号板採用時期からも“ありえない間違い”であることは説明するまでもありませんが、板橋区には東京都の資料できちんと確認を取るつもりはさらさらないようで、ご注進申し上げても無視されています。早くも「板橋区の昭和」などで間違えたままの引用が始まっていて、とんちんかんな解説が貴重な写真の脇に記されています。

想像ですが、写真を板橋区に提供した方、もしくはそのご家族の記憶違いを板橋区公文書館が鵜呑みにしている可能性が高いとみられます。ネガ袋やアルバムに間違えて「昭和29年」と記録していたのかもしれません。だから東京都の資料をもとに「昭和29年ということはありませんよ」と言っても取り合ってもらえないのでしょう。

前回の板橋区の交通歴史展示は1998年の「トラムとメトロ」ですが、これは新宿区、北区などとの合同企画のため、そのおこぼれに預かる形で「あの板橋区」にしてはまれに見る充実ぶりでした。もう20年も過ぎたことにはびっくりですが。荻原二郎さんもまだお元気で、おそらく板橋区で史上初めてカラーフィルムで撮影した鉄道写真とみられる、志村一里塚を走行する旧7000形の写真も紹介されています。この時に販売された図録は極めて資料性が高く大切に保管していて、今もこの投稿を書きながら手元で参照しています。しかし市販本ではないため今では入手が極めて困難で、本図録が出典の情報でもwikipediaなどでは出典不明扱いにされているケースがみられます。地下鉄6号線6000形初期車には、将来の東武乗り入れを見越して大和町(和光市)、志木、上福岡、川越市も記した幕が搭載されていたというお話など。この情報は文章記述だけで現物写真があいにく掲載されていないことも典拠としての弱点でしょう。20年前はwikipediaもまだなかったですものね。

さて「トラムとメトロ」図録を改めてよく見ると、高松吉太郎さんが1967年(昭和42年)に撮影した、地下鉄工事中の巣鴨車庫前停留場写真が掲載されています。地下鉄工事塔の横に35系統の8000形と4000形が写っています。拡大してみると8000形の幕は「東洋大学前」と表示されています。

この事実はびっくりしました。巣鴨車庫−東洋大学前という区間運転便が設定されていたこと(18系統では設置されていません)もさることながら、本来南側からの電車折り返しに使っていた東洋大学前停留場の渡り線を北側から来る電車の折り返しに転用したということになります。2系統の晩年は1日に3〜4回使う程度で、他の系統の中途折り返しも考えにくいです。当時の白山通りは狭く危険でしたから。三田営業所がなくなった後で、朝の通勤通学需要増加に対応するために設定された運用ではないかと考えています。おそらく、北側からの折り返しには使いづらいことを承知の上だったでしょう。志村線なき後35系統には乗客が集中し、1967年の乗客数調査では他を大きく引き離して1位、まさに「都電のエースは35番」だった時期があったのですが、今の都電本ではほとんどが「影の薄い系統」扱いにされています。

しかしこの写真説明も「方向幕が東洋大学前とあるのは、車庫までの回送車であるためか。」と記されていますが、車庫はまさに写真が撮影された場所にあって東洋大学前にはありませんから不正確ですね。想像ですが、東洋大学前で乗客を降ろしたら幕を「回送車」に変えた上で、かつて2系統が使っていた渡り線を通り巣鴨車庫に引き上げていたと考えています。次は「右には4058号田村町一丁目行が見える。」と記されていますが、この時代は既に「西新橋一丁目」のはずですね。



[14899] 改めまして 【 4月のオフ会 】  さっしい :2018/04/06(金) 23:05  

明日の午後には天気も回復するようですが…オフ会は延期です。
地面は濡れ、強風も残りそうなので、中止で正解ということで…
来週(14日)の天気に期待しましょう。(草は伸びちゃうかな?)


【 春の遠足・廃線歩き 総武本線 物井〜佐倉 】

  日時:平成30年4月14日(土) ※雨天の際は別案にて実施
  集合:12時「50分」 JR総武本線 物井駅 改札口
  行程:物井駅→総武本線旧線跡→亀崎橋台跡→鹿島川
     →(JA)→寺崎城跡・密蔵院(休憩)→寺崎集落
     →高崎川南公園(8620形保存車)→佐倉駅
  反省会:16時半頃〜19時過ぎ頃 JR佐倉駅周辺の居酒屋にて
  解散:19時半頃 JR佐倉駅   (歩行距離:約7km)
  費用:反省会 3000円程度

 ☆集合時刻が繰り下がりました。昼食には少し余裕ができたかな?
 ◎昼食は集合前に済ませて下さい。早めの車内食か千葉駅を推奨。
 ◎集合には、物井12:44着(千葉12:31発)の成田行き普通が最終。
 ◎コース中のトイレは、約4km地点のJAと、6km地点のファミマ程度。
 ◎途中休憩を取るので、シートがあると良いかも?…使わないかな?
 ◎道無き廃線跡も歩きたいので、汚れても良い服と歩きやすい靴で。

☆参加申込は締め切りました。
坂下国郎さん、6181さん、日本橋両国さん、赤電・青電さん、
831列車さん、寅さん、よろしくお願いします。合計7名ですね。


[14898] 『消えた!東京の鉄道』の誤りについて <その5>  さっしい :2018/04/06(金) 22:48  

都電に関するページは、一応最後まで記すことにします。
文章など変な箇所はもっとありますが、誤データだけで充分?
特に城東電軌については、誤りの多さは酷いものですね。


≪p.31「都電移行の私鉄線」の扉ページのキャプション≫

×城東電軌軌道
⇒城東電気軌道
 ※挙げるのも馬鹿らしいほどですが…校正をしないのか。


≪王子電気軌道線 p.32〜35≫

×王子電気軌道35年史
⇒そんな本はありませんね。引用した文が載っているのは25年史。

×あすかパークメール
⇒あすかパークレール


≪城東電気軌道線 p.36〜39≫

×区間:錦糸堀(江東)〜西荒川(同)
⇒区間:錦糸堀(江東)〜西荒川(江戸川)
 ※括弧内は区名。西荒川が江東区というのは著者の思い込みでしょう。
 (ここでは都電ということで「錦糸堀」で良さそうです。)

×トロリーバス移行:同)年5月21日(※原表記のまま)
⇒(昭和27年)5月20日
 ※都電廃止は5月20日と(正しく)書いているので、これだと5月20日は何も走らなかったことになってしまいますね。

×「小松川線」(錦糸堀〜小松川間)で開業…
⇒城東の始発電停は「錦糸町」。掲載された地図にはそう書かれているのに。

×27(昭和2)年3月に…(中略)…全通させた。
⇒城東電軌の全通(洲崎までの最後の開通)は昭和4年5月のはずです。

×「砂町洲崎線」(水神橋〜洲崎=廃止時「東陽公園前」間)
⇒もちろん「水神森」。そして洲崎は廃止時も「洲崎」でしょう?
 ※「砂町洲崎線」という路線名は知りませんでした。本当でしょうか?

×城東電軌時代(写真キャプション)
⇒誰が見ても、都電26系統時代の400形の写真なのに。

×13年後の68(昭和43)年9月には…
⇒トロバス開業からの話なので「16年後」ですね。単純な算数も無理?

×72(昭和47)年11月には錦糸堀〜西荒川間線(25系統の一部)…
⇒25系統・西荒川の廃止は昭和43年ですよね。データ出鱈目。
 ※「錦糸堀〜西荒川間線」って?…なぜ、ここだけそういう呼び方を?

×近くには旧都電車庫だったという現都営バス発着所もあり…
⇒今井の話。都電の車庫なんてありません。ニセ情報垂れ流し。

×復元ガーター橋
⇒ガーダーでしょう?(靴下留めは要りません。)

×堅川人道橋(写真キャプション)
⇒竪川。お決まりの誤字ですね。本文では正しく記されているのに。

×「南砂線路公園」を過ぎると、廃線跡の「大島遊歩道」に続く。
⇒そんな所に大島が? 「南砂遊歩道」ですよね。もう滅茶苦茶。


[14897] 半年も先ですか〜  さっしい :2018/04/06(金) 22:35  

>>831列車さん

ほんとだ…かなり先ですね。10月〜12月の「いたばし大交通展」。
その頃になったら行きましょう。
…とは言っても、天気が良ければ遠足したくなる季節ですね。
近付いてきたら、また仰って下さい。


[14896] 忘れてしまいそうな企画展  831列車 :2018/04/06(金) 22:22  

さっしいさん
明日は残念ですが来週に期待します。

さてこんな企画展情報(後の方に載ってます)
http://itabashi-kyoudo-museum.jp/special/

Windy41さんが喜びそうなものです。

http://c5793.ebo-shi.com/


[14895] 福島臨海鉄道の件  さっしい :2018/04/06(金) 13:49  

>>福臨鉄さん

ご投稿ありがとうございます。
たまたま週替わりの画像がお目に留まり、光栄です。
お父上の職場だったのですね。当日は機関区の方にお世話になりました。
キハ102の独特な表情が忘れられません。
今は小名浜駅も移転されたのですね。周囲も様変わりしたことでしょうね。


[14894] 品川馬車鉄道の件  さっしい :2018/04/06(金) 13:01  

>>新橋銀座さん

いつもながら正確な資料と緻密な考察によるご教示、ありがとうございます。
品川馬車鉄道については、東京都の都市紀要『東京馬車鉄道』でも簡単にしか触れられていませんが、そこでは合併の時期が明治32年7月となっていますね。
6月というのは…何の資料によるものだったか、今ちょっと確認できませんが。(土木局統計年報あたりだったかな?)

品川馬車の申請引込線は、以下の図のようなものだったのでしょうか。
(↓あくまでラフな推定による記入で、赤は品川馬車、青は東京馬車、緑が申請区間。)
http://tcf.la.coocan.jp/images_2018/2018-04-06_00.jpg


[14893] 福島臨海のDD551  福臨鉄 :2018/04/05(木) 17:49  

ノートパソコンの修理が終わり寄らせて頂いたところ懐かしい機関区の風景を拝見でき父と昔話に花を咲かせました。
父は昭和20年から60年まで小名浜臨港・福島臨海に勤めていて37年鉄道の社宅に引越した頃は風呂の石炭を機関区に
取りに行っていました。
DD551が導入されて古典的な蒸機は全て火を落としたと記憶しますが、既に動かなくなって年月が経っていた大震災の
日、路盤が緩んで傾いたものの津波に耐え横転は免れました。
その後解体、小名浜駅も西方に移転、今夏イオンモールに
駅跡地は生まれ変わります。



[14892] オフ会は延期しましょう  さっしい :2018/04/05(木) 13:22  

>>佐倉オフ会ご参加予定の皆さん
7日の千葉県の天気予報、降水確率が70%に上がりました。
その日のオフ会は、やはり中止ですね。とりあえず14日に延期します。
14日の天気が良くなるという保証はありませんが…
詳細は、また別にお知らせします。
マイクさんとdenchuさんはお気の毒ですが、またの機会に。
マイクさん、翌週(21日)はよろしくお願いします。

>>きつねさん
今月は残念ですが、またよろしくお願いします。
5月は未定ですが、3・4・5日と19・26日が候補日です。


[14891] 都電本の誤謬について  さっしい :2018/04/04(水) 17:08  

>>上野神明町車庫さん、Windy 41さん

杜撰というか、いい加減な記述の多い本が、後を絶ちませんね。
誤りの伝言ゲームは困ったもので、孫引き・ひ孫引き(?)がそれを助長するのでしょう。
また、歴史上の事実を「良く分かっていないのに」本を書いている人が増えたとも感じます。
時系列とか位置関係などは、年表や新旧の地図を駆使すれば、もう少し見えてきそうなのに。
もちろん、他山の石として、自戒の意味も込めて言っていますが。

上野神明町車庫さんが例に挙げられた荒川線の本については、以前から同じように思っていました。
(25年史にあった連絡線の推移が30年史で消えてしまったのは何故でしょう?)
ただ、たしか同書では、連絡線の誤解に加え、町屋と稲荷前の関係や滝野川と西ヶ原についてトンデモナイ事実誤認が記されていたので(現在すぐには確認できず違っていたらすみませんが)、著者さんはそういう方かと思い、王子の脱線入線(?)の件も同じレベルの発想だと諦めていました。

一般に、著者の思い込みによる変な断定…みたいなものも多いですね。
たとえば、栄光のシングルナンバーなどと言って一桁の系統番号を崇拝するのは、林順信さんあたりの影響でしょうか。
確かに「1」はそれに値する資格もあるでしょうが、基本的に一桁は単に南部方面の営業所担当の系統で、3・4・7・8などはむしろ乗客の少ないローカル系統でした。
そして2系統の凋落は、皆さんもご存じの通りですね。


[14890] オフ会の件  きつね :2018/04/03(火) 21:41  

さっしいさん

お世話になっております。
今月は出張と重なってしまいました。
残念ですが不参加とさせて頂きます。


[14889] 品川馬車鉄道譲渡日の件  新橋銀座 :2018/04/03(火) 21:11  


さっしいさん、皆さん 大変ご無沙汰しております。

さっしいさんの3月29日のご投稿の中で、下記の部分について
参考になりそうな情報を得ていますのでお知らせしたいと思います。
ご参考になればと思います。

>[14869] 『消えた!東京の鉄道』の誤りについて <その1>

×99(明治32)年8月には新橋〜品川間の「品川馬車鉄道」を買収して、
 品川〜日本橋〜上野〜浅草間で馬車鉄道を走らせた。

⇒同年6月または7月の両説ありますが、8月ではないと思います。
 また、これだと、いかにも直通しているように思われそうですね。
 品川〜新橋と新橋〜上野浅草循環は別路線で、軌間も異なります。


今のところ、馬車鉄道についてまで本格的に調べるつもりはないのですが、
東京電車鉄道の路線は、馬鉄時代を引きずっているので、
必要に応じてつつかざるを得ないです。

たまたまですが、東京府の資料の中に次の文書がありました。
出典は
625 B4.12 明治35年文書類纂・土木(第1種)・第4類・鉄道・第2巻

東京馬車鉄道株式会社(社長 牟田口元学)から 内務大臣(侯爵 西郷従道)へ
宛てた 明治32年7月10日付申請書です。


連絡軌道敷設願


1 連絡軌道敷設の件
  芝区柴井町1番地地先品川馬車鉄道線路より東へ芝区汐留町2丁目1番地
  東京馬車鉄道会社構内前通りを同裏門口迄単線軌道敷設の事
                        別紙図面朱線の通此延長70間

本月12日付を以て 予て 品川馬車鉄道株式会社へ特許相成居候
馬車鉄道敷設営業に関する一切の権利義務譲受の件 御聞届相成候に
就ては 今後着々改良を施し 交通機関たるの本分を尽さざる可からざる次第に有之
差向き最も必要を感じ候は 朝夕の車両運転一方に偏するの不便を改良すべき一事に御座候
従来 品川馬車鉄道会社の所在地は品川方面にして 車輌馬匹の設備此一ヶ所に限り
従て 此一方面より発車致居候事なれば 朝は品川方面より発車せるものが
新橋方面に達して 引返しを始むるにあらざれば 品川行の車なく
夜は 品川方面最終の発車が 新橋に到達して引返したる後は 新橋行の車なきに至り候
依ては 前記連絡軌道を敷設し 夜分品川線運転最終の節 其車輌の中10数輌だけは
本社構内に帰らしめ 翌朝之を発車するの順序となすときは...  (以下略)



本文中の「本月12日付を以て」というのは、
間違いなく「明治32年7月12日」を指すと思います。

この文書自体は7月10日付なのですが、
「聞届られて明後日に一切の権利義務を譲受認可の運びとなったので」という意味でしょう。

この日付をもって譲受日としていいのかは即断できないかもしれませんが、
否定する理由もなさそうです。

当時、東京馬車鉄道は官鉄汐留駅構内を間借りする形で本社と車輌馬匹の設備を設けていました。
新橋から品川方面の始発は、品川方面からの馬車が着くのを待たねばならないが、
新橋側に夜間、馬・車両を待機させることで始発を早くできサービスの向上になるの趣旨で、
本通り(現在の国道15号)から汐留駅構内までの引き込み線を設けたい、
というのが申請書の趣旨です。

でも、どうやらこの申請が認可された形跡はないようです。

なお、品川馬車鉄道の線路(狭軌)は、本通り上 
久保町通りとの交叉点である芝口一丁目の手前までで、
品川方面から複線できて(全線ではない)、図面資料によると
終端はY字型単線になっていたようです。

これに対して、東京馬車鉄道の線路は、銀座方から来て、新橋を渡ったところですぐに左折、
新橋(汐留)駅前広場に出たところでまた右折、そのまま本通りと並行する形で、
(申請書中では「東京馬車鉄道会社構内前通り」と呼んでいる)
汐留駅の南まで進み、左手車庫へ入る、という形です。
1900(明治33)年ごろの東京全図をみると、大凡のイメージがつかめます。
ただ引き込み線の感じは地図によって違いがあるようです。

以上ご参考まで。


[14888] 『消えた!東京の鉄道』  TKK :2018/04/03(火) 21:06  

すいません。題名をコピペしてしまいました。また誤変換がありました。状況を確かめました。が正解です。陳謝。


[14887] 『消えた!東京の鉄道』の誤りについて  TKK :2018/04/03(火) 21:03  

本日またまた書店に当該の本の催促というか状況を多zy寝ました。私、できるだけアマゾンを使わない主義なので古書以外は本屋さんにお願いするのですが今日の状況は「東京のことを扱っている本じゃけぇ広島では売れんのよ。」とのことでしばしお預けでございます。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

処理 記事No 削除キー
- LightBoard -