[掲示板に戻る]
過去ログ
キーワード 条件 表示

[15131] やはり、そういう現象が… 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/27(土) 22:07  

>>坂下国郎さん

ご報告ありがとうございます。参考になります。
坂下さんはエッチ…じゃなくてエッヂでしたか。

やはり、いざという時にキャッシュは物を言いますからねぇ。
自分などは普段、持ち歩いていませんが。

いずれにせよ、「常総線」という鬼門を載せてしまいました。
「あの10月」は、気持ちの良い秋晴れでしたね。


[15130] コメント表示 投稿者:坂下国郎 投稿日:2018/10/27(土) 21:41  

さっしいさん、皆さん、こんばんは。

>>さっしいさん
>トップ画像のコメントが表示されない場合があるようです。
先週のトップ画像はコメントが表示されましたが、今週は表示されませんでした。
ご指示のとおりキャッシュをクリアしたら、問題なく表示されるようになります。
因みに、私が使用しているブラウザはEdgeです。
取り急ぎお知らせまで。
(以前、大しくじりをして、私の「キャッシュ」が「削除」されたことがありましたが…)



[15129] トップページは表示されますか? 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/27(土) 20:13  

最近ちょっと心配なんですが、トップ画像のコメントが表示されない場合があるようです。
Google Chromeで起こるようで、その場合はブラウザのキャッシュを削除すれば正常に戻るはずです。
そのような症状が発生した場合は(参考のために)ご連絡ください。


[15128] いちごパン〇をもう一度? 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/27(土) 18:42  

>>831列車さん・坂下国郎さん
いいですねぇ〜、26番歩き。近いうちにやりたいですね。
一般的に、太陽光や地図の向きから言って、南から北へ歩く方が楽なのですが、前回は逆でしたね。
反省会は…前回の一之江だとちょっと半端で、ファミレスなら良いのですが、本格的に(?)居酒屋となると…どこでしょうかねぇ?
行きと帰りのバス利用も視野に入れ、やはり国鉄(JR)駅周辺が良いのでしょうか?
オフ会の時にでも、そんなこともまた話し合いましょう。

>>皆さん
そうそう、飛鳥山の企画展が始まりましたが、明日(28日)と11月11日に「フロアレクチャー」がありますよね。
明日は自分は無理なんですが、来月11日、どなたか行きませんか?
12月9日の映画会は…う〜ん、どうかな。


[15127] 現地レポート 投稿者:坂下国郎 投稿日:2018/10/26(金) 20:35  

さっしいさん、皆さん、こんばんは。

>>831列車さん

あの忌わし、いや、素晴らしい第一回オフで訪れた親水公園へ行って、
当時の記憶を蘇らせて参りました。
とはいっても、はっきりと覚えているほど優秀な脳ミソじゃないので、
標示塔や埋め込みタイルの褪色・摩耗ぐあいから、「あの頃にもあった筈だよな」としか
申し上げられないのが情けないです…。

今更ですが、トロリーバスの画が二種類あるのを発見しました。



[15126] 第一回オフ会をいつか 投稿者:831列車 投稿日:2018/10/26(金) 18:42   <URL>

さっしいさん 坂下さん
第一回オフ会の雰囲気が感じられたところで、またみなさんで訪れたいものですね。説明板がいくつか新しいものになっていたことも書き忘れていました。

明治も大正もまとめて「同じような古い時代」という括りで考えているのでしょうかね。時代考証はしっかりしてもらいたいものです。掲載の写真のアングルはよく見かけるものですが、東京都が今配布している「TOKYO 150」というパンフレットにも似たようなものがあります。よく見かけるものでこれも小川氏の作品でしょうか? 同じ日の撮影かもしれません。

明日から開催の飛鳥山博物館の都電写真展のパンフレット、なかなかいいですよ。飛鳥山の19と32系統の写真などがデザインです。今度のオフ会に掛け持ちでも、とも思いましたが少し距離が離れていますので無理ですね。12月9日までなのでまた機会もあることでしょう。12月9日の映像企画「都電の記憶」はフィルムライブラリーの紹介らしいです。80名無料、11月29日まで申し込み‥‥迷いますね。


[15125] 横浜市電写真展 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/25(木) 20:26  

神奈川図書館で開催中の、「しでんの学校」による横浜市電写真展。
「写真でみる 神奈川区の横浜市電 いま・むかし」今日行ってきました。
ロビーの一角に、ささやかながら16組32枚の新旧対比写真。
48年前に僕が撮ったトロリーバスの写真も展示されています。
http://tcf.la.coocan.jp/images_2018/2018-10-25_01.jpg
http://tcf.la.coocan.jp/images_2018/2018-10-25_02.jpg
http://tcf.la.coocan.jp/images_2018/2018-10-25_03.jpg
http://tcf.la.coocan.jp/images_2018/2018-10-25_04.jpg
http://tcf.la.coocan.jp/images_2018/2018-10-25_05.jpg

立ち止まってじっくり見て行く人も多く、なかなか良い企画だったようです。
京急本線 神奈川新町・仲木戸、東急東横線 東白楽下車、徒歩10分程度。
10月29日(月)まで開催。 ※27日(土)には講演会も。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/chiiki/kanagawa/#kikakujigyo


[15124] 再び、NHK使用の古写真について 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/25(木) 20:09  

[15115]への反応は特に無いようですが、一応フォローしておきます。
http://tcf.la.coocan.jp/images_2018/2018-10-18.jpg (←再掲)

「明治仕様」の路面電車が走る銀座尾張町(四丁目)交差点。
左手の服部時計店の時計台は明治27年竣工だそうです。
右上に少し見える(今の三越の場所の)山崎高等洋服店は明治38年開店。
服部の時計台は大正10年に取り壊し、山崎は大正12年の震災で崩壊。
中央の大きな建物は教文館で、明治39年ここに移転。震災で焼失。
以上の点から、明治39年以降・大正10年以前の写真だと言えそうですが…

電車に注目すると、銀座通りを走り始めたのは明治36年。
手前の2台は東京電車鉄道の1形で、140号と121号ですね。
その奥は東電の車輛ではなく、街鉄の1001形のように見えます。
つまり、東京鉄道以降(明治39年以降)の写真ということになります。
そして側面に車庫別の系統番号が無いので、大正3年より前でしょう。
電車の形態から見ても、大正初期よりは明治末に近い感じです。
都電史講座でも「明治末の銀座」として紹介した写真ですね。

実際、原版は小川一眞の写真のようで、『東京風景』という本に掲載。
出版は明治44年4月ですから、それ以前の撮影…というわけですね。
明治39年9月以降(44年以前)銀座尾張町を行く東京鉄道の電車でしょう。
NHKさん、なんでわざわざ、これを選んで「大正時代」として出すかなぁ…


[15123] オフ会、昨日・今日・明日(現在・過去・未来?) 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/24(水) 11:08  

>>831列車さん・坂下国郎さん
831列車さんの「オフ会愛」を、いつも嬉しく思っています。
「あの素晴らしいオフ会をもう一度」やりたいですね〜♪
26系統歩きは、天気さえ良ければ冬の寒い頃でも実施できそうです。
ただ、集合および反省会が設定し難くて…いろいろ考えてはいますが。
東荒川も今井橋も、いささか中途半端な場所なんですよね。
お尋ねのモニュメントも、本やネットなどでは良く目にしますが…
13年前のオフ会では碌に予習もせず、気付かなかったかな?

>>Windy 41さん
予知されましたか? 流石ですね。ご助言もありがとうございます。
なるほど、展示品のキャプションに誤りがありそうですね。
数年前に友人と歩いた場所なので、大体の様子は把握しています。
赤塚城跡も風情がありますが、資料館の前は赤塚溜池公園かな?
現地へのアプローチも、散策を兼ねて歩くコースを考えています。
ぽこぺんオフ会、最近は鉄分の少ない回も多いですね。
単なる街歩き・歴史散歩・ハイキング会になっているような…?
(それでも楽しいと思って頂ければ幸いですが。)


[15122] 資料館の前が公園です。 投稿者:Windy 41 投稿日:2018/10/21(日) 22:56  

>>さっしい様

「次のオフ会は板橋区にしましょう」と何となく言いそうと思いつつ見ていたらその通りになっていました。

いたばし大交通展においでならば日本鉄道旅行地図帳をお持ちになり、

「側面板の説明に昭和37年とありますが、文京区役所と書いてありますから、昭和40年ではありませんか。」

と、資料館の人に申し上げてはいかがでしょうか。
私も既に指摘しましたが、複数の人から証言があれば少しは考え直すかもしれません。

郷土資料館は入口の前が公園です。
お弁当にはちょうどよいかと存じます。
板橋区という土地柄、周辺の鉄分はあいにくございません。

お越しには高島平駅から国際興業バスが便利です。
増17系統成増駅行き 区立美術館前(高01は経由しません)
1時間に2本程度のため、あらかじめホームページでご確認をお勧めします。

>>上野神明町車庫様

詳しいデータをご紹介いただきありがとうございました。
掲示板ではフォーマットの性質上やや見づらいため、いずれ時間の取れる折にエクセルでまとめてみます。


[15121] 地元なので… 投稿者:坂下国郎 投稿日:2018/10/21(日) 22:46  

さっしいさん、皆さん、こんばんは。

>>831列車さん
拙宅の近所へお越しだったようで…。

>「一之江境川親水公園」の標示塔の下に小さく収められている電車とバスの像
>歩道上のトロバスの埋め込みタイルの他に「マッチ箱電車 大正14年〜昭和27年」と書かれたもの

あの周辺は、20年位前に整備されてから「増改築」がないので、
いずれもオフ会第一回当時と変わっていない筈です。
ただ、記憶を確かめるためにも、現物を確認してきます。



[15120] あの素晴らしいオフ会をこっそり 投稿者:831列車 投稿日:2018/10/21(日) 19:57   <URL>

さっしいさん
11月のオフ会情報確認しました。周辺の鉄分が何かあるといいですね。

先日、江戸川区の古民家「一之江名主屋敷」を再訪問したところ、そこにあった「江戸川百景」というパンフレットに「歴史探訪行徳道」というコラムがあり、城東電車とトロリーバスのことが書かれていました。その一文に「一之江親水公園と今井街道が交わるあたりでは、当時を思わせる軌道跡のモニュメントや城東電車・トロリーバスのブロンズ模型を見ることができます。」とありました。ここはあのさっしいオフ会伝説の初回のコースの一部ではないですか!そしてよく聞いてみるとこの屋敷からはほど近いとのこと、早速境川親水公園へと足を向けいってきました。あのモニュメントがオフ会レポートのままにあり、みなさんの休まれた四阿に腰をおろし、「あの素晴らしいオフ会第一回」の雰囲気を一人で味わいました。
ところで、第一回のレポートには書かれていないのですが、親水公園との交差部に立っている
「一之江境川親水公園」の標示塔の下に小さく収められている電車とバスの像は当時もあったのでしょうか?あと歩道上のトロバスの埋め込みタイルの他に「マッチ箱電車 大正14年〜昭和27年」と書かれたものもありましたがこちらはどうでしょう?



[15119] 11月のオフ会速報 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/21(日) 18:47  

今のところ、遠足を兼ねても遠出しなくて済む板橋区を考えています。
831列車さんご紹介の「いたばし大交通展」を見学する予定です。
既に訪れた方や、独自にご訪問予定のある方には申し訳ありませんが。

集合は、都営三田線の高島平方面か、東武東上線の成増・下赤塚あたり。
今回も午前11時頃集合にして、公園でお弁当と行きたいところです。
午後は資料館見学と軽いお散歩。反省会は池袋駅周辺でと考えています。

雨天の際は、午後集合して見学のみ…という形になると思います。
詳細は後日、改めて発表します。


[15118] 11月のオフ会は17日で 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/20(土) 18:27  

>>上野神明町車庫さん
貴重なデータをありがとうございます。
サボ1枚でも、奥が深いものですね。

>>皆さん
来月(11月)のオフ会は、17日(土)一本で行きます。
雨天の場合も、屋内見学のみにて実施する予定です。
内容も大体(本来の意味で)「煮詰まって」きましたが、もう少しお待ちください。


[15117] 確認済み側面板 投稿者:上野神明町車庫 投稿日:2018/10/20(土) 14:01  

>>Windy41さん
側面板に関するご高察恐れ入ります。
お尋ねの「神明町車庫←池袋駅/上野広小路←池袋駅」は
そのまま裏返しで使用できる組み合わせではありません。

一応手持ちのものとネット上で拾った裏表を確認できるもののみ
まとめて見ました。案に違わず廃止以降のものが大変多く、
西荒川や目黒などその出現を見ていないものや
サンプルの少ないものもあり全体像を論ずるにはまだ無理がある状態です。
昭和38年の赤坂陸橋建設に掛かる経路変更、都電廃止による新設、変更、
荒川線一本化による変更など時期が特定できるものはなるべく分けて
記しました。表記によっては錦糸町駅を錦糸堀、新宿駅を新宿、柳島とだけ表記、町屋など表記簡略のものが見られます。延長に係る表記以前のものとも思えますが確信はありません。また側面板は全て天地返しで左右返しの作りは
ありません。

三田
「万世橋←品川駅/上野駅←品川駅」「品川駅←上野駅/三田←上野駅」
「三田←白山曙町/三田←千駄木二」「白山曙町←三田/千駄木二←三田」
「虎ノ門←四谷見附/四谷見附←虎ノ門」「品川駅←飯田橋/札の辻←飯田橋」
目黒
「永代橋←目黒駅/銀座←五反田駅」
青山
「渋谷駅←新橋/新橋←渋谷駅」
「月島←渋谷駅/築地←渋谷駅」(三宅坂廻り)
「須田町←渋谷駅/渋谷駅←須田町」
 38年10月以降
「四谷見附←渋谷駅/神保町←渋谷駅」
 42年12月以降
「渋谷駅←新佃島/新佃島←渋谷駅」(飯倉廻り)「青山車庫←須田町/青山車庫←新佃島」(飯倉廻り)「築地←渋谷駅/飯倉一←渋谷駅」「北青山一←渋谷駅/数寄屋橋←新佃島」
広尾
「中目黒←築地/泉岳寺前←四谷三」
「浜松町一←四谷三/四谷三←浜松町一」
「四谷三←飯倉一/飯倉一←四谷三」
「一ノ橋←渋谷駅/渋谷駅←一ノ橋」「金杉橋←渋谷駅/渋谷駅←金杉橋」
「渋谷駅←金杉橋/中目黒←築地」
「四谷三←浜松町/四谷三←(品川駅削り・手書きで泉岳寺)」「浜松町←四谷三/泉岳寺←四谷三(品川駅削り)」※42年12月以降も旧板流用
 42年12月以降
「渋谷駅←麻布十番/四谷三←飯倉一」
大久保
「新宿駅←月島新佃島/月島新佃島←新宿駅」「月島←新宿駅/両国駅←新宿駅」「神保町←新宿駅/四谷見附←新宿駅」「新宿駅←岩本町/岩本町←新宿駅」(九段廻り)「浅草←新宿駅/新宿駅←浅草」(臨時用上野広小路を浅草橋に紙貼り)
「大久保車庫←水天宮/大久保車庫←飯田橋」「御茶ノ水←新宿駅/飯田橋←新宿駅」「牛込北町←新宿駅/新宿駅←牛込北町」「秋葉原駅西口←新宿駅/水天宮←新宿駅」「若松町←新宿駅/大久保車庫←水天宮」「飯田橋←新宿駅/牛込北町←新宿駅」
「秋葉原駅西口←新宿駅/岩本町―新宿駅(水天宮塗りつぶし・削除)」※42年12月以降も旧板流用
 43年3月短縮以降
「新宿駅←岩本町/岩本町←新宿駅」(飯田橋廻り)「若松町←新宿駅/大久保車庫←岩本町」「岩本町←大久保車庫/大久保車庫←岩本町」
杉並
「荻窪駅←新宿駅/鍋屋横丁←新宿駅」「杉並区役所←新宿駅/杉並車庫←新宿駅」「新宿駅←荻窪駅/杉並車庫←荻窪駅」
早稲田
「洲崎←早稲田/茅場町←高田馬場駅」「神保町←高田馬場駅/飯田橋←高田馬場駅」「厩橋←早稲田/御徒町駅←早稲田」「早稲田←厩橋/白」
大塚
「大塚駅←錦糸町駅/池袋駅←数寄屋橋」「錦糸町駅←大塚駅/数寄屋橋←池袋駅」「御徒町駅←大塚駅/厩橋←大塚駅」「池袋駅←御徒町駅/御徒町駅←池袋駅」「東京駅八重洲口←池袋駅/神保町←池袋駅」「池袋駅←数寄屋橋/御徒町駅←池袋駅」
 43年3月短縮以降
「大塚駅←錦糸町駅/池袋駅←文京区役所」
巣鴨
「板橋本町←神田橋/志村橋←巣鴨」「西新橋一←巣鴨/神保町←巣鴨」「巣鴨←西新橋一/巣鴨←神保町」
駒込
「通り三←王子駅/日本橋←飛鳥山」「須田町←飛鳥山/本郷三←飛鳥山」「王子駅←通り三/駒込駅←通り三」「飛鳥山←通り三/王子駅←通り三」
神明町
「須田町←江戸川橋/銀座←神明町車庫」
「池袋駅←上野広小路/神明町車庫←銀座」
「大塚三←上野広小路/日本橋←神明町車庫」
「神明町車庫←池袋駅/上野広小路←池袋駅」
「千駄木二←上野広小路/神明町車庫←須田町」
「上野広小路←江戸川橋/大塚三←須田町」
「上野広小路←江戸川橋/上野広小路←池袋駅」
 42年12月以降
「須田町←江戸川橋/通三←神明町車庫」
三ノ輪
「三輪橋←水天宮/小伝馬町←北千住」「水天宮←北千住/御徒町駅←北千住」「千住仲組←水天宮/北千住←水天宮」「小伝馬町←三ノ輪橋/蔵前一←三ノ輪橋」「三ノ輪車庫←水天宮/三ノ輪橋←水天宮」「水天宮←三ノ輪橋/御徒町駅←三ノ輪橋」「東京駅←三ノ輪橋/浅草橋←三ノ輪橋」「三ノ輪車庫←東京駅/三ノ輪橋←東京駅」
南千住
「南千住←新橋/浅草←新橋」「浅草橋←南千住/銀座←南千住」「南千住←浅草橋/南千住←日本橋」「浅草橋←南千住/日本橋←南千住」「南千住←浅草/浅草←南千住」
柳島
「月島←柳島福神橋/須田町←柳島福神橋」「上野広小路←柳島車庫/上野駅←柳島車庫」「柳島車庫←月島/柳島車庫←須田町」
「須田町←東向島三/東向島三←須田町」「上野駅←東向島三/上野広小路←東向島三」
錦糸堀
「錦糸町駅←東京駅/錦糸町駅←築地」「東京駅←錦糸町駅/築地←錦糸町駅」
「錦糸堀車庫←葛西橋/須田町←葛西橋」「錦糸堀車庫←日本橋/日本橋←錦糸堀車庫」「門前仲町←錦糸堀車庫/洲崎←錦糸堀車庫」
荒川
「赤羽←三ノ輪橋/早稲田←荒川車庫」「三輪橋←赤羽/荒川車庫←早稻田」「荒川車庫←三ノ輪橋/荒川車庫←赤羽」「王子駅←三ノ輪橋/早稲田←荒川車庫」「三ノ輪橋←王子駅/荒川車庫←早稲田」「大塚駅←荒川車庫/荒川車庫←大塚駅」「神谷三←町屋一/町屋←神谷三」「神谷三←町屋一/町屋一←神谷三」「荒川車庫←王子駅/王子駅←三輪橋」
 48年一本化以降
「三輪橋←早稲田/早稻田←三輪橋」

「三ノ輪車庫←水天宮/三ノ輪橋←水天宮」や「浅草橋←南千住/日本橋←南千住」、「門前仲町←錦糸堀車庫/洲崎←錦糸堀車庫」など短縮後と
疑われるものもありますが、短縮前も同区間の折り返しが
ありましたので時期特定からは除外しました。

長くなりそうなので今回は列記だけに留めました。



[15116] 横浜市電のミニ写真展 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/20(土) 13:08  

現在、横浜市の神奈川図書館のロビーに、横浜市電と街の新旧対比写真が展示されています。
写真は16組(32枚)ですが、僕の撮ったトロリーバスも1枚入っています。
期間は10月29日(月)まで。最寄駅は東横線の東白楽と京急の仲木戸です。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/chiiki/kanagawa/#kikakujigyo

また、27日(土)には横浜の交通史についての講演会もあります。
午前・午後1回ずつ。まだ空きがあるようなので、皆さん如何ですか?
ちょうどその日は隣町のお祭で、少女フレンズからのお誘いもあり、残念ながら自分は参加できませんが。


[15115] 大正時代の東京市電? 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/20(土) 12:40  

またまた、やってくれちゃいました。NHKのTV番組ネタ。
先週木曜の「日本人のおなまえっ!」に、こんな場面がありました。
http://tcf.la.coocan.jp/images_2018/2018-10-18.jpg

最近は人名以外にも物の名などが取り上げられ、今回は料理名。
「竜田揚げ」の語源を探るVTRが、「時は大正時代…」と始まりましたが…
皆さん、何か言いたいことはありませんか?
特に「さっしいの都電史講座」を受講された方々なら、ピンと来るかも?


[15114] 先日来のご投稿へのレスなど 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/20(土) 12:39  

>>横浜水道オフ会に参加された皆さん
様々な視点からのご感想ありがとうございます。
鉄道ではなく水道でしたが、皆さんお気に召したようで嬉しいです。
赤電・青電さんや831列車さんのお話を伺うと、
市内なのに自分の帰宅は意外と遅かったんだなと気付きました。
京急で反対の仲木戸へ行き、エア急を待ったりしたからですね。

>>上野神明町車庫さん、Windy 41さん
濃い内容のご投稿ありがとうございます。
当掲示板らしく、細かい視点が楽しいですね。
都電については、路線や車輛以外にも、見どころ・調べどころがたくさんあります。
いつまでも、こういう細かい点を気にして、こだわって行きたいものです。
内容について論ずる知識などは持ち合わせていませんが、感心しながら拝読しています。

>>Denchuさん
奥羽本線の駅についてのご検証ありがとうございました。
1年2か月後の時刻との差は不明ですが、現地の様子は釜淵に似ている気がします。
今年は断捨離で昔の本もたくさん捨てましたが、旅行した時の時刻表くらいは残しておいても良かったかな。


[15113] 側面板について〜ひとつの仮説 投稿者:Windy 41 投稿日:2018/10/17(水) 13:20  

>>上野神明町車庫さん

たいへん貴重なご考察、興味深く拝見いたしました。
私は、都電といえば車両そのものよりもこのお話で取り上げられている“備品”の印象が強いです。
幼いころから文字や数字に強く、2歳末くらい(昭和40年春)で数字にいろいろな形があることは理解していましたし、お気に入りの字体とそうでないものの区別もできていました。
3歳でひらがなのみならず簡単な漢字も読みを覚えていたと、今は亡き母親が記録しています。
そのあたり、都電といえば車両そのものという皆さまとは感覚がずれているのかもしれません。

いろいろコメント差し上げたいところではありますが、最も解釈が難しそうな側面板のお話から参りましょう。

現在、板橋区郷土資料館で開催されている「いたばし大交通展」では

「志村橋←巣鴨/板橋本町←神田橋」

が表裏に印刷されている側面板が展示されています。
「昭和37年頃」と説明されていますが、経由停留場に「文京区役所」と記されていますから昭和40年の製造と見抜けますね。
「日本鉄道旅行地図帳」は優れた本です。
この板もまた、そのまま裏返しでは使えません。


上野神明町車庫様のお話を拝読して、ひとつの仮説を立てました。

・営業所ごとに、担当する系統の全区間を表示する板を作り、それを表面とする。

・裏面には、区間折り返し例外運用や入庫運用を適宜印刷する。

・実際の乗務時には基本的に裏返しを行わず、車掌が復路分をあらかじめ携行する。

国鉄列車の側面板サボは裏返し利用を前提とした作りでした。
ひとつの編成にたくさんの数が必要とされていたからでしょう。
たとえば、東海道線の国府津電車区113系は15両編成で、側面板は1両あたり2枚で30枚取り付けます。
長距離運用は途中平塚で4両切り離しなどありますから、東京―静岡22枚、東京―平塚8枚を用意します。
それだけでも結構な手間ですね。
作業員の手間を簡素化するためにも裏返し利用は必須でした。
編成が短い地方路線でも同じようにしていたとみられます。

一方都電は1両しかありませんから、側面板は2枚あれば十分です。
車掌の手元で管理できる量で、裏返す必要を感じていなかったのでしょう。
巣鴨営業所の例で推定すると、

<本系統>
41:志村橋―巣鴨
35:田村町一丁目―巣鴨
18:神田橋―志村坂上

41に例外は設定されず、入庫はそのまま巣鴨行きとするか、志村橋から回送していました。
35も志村線営業時代は例外なしとみられます。
(志村線廃止後は35の区間運転便がたくさんできました。)

<例外系統:すべて18>
板橋本町←神田橋
西巣鴨←神田橋 ※昭和39年に1日2本運転と記録されています。
おそらく朝の通勤応需のため、本来の巣鴨入庫便を西巣鴨まで延長運転していたとみられます。
その帰りは多分回送でしょう。

志村坂上←神保町
板橋本町←神保町 ※これは存在したかどうか証拠がありませんが、可能性としてはありえます。

<入庫便:18のみ>

巣鴨←志村坂上
巣鴨←板橋本町
巣鴨←神田橋
巣鴨←神保町

全部で11種類ですが、本系統用の3種類の裏にランダムで18の例外・入庫運用を記していたと考えられます。
一番多かった運用は神田橋→志村坂上→巣鴨(入庫)で、「巣鴨」の幕を掲げた18系統電車の写真はたくさん見かけます。従って

「志村坂上←神田橋/巣鴨←志村坂上」

のペア側面板は優先的に作られていたとも推定されます。


ここまで考えて、ひとつの事実に気がつきました。
都電の側面板は、すべて左方向の矢印(←)です。
右向きはありません。
進行左側の側面扉脇に掲示することを前提としています。

現代の路線バスでも同じですが、バスは乗降口が左側のみで、右側に掲示する必要はありません。
しかし都電は折り返すと、左右を逆にして走ります。

その点に留意してざっと写真を見直してみたところ、撮影者を問わず進行方向の左斜め前からカメラを向けた構図が圧倒的多数です。
進行右側の側面がきれいに記録されているアングルは意外なほどわずかです。

確認できた限り、進行方向右側では

・交通標語のサボを取り付ける

・何も掲示しない

・矢印と逆方向に走ることを承知の上でそのまま掲示する

の扱いに大別されます。

全て左向きならば、同一運転区間で2種類の側面板が必要とされるはずです。

「志村橋←巣鴨」

「巣鴨←志村橋」

のように。
しかし、同一区間の2種類を表裏に印刷した側面板もあまり見かけないです。
同一区間の往復運転は最も多かったはずですね。
実際には多く作られていたものの、現存数は少ないとも考えられます。

ということは、終点で車掌が側面板を抜いて裏返して、逆方向の乗車扉脇に取り付けるという習慣は持ち合わせていなかったと考えられます。
車庫を出る際に車掌があらかじめ運用表に記された内容の側面板を用意して往路分を取り付け、乗務中は復路用を運転台の下に置いて運び、折り返し時にはそれを掲示して往路用の板を車内にしまう取扱いをしていたと考えることが最も理にかなっているでしょう。

少し後の時代ならば「そういうところから経費削減すべし」と指摘されたのかもしれません。
1960年代はまだ大らかだったとも思えます。


上野神明町車庫様があげられた例では、渋谷―四谷見附は謎ですが、

「池袋→上野広小路/池袋→神明町」

は、臨時20の入庫運用と考えられます。
画像がお手元にあれば、矢印の向きをご確認いただけますか。
上野広小路→池袋駅→神明町車庫(入庫)で、この板については裏返し利用の可能性もありえます。

「厩橋→早稲田/空白」

は厩橋からの入庫便で、折り返し前は「早稲田→厩橋」の板を別に用意していたと考えられます。
39は早稲田の担当ですから、早稲田行き入庫便の裏が空白は十分ありえます。

ダイヤはたびたび変わっていますが、折り返しのできる停留場は決まっているため、新たな運転区間が発生することはほとんどなかったでしょう。
運用パターンは終戦後の系統再編から廃止まで変化が少なかったとみられます。
むしろ、ダイヤが代わったり、交通渋滞や事故などで運転できなくなったりが頻繁に起きるため、裏返し利用よりも「表面基本運転区間/裏面ランダムで例外・入庫運用」のほうが対応しやすいと考えていたかもしれません。


以上投稿内容を用意してから念のためオークションサイトで確認したところ、大久保営業所では2種類の基本系統運転区間を表裏に印刷した

「新宿駅→両国駅/新宿駅→月島」

や、同一区間往復

「新宿駅→月島新佃島/月島新佃島→新宿駅」

の側面板を用意していた模様です。
営業所ごとに方針が異なっていたとも考えられます。

長くなりました。
停留場標や系統板については、また改めてコメントさしあげます。



[15112] 続、駅は何処 投稿者:Denchu 投稿日:2018/10/16(火) 14:28  

写真をよく見ると普通列車の旧型客車ではない。
とすると、402Dおが1号に乗れる。
奥羽本線1973.10
       新庄  湯沢 1968.10
つばさ1号 1341 1438  1334 1430
つばさ2号 1735 1830 1812 1910
402D おが1 1406 1255
 同様に計算すると、青森起点301.5Kmですれ違い
付近の駅を調べると 及位 298.7 大滝 304.2 釜淵 311.3
 及位、釜淵は貨物取扱駅。
地図で調べるなら1974頃の航空写真が地理院でみられるかも。



[15111] 駅は何処 投稿者:Denchu 投稿日:2018/10/16(火) 11:46  

1973年10月の時刻表を調べると
       新庄  湯沢
つばさ1号 1341 1438
つばさ2号 1735 1830
1430 1305 1136
1432 1501 1309 14:18 大滝
1434 1710 1532
すれ違ったのはつばさ1号で、すれ違う列車は1432列車のみ。それぞれの列車の時速を計算して何分後かを計算すると38分後。大滝駅がぴったりでした。
1432列車には、1973.8.11に新庄から糠ノ目駅まで乗車しています。
途中、大石田駅で 8101列車 出羽51号、4D つばさ2号、1113D月山号
の通過待ち。
糠ノ目駅で59634を撮影 昭和47年9月(1972年)
http://tnk-ko.a.la9.jp/r_pic/Nukanome59634.html
山形交通高畠線 昭和48年8月(1973年)
http://tnk-ko.a.la9.jp/r_pic/YamagataKotu.html




[15110] 雪融けのような…? 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/15(月) 22:30  

>>赤電・青電さん

別の視点から…Googleの空撮で一駅ずつ辿ってみると、「釜淵」駅を北から南へ眺めた時、かなり写真の雰囲気に近そうに見えます。
右の島式ホームには待合所があり、たぶん駅本屋は乗車列車の左(東)側なのでしょう。
背景(南西側)には民家の向こうに小高い丘のような森が広がり、そのあたりも一致しそうです。
ダイヤは9月や10月に改正されることも多いですが、もしかしたら奮発して急行に乗ったのかも?


[15109] 奥羽本線第2弾 投稿者:赤電・青電 投稿日:2018/10/15(月) 22:09  

>>さっしいさん

だんだん足取りがわかってきましたね。
夕方限定で考えると、特急はつばさ2号で、乗車中の列車が
客車ではなくディーゼルとすると普通列車の横手ー新庄
のディーゼル列車はありません。つばさ2号とすれちがう
ディーゼルは、急行こまくさのみとなります。手製ダイヤ
によるとすれ違う駅は「かまぶち」駅で、時刻は17:56ごろ
となります。
 出羽は新庄20:54発 山形22:37着10分停車
津軽1号は新庄22:18発山形23:26着14分停車
いずれの時刻も10月2日改正後ですから、8月とは
少し違うかもしれません。
さて真相はいかに


[15108] 奥羽本線ミステリー(西村京太郎?) 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/15(月) 21:25  

皆さんの投稿へのレスが順不同になりますが、ご容赦ください。
まずは期間限定の、今週のトップ画像について。


>>赤電・青電さん

ご検証ありがとうございます。
そうでしたね。「つばさ」は1本ではありませんでした。
さて、その運転時刻を拝見すると…1号では早過ぎ、2号では遅過ぎるようにも思えてしまいます。

自分が乗っている列車は何でしょう?(客車列車とは限りません。)
車体の塗装にかなり光沢があるようで、キハ58あたりの気動車かもしれません。
ただ、この時は一筆書き片道切符(東京→新津→余目→新庄→大宮)と区間外乗車を組み合わせ、ワイド周遊券などは利用していません。
貧乏学生の身で、短区間をわざわざ急行には乗らないと思います。
ですから、各駅停車かと思いますが、それも定かではありません。

窓から身を乗り出しているのでしょうが、隣の窓との間がかなり広いようにも見えます。
クロスシート車なら、こんなものかな?
車側灯とでもいうのでしょうか、上方に電球カバーのようなものも見えますね。

話の順序が逆になりますが、この日は朝、一人で余目を出て陸羽西線。
新庄で奥羽本線に乗り換え、湯沢で降りて羽後交通雄勝線を西馬音内まで往復しています。
湯沢駅近くの雄物川の河原でも、のんびりと1本列車を待ったりして。

その後、横手まで足を延ばし、駅から少しだけ横荘線の廃線跡を辿ってみて引返し、集合場所の新庄へ戻りました。
…となると、やはり夕方に近い時刻でしょうか。
高緯度で昼の長い真夏の夕暮れが漸く迫る頃のようにも見える写真です。
横手で既に夏の午後の西日を浴びていたように思うので、横堀13:43では早過ぎるように思います。

もう一つ、新庄からは上野行きの夜光急行で帰ったのですが、「出羽」でしょうか?
たしか真夜中の山形駅停車中に一旦起きて、眠い目をこすりながらホームを歩き、ディスカバー・ジャパンのスタンプを押しに改札口まで行って、また車内へ戻った記憶があります。
その列車、新庄は何時に出たのでしょう?
新庄に戻ってから集合まで30分程あって、駅前通りで何か食べたような気もします。


[15107] つばさは1号?2号? 投稿者:赤電・青電 投稿日:2018/10/15(月) 14:26  

ぽこぺんトップ画像の奥羽本線の駅ですが、昭和47年8月の時刻表はありませんが、47年の10月の時刻表がありましたので、それをもとに推測してみました。
条件は、新庄ー横手間の駅でひらがなにすると4文字の駅ということにしました。定期のつばさは、1号と2号がありましたので、1号とすると、新庄駅発12:59 湯沢駅発13:52 横手駅発14:09 これとすれ違う上り客車列車は、1432列車福島行 湯沢発13:20 横堀発13:43 院内発13:49 新庄着15:00 ダイヤにしてみると横堀駅でつばさ1号とすれちがうことになっています。


つばさ2号とすると、新庄駅発17:32 湯沢駅発18:25 横手駅発18:42 これとすれちがう上り客車列車
は、442列車で、三関駅でつばさ2号と18:21ごろに交換します。

よこぼり駅かみつせき駅かと迷うところですが、時間の余裕のある横堀駅13:43とみましたが、どうでしょうか。


[15106] 東京都電看板考 投稿者:上野神明町車庫 投稿日:2018/10/14(日) 14:27  

ご無沙汰しております。
都電の考察です。都電末期及び荒川線初期のことを
ご存知であれば思い浮かぶ内容です。

よくオークションなどでも出品されているのが都電「部品」として
系統板、側面板、停留場板などです。しかしこれらを「部品」
と称するのはいささか抵抗があります。
と言うのも、これらは乗客向けのためのもので、それらが無くても
電車を動かすことはできるわけで、回送入庫や工場入りなど非営業でも
電車は動かせます。
かつての荒川線ではクーラーを取り外して営業運転していた車両も見てますし。

さてその乗客向けの「部品」について拙い考察を。
◆停留場板
戦前までは停留場の架線柱に停留場名と隣接停留場を矢印表示していました。
架線柱に停留場名を書くのは明治時代に電車化されてからの伝統のようで、
上部の行灯式の表示とどちらが早いのかはまだ詰められていません。
戦後の見慣れた停留場表示は毎日新聞昭和26年5月12日号に「都電停留所に新標識板、ホーロー製で車内から一目でわかると共に始発終発の時刻が記載されている」とありますからこの前後であったろうと思われます。
この当時の銀座四丁目の停留場板は架線柱に対して一面だけですから、
架線柱を囲む四面になるのは後の増加であろうかと思われます。
系統板、側面板を含むこの仕掛は、多分交通局自身のアイディアでは無く、
興亜社が主導的に動いたものと考えています。
と言うのもこの後同形態の停留場板が各地に現れることで路面電車の
基準的表示にまで成長するからです。
但し、よく見ると大阪市電や神戸市電が採用していながら阪神、南海大阪は
採用していません。同一エリア内に路線を持つものは混乱を避けるためか、
意図的に採用を控えたのかも知れません。都電エリアと競合する玉電や
京都の京福や京阪も同様に採用していません。
また南海の和歌山は採用しながら大阪は不採用、西鉄も福岡は採用、
北九州は不採用としています。事業体としての独立路線の混同を
避けたかったのかも知れません。
富山、函館は似ていながら異なる表示をしていました。
トロリーバスの中央に黄帯を入れたものや横浜のローマ字入りなどは
オプションと考えるべきでしょう。
製作は業者に任せたという感じで、「御茶の水」などは後天的に
増備された分は「御茶ノ水」など不統一なものがあり正確な
停留場名調査には少々支障を来たしそうです。
昭和36年4月29日の読者投稿では鍛冶橋停留所の「鍛」が、有楽橋停留場の矢印下では「鍜」が用いられているとの指摘を受けています。
近年地下鉄の「北千住」を「北干住」とやってしまった類でしょうか。
停留所板のオリジナルは文字部分が少し窪んでいましたが
晩年には町名変更で作り直されることなく、ペンキ書きで修正されたものが
随所で見られました。東陽公園停留場の錦糸堀方面停留場は
王子五丁目を書き換えたものであったことは今でも印象に残っています。
(字の窪みがそのまま王子五丁目だったので)
都電ではワンマン化以降も早稲田方向新庚申塚にに残されていたものが
最後かと思われます。
◆系統板
系統板の正面掲示は昭和2年1月10日の改正が嚆矢かと思います。
ひし形のほか丸や長方形など複数の形を計画していたようですが、
受けの問題もあったのでしょう、ひし形のみを進行方向面だけに
掲示となりました。戦時中昭和20年4月に系統番号の表示のない
系統が新聞発表となりましたが、空襲の頻繁な時期にも系統板を
表示した電車も見られ、絶対条件の基準が時勢に合わせたものに
変わった程度とも受け取れます。
戦後になり昭和24年頃色盲検査と揶揄された系統板が登場しますが、
間も無く表裏黄色地に黒文字と赤文字のものに変わります。
これは物資の不足していた時代でもあり戦前からの使い回し
とも思われます。材質は鉄ではなく(鉄は優先的に軍需に回されて
いましたから)アルミ合金(アルマイトのような)で当然磁石には
付きません。
元は番号などをレリーフしていたのですが、一斉に寄せ集められ、
黄色に塗られたものらしく、元の番号が天地逆でもお構いなしと
いった具合です。
最終形となった「耳付き壺形」は昭和30年4月15日からの使用で、
広告収入を得るのが目的でしたから、ひし形より下部が広がっています。
受けの方も改造しなければいけない筈ですが、その経過を示す写真は
見たことがありません。
この「耳付き壺形」の製作を考察して見ると、
1. 鉄板型抜き
2. 白ペンキに漬ける(停留場板と同色)
3. 広告部分を印刷
4. 系統番号部分のグレーの枠を印刷(停留場板フチと同色)
5. 系統番号を印刷
と手順が読めます。
先に1.鉄板型抜きをするのは輪郭のバリをとる必要がありましょうし
受け部分に隠れる両脇の小さな穴も開けます。この穴は都電には
何の関係もないピン穴で、印刷時の鉄板を固定するためのものです。
2.白ペンキに漬けるはベースの白塗りです。停留場板の裏が
素材剥き出しであるのに対し、両面刷りになる系統板は両面白塗り
しておく必要があります。
3.広告部分を印刷では系統表示部分を示すグレーの枠外は広告スペース
ですからどのように使うかはスポンサーの自由。
4.グレーの枠を印刷で広告と番号表示部分を区切ります。
印刷には区切り部分をピッタリ合わせるケヌキ合わせと
区切り部分に少しかぶせるノセがありますが、遠くから見る目的では
ケヌキは必要ないのでノセで行きます。
最後に系統番号を印刷します。
実際に10番のものには系統番号だけが印刷されていないものが
あります。また系統番号の色に合わせて反対色の広告を用いるものも
ありますが、このプロセスの中で員数調整を行うものと思います。
番号書体の問題
30年4月15日から使用の系統板は4ヶ月毎の契約で、当初の書体は
巨人の背番号のように角張ったものでしたが、6と8のような誤認の元と
なったらしく、次の契約からは廃止時まで続く丸い書体となりました。
国鉄なら書体の図面まであるところですが、その辺りはアバウトで、
系統板作り替え毎に忠実に書体がリピートされたわけではありません。
顕著なのは「7」で、頭にツメがあるものと無いものがあります。
また「0」はやや角張ったものと丸いもの、「9」は最後の頃の「29」に
使われていた頭の丸部分が小さいもの、「11」のように数字の左右が
離れすぎているものなど仔細に見れば異端のものが見受けられます。
7000形のアンドン式では当初広告部分がありませんので
系統板が横差し式でした。書体も耳付き壺形との共通性は無く、
広告部分が追加されてから系統板は上から差し、広告部分が横差し式と
なりました。書体も耳付き壺形と共通になりましたが、初期のものは
番号部分が彫り込まれていました。後のものはシール張りと簡易な作りと
なりました。
アンドン式のみのスポンサーに「大町ソース」がありましたが
番号と一体で作り替える必要がなく料金的に差を設けていたのかも知れません。
荒川線でもツーマン時代まで「週刊文春」の広告が見られましたが、
ワンマン化とともに系統表示共々廃止され、停留場に新調された駅名標下部に
引っ越しました。
◆側面板
昭和30年代末くらいまでホーロー引きのような作りでしたが、
後年のものは安手なペンキ風になりました。
起終点がやや大きな字でツラが同一のものと起終点以外がやや下がった
ツラの合わないものとがあります。
仕様のことは置いておいて、中身がなかなかの難物です。
起終点往復の運行が最も多いと思われますので、表記もそのパターンが
多い筈ですが、店頭などで売られているものはマニアのレア好みを
反映してか起終点往復のものは多くありません。
それはそれで構わないのですが、その表裏の関係には
関心を惹かれます。
大塚駅→錦糸町駅が表なら裏は池袋駅→数寄屋橋と
いったように行き帰りをサボをひっくり返して
使えないというパターンが意外なほど多いのです。
一部を抜き出せば、渋谷→四谷見附の裏が渋谷→神保町、
池袋→上野広小路の裏が池袋→神明町、極端なものでは厩橋→早稲田の裏が白なんてのもあります。何故このような組み合わせが作られたのか
甚だスッキリといたしません。仮にダイヤに沿って使用順が決められた
としてもダイヤ自体変動するものですからやはり納得はし難いところです。

都電の「部品」は事業の廃棄されるべき廃品が銀座線廃止の即売展で「売って見たら売れた」というものですから、それ以前のものは殆ど残っておりませんし事業側も商品価値を再認識したのが即売展であったかと思います。
そのため「部品」の文化史的考察は過去の写真などによって進めるほかは
なさそうに思います。直接都電史につながるわけではありませんが、
周辺事情として考察して見ました。



[15105] オフ会御礼 投稿者:6181 投稿日:2018/10/14(日) 01:21  

鶴ヶ峰の駅から水道みちに出たとき、なんだか温泉町みたいに見えたのですが、
分かりにくいけれど結構狭い谷になっていて、道も街もそこにはりついているからなのでしょうか。

後半、帷子川沿いに西進しながら、35年くらい前に二輪で通った仙南、秋保や七ヶ宿を思い出しました。
七ヶ宿は当時工事中で、平成の初め頃にはダムの底になったようです。
後日、初めて思い当たりました。地峡があるからダムが成り立つ。当たり前のことですが。
水利用の上では「狭間」が大事なのでしょう。
今回のコースも、最初に鶴ヶ峰の地形をつかんでいたから全貌が理解できて
楽しく回れたわけですね。日が経ってから気づきました。

区役所脇の蛇行した旧河道から、畠山重忠を迎え撃つように旧蹟をたどりつつ、
水道みちと街道を越えて稜線まで一気に上る。
遠く丹沢を望み谷を見下ろし、葛籠貫(つづらぬき)さんばかりの集落を抜け、
重忠内室の「駕籠塚」に至ると浄水場の跡がある。
この一連、大貫谷戸の「伏線」ともとれる。楽しかったです。


さて重忠討伐を率いた北条義時が悪逆非道の徒だったかというと、
よくわからないけど途方もない人のようですね。
さながら百鬼夜行というような時代、学校で習ったはずですがだいぶ違うような。

またよろしくお願いします。


[15104] オフ会御礼 投稿者:831列車 投稿日:2018/10/09(火) 20:41   <URL>

さっしいさん みなさん
神奈川西部の歴史散策はさっしいさんの絶妙なコース設定といいお天気のもとで楽しむことができました。鶴ヶ峰付近はほとんど未訪の地でしたので新鮮な感じがしました。発展を続ける相模鉄道と都市化の波の中で息づく自然、また生活のために作られたとはいえ、景観も見事な水路橋と歴史を刻むトロッコ跡など発見も多く実り豊かなオフ会でした。休憩場所の選択も良かったですね。

ハイライトの大貫谷戸水路橋、調べたらあの餘部橋梁とは高さはともかく、全長は引けを取らないものだということが分かりました。

大貫谷戸水路橋:高さ23m、延長306m 昭和27年(1952)完成 
餘部橋梁:高さ41m、延長310.5m 明治45年(1912)完成

さっしいさん 次回は81位からです。予習を

日本橋両国さんと横須賀・総武快速線で東京までご一緒して帰宅は21:14でした。



[15103] オフ会ありがとうございました 投稿者:赤電・青電 投稿日:2018/10/09(火) 20:15  

>>さっしいさん オフ会に参加されたみなさん

土曜日のオフ会ではお世話になりありがとうございました。
今回はなじみの薄い相鉄沿線で、相模鉄道に乗車したのも
初めてだと思います。
今回のテーマは「二つの横浜水道とトロッコ跡を歩く」でしたが、その中でも水路橋は圧巻でした。昭和27年の完成だという
ことですが、もっと歴史を感じさせる風景でした。

>>さっしいさん
今回は資料作成とおやつ準備の二刀流で大変でした。
モチモチ感のあるおやつをごちそうさまでした。

>>日本橋両国さん
反省会の予約や運営ではお世話になりました。4時から
開店の居酒屋だったので、ゆっくりできました。当方の
自宅到着は21時23分でした。横浜が19時48分ですから1時間
35分というところです。

1970年代の歌謡曲のレコードは1枚しか買いませんでしたが、
1973年ごろのNHKFMから録音したカセットが何本か残って
います。井上陽水、郷ひろみ、本田路津子、森昌子、
小柳ルミ子、などが同居しています。

 では、次回にお会いしましょう。



[15102] オフ会御礼 投稿者:日本橋両国 投稿日:2018/10/08(月) 21:19  

>>さっしいさん、オフ会参加のみなさん
一昨日はありがとうございました。

鶴ヶ峰中学校北側の水道導水鉄橋を見た驚きは忘れません。
まるで懸垂式モノレール桁に見えました。
また大貫谷戸水路(鉄)橋は、餘部鉄橋を彷彿させる景観でした。

全く土地勘のなかった横浜市旭区でしたが、
今回の訪問で相鉄線沿線のこの地区の位置関係がおぼろげに掴めました。

反省会。
今回欠席された坂下さんからの情報提供で、三ツ境駅前の店を選択しました。
開店時間・参加人数が、空席個室を引き寄せる事ができました。
またみなさまのご協力で話題の共通化があり、とても充実した時間を過ごせました。

来月のオフ会は、秋が深まっている頃でしょうか。
その日を楽しみにしています。



[15101] 横浜水道オフ会、ありがとうございました 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/06(土) 21:37  

>>横浜・旭区オフ会に参加された皆さん

本日はありがとうございました。
自分にとっては「準地元」ですから、(遠回りでも)20時45分に帰宅できました。

今回は、横浜市民として是非皆さんをご案内したかったコースです。
鉄分は少ないのに、結構「鉄気分」を味わえたのではないでしょうか。
序盤の畠山重忠歴史散歩は蛇足の感もありましたが、ちょうど導水路へのアプローチ途中に散在する史跡でしたので。

皆さんのご都合があり、参加人数はいつもより少なかったのですが、小ぢんまりしたグループも快適でしたね。
大勢参加して頂きたい気持ちとは裏腹になりますが、道中や反省会での話題も全員で共有できて楽しかったです。

日本橋両国さん、急なお願いでの反省会担当、ありがとうございました。
郊外の駅前という選択は、とても良かったですね。
三ツ境は自分にとって馴染みのある街でしたが、雰囲気はだいぶ変わっています。
お店は小奇麗で、話も見えやすく最適でした。
70年代歌謡ネタでは何でも語りたがり、毎度お騒がせしてすみません。

では、来月以降もまた、よろしくお願いします。
11月のオフ会候補日は10日と17日ですが、17日の方が可能性が高いかな?
どちらにせよ、自分がまた一つ歳を取るよりは前ですが、できれば晩秋の遠足にしたいと思っています。


[15100] 明日もよろしくお願いします 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/05(金) 20:09  

>>831列車さん

気を揉ませてしまいましたね。(揉めて嬉しい…とか?)
いっそのこと、湘南台→鶴ヶ峰は如何ですか?(遠回りですよねぇ)

「墨田区の都電講座を担当した講師の紹介」は無かったんですね。
明日もまた、70年代歌謡あたりの濃い話になりそうでしょうか?

では、よろしくお願いいたします。
資料はまだできていません。(いつも通りの地図だけですが。)


[15099] 計画運休回避ですね 投稿者:831列車 投稿日:2018/10/05(金) 19:55   <URL>

了解しました。明日の運動会がどうなるか気を揉んだ昔を思い起こさせましたね。

「すみだ郷土文化資料館」の「すみだの産業 繊維・石鹸・鉄道」の展示、ひょっとしたら市電・都電などの展示もあるかも、と我慢しきれず行ってきました。‥‥がコンパクトな展示で鉄道に関しては墨田区にあった鉄道車両工場を中心とした資料と写真の展示のみでした。平岡工場や天野工場など創成期の工場が墨田区にあったという歴史の紹介でした。ただ他の繊維・石鹸関連も貴重な資料なので興味を引かれました。

では明日 よろしくお願いいたします。 新宿ー相模大野ー大和ー二俣川ー鶴ヶ峰コースで行くかどうか迷っています。


[15098] オフ会、実施しましょう 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/05(金) 19:14  

>>横浜旭区オフ会ご参加予定の皆さん

お騒がせしましたが、明日のオフ会は予定通り実施します。
こちら今日はずっと雨。明日も昼食時の地面や足元が悪そうです。
天気にもイマイチ不安が残るのですが、何とか歩きましょう。
暑さが戻るようで(27度)、また蒸し暑い日になりそうですね。

では、11時に「鶴ヶ峰」というマイナーな駅までお越しください。
意外なことに改札口は広いですよ。
明日もよろしくお願いします。


[15097] 旭区オフ会の有無について 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/05(金) 18:03  

>>明日のオフ会にご参加予定の皆さん

明日のオフ会ですが、もしかしたら延期させて頂くかもしれません。
まだ確定できなくて申し訳ありませんが、もうしばらくお待ち下さい。
もしかしたら中止もあり得るということで、よろしくお願いします。
実施の可否は(当然ながら)本日中にご連絡いたします。


[15096] 明日のオフ会は実施できそう…かな? 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/05(金) 06:34  

今のところ(朝6時現在)、明日のオフ会は実施の方向で考えています。

天気予報は一日中「曇り」で、降水確率は10%。
台風の影響で風はありそうですが、気温は26度で、数字だけなら快適。
多少のにわか雨と風を気にしなければ、何とかなりそうです。
秋の青空と日差しが無いのは残念ですが、むしろ楽かもしれませんね。
さすがに今回は、交通機関の計画運休も無いだろうと思いますし。

…というわけで明日のオフ会は、なるべく実施したいと思います。
今日の夕方頃までは一応様子を見るつもりですが。

参加予定は、坂下国郎さん、6181さん、日本橋両国さん、赤電・青電さん、831列車さん、さっしい。
以上6名ということで、比較的小ぢんまりした回になりそうです。

かつて相鉄沿線住民だった自分にとっては準地元みたいな場所ですが、
遠来の皆さんにとっては、イメージの掴みにくい地域かもしれませんね。
天気予報に急な変化が無ければ、明日は横浜市旭区までお出掛け下さい。
いつもよりは少し長く歩くことになりそうですが、よろしくお願いします。
反省会は、街の灯りがとても綺麗ねヨコハマ(…とは言っても駅周辺)にて。


[15095] 6日は結局まだはっきりしませんね 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/04(木) 12:42  

6日の天気予報が、「曇り」で降水確率40%に変わってしまいました。
台風の影響があるので当然とはいえ、一番悩む数字です。
にわか雨はありそうなことを言ってますので、延期の可能性も高く…
最高気温の予想が下がったのは有難いんですけど。
また直前まで悩みそうで…疲れますね。

仮に20日に延期となり、更にその日が雨でも、いつかは実施したい内容です。
ただ、冬は野外昼食無しの午後コースや、博物館見学が主になるかな?


[15094] どれも見てみたいですね 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/02(火) 23:04  

>>831列車さん・6181さん
様々なイベント情報など、ありがとうございます。
さすが文化の秋ですね。近ければ行ってみたいものばかりです。
6日に予定通りオフ会が実施できたとして、13日や20日あたりに番外編でも設けて見学してみましょうか?
それとも個人的に訪れる方が、行きやすいかな?


[15093] 開催中のイベント 投稿者:6181 投稿日:2018/10/02(火) 21:34  

チラシによれば、吉田初三郎作をはじめ、
各社の東京近郊の鉄道パノラマ図も展示されるそうです。

特別展「鳥瞰図―空から見る大正昭和の旅―」
9月15日〜11月4日 練馬区立石神井公園ふるさと文化館


[15092] オフ会参加 投稿者:831列車 投稿日:2018/10/02(火) 18:09   <URL>

さっしいさん
オフ会参加します。

さて10月は鉄道イベントが多い月ですが、それは別としていくつか興味を引かれそうなものがありましたので紹介を
企画展「都電の記憶〜北区ゆかりの19系統。32系統を巡って」
10月27日〜12月9日 北区飛鳥山博物館 写真展らしいです
特集展示「すみだの産業ー繊維・石鹸・鉄道」
開催中〜11月4日 すみだ郷土文化資料館 墨田区向島
(既出)いたばし大交通展「江戸時代の街道から鉄道まで」 
10月13日〜12月9日 板橋区郷土資料館

都内で配布中の秋恒例の「2018東京文化財ウィーク 特別公開・企画事業編」という冊子は
もらっておくと重宝するかもしれません。歴史 文化財好きには貴重な公開イベントが多数です。


[15091] あれ? 6日に実施できそうな…? 投稿者:さっしい 投稿日:2018/10/02(火) 14:19  

6日の気象庁予報が「曇時々晴」に変わり、信頼度も「B」。
降水確率は30%ということですから、オフ会は可能かもしれませんね。
ただ、最高気温は28度と比較的高く、また暑い日となるのでしょうか。
台風25号の動き次第ですが、6日に実施できればラッキーです。
嵐の前の不安定な天気(時々雨など)になることが一番心配ですが。

>>日本橋両国さん
ミニ鉄道のゲージ検証ありがとうございました。
134oは換算すると5.275591インチだそうです。
6181さんの内容と併せ、5インチだとしたら約127mmですね。
このあたりまでも含めて「5インチゲージ」と称するのでしょうか。
次回も巻尺は必須ですので、よろしくお願いします。

>>831列車さん
蒸し暑いグリーンセンターでは、お付き合いありがとうございました。
ああいうふうに、のんびりダラダラするのも嫌いではありません。
遠出した先で…では贅沢なのかもしれませんが、ゆったりが良いです。
板橋情報ありがとうございます。できればオフ会で訪れたいですね。
6日のオフ会も、ご参加ということで宜しいですよね?

>>赤電・青電さん
前回の反省会では、往年のヒット歌謡曲など、お騒がせしました。
語り出すと止まらないので、毎回あれでも自制しているつもりですが。
次回は6日に実施できると良いですね。20日になった場合はご容赦を。
「大街道」というと松山でしょうか。路面電車のある街は良いですね。

>>6181さん
見沼通船堀のご検証、ありがとうございます。
鉄道に限らず、様々な分野の技術史なども興味深いものですね。
グリーンセンターやミニ鉄道についても、不勉強な分、参考になりました。
次回の横浜水道についてもナマかじりですので、よろしくお願いします。


[15090] オフ会6日は参加、20日は不参加です。 投稿者:赤電・青電 投稿日:2018/10/01(月) 17:33  

>>さっしいさん みなさん

台風が連続で発生しています。昨年は、鹿児島で台風に
あってしまいイベントの中止を余儀なくされました。
今年はどうでしょうか。
 10月のオフ会は6日は参加で20日は不参加でお願い
します。20日は大街道で飲み会の予定です。
 10月の遠足は、秋晴れのもとでやりたいですね。


[15089] オフ会御礼 投稿者:6181 投稿日:2018/09/30(日) 20:58  

見沼通船掘は、閘門として日本最古ではないようですが、
(馬場俊介ほか:吉井水門―現存する日本最古の運河閘門。土木史研究 論文集 Vol.27 2008年)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/journalhs2004/27/0/27_0_33/_pdf
通船業と一体として運営されていた具体的な様子が分かっていることなど、興味深いと思います。

閘門は「3mの高低差を越えるため」とさらっと書かれていましたが、
排水路の(つまり東京湾につづく)水位から用水に上げるのですから、なかなか突飛な発想ですよね。
秋冬限定だったというのもうなづけるところ。

地誌的・技術的な背景、角落板による開閉の詳細など、皇太子殿下が講演で解説されていました。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/02/koen/koen-h18az-mizuforum4th.html

Wikipediaの見沼通船の項によれば、文政期以後、運営が分裂・混乱したのを
1850年頃、近在の豪農、鈴木粂之助が収拾再興したそうです。
鈴木家住宅の山久の屋号は粂之助以来なのでしょうか。


昨年、川口市立グリーンセンターは50周年だったそうですが、
八角形の温室にサボテン。昭和40年代のおしゃれの先端を見るようで、懐かしくもあります。
大集会堂「シャトー赤柴」は埼玉国体で迎賓館として使われたそうですが、
今は公営の式場といった存在なのでしょうか。
ちょっとだけ欧風を擬してある、その具合が嫌らしくなくて上品に思えました。

全体の当初の基本構想がしっかりしていたのでしょう。
昨今の「なんちゃってレトロ」みたいなのとは段違いですね。

「わんぱく広場」は昭和60年11月開設だそうです。
ミニ鉄道は「5インチゲージ」かと思います。+7mmは許容公差でしょうか。
1067mmからすると1/8.4になりますが、縮尺は「その程度」でいいようです。

客車3編成のうち1列車が蒸機列車だったわけですが、
2機使用で、到着機が転車台に乗っている間に出発機が据え付けられる。見ていて飽きませんでした。
謎だったのが踏切で、軌道回路などなさそうでしたが、どうやって制御しているんでしょう。


生まれ育った北区からは対岸すぐなのですが、知らないことばかりでした。
見沼についてなど、学校で習っていてもおかしくないのに。
東京近郊、なにもないように見えても「ただの田舎」ってないんですね。

来月は6日20日どちらでも参加希望です。よろしくお願いします。


追伸。
反省会は極東の言語の話など話題豊富で、用意していた話題を忘れていました。

尾久駅、グリーン車に隣接する乗車目標に「AM7:00〜 /混雑します」なるペイントがされて、
坂下さんから「本来は、7 a.m.」と聞いたのを思い出しました。
で、そもそも'a.m.'って何のことでしょう。
…'ante meridium'の略のようですね。世界標準といえばやはりラテン語。
半世紀以上考えもせずに使ってきましたが。


[15088] 台風の続行運転? 投稿者:さっしい 投稿日:2018/09/30(日) 10:51  

>>皆さん
嵐の前の静けさで、今は青空の下、秋の日差しが降り注いでいます。
台風24号は今夜、関東付近を通過するようで、くれぐれもお気を付けて。
その次の25号も、来週末の天気に大きな影響を与えそうですね。
10月6日の予報は既に雨。オフ会は20日になる可能性が高そうです。

>>寅さん
今月も残念ですが、無理をせず、お大事になさってください。
忘年会の前に11月のオフ会もありますが、やはり遠足になると思います。


[15087] オフ会欠席届 投稿者: 投稿日:2018/09/30(日) 00:04  

さっしいさん みなさん こんばんは

 10月6日、20日ともに欠席します。足がつるなど体調がいまいちで「航続距離」が稼げません。しばらくおやすみをいただきますが、忘年会には万難を排して伺いますのでどうぞよろしくお願い致します。


[15086] 【 10月のオフ会 横浜水道を歩く 】 投稿者:さっしい 投稿日:2018/09/29(土) 21:29  

10月6日の天気は心配ですが、晴れたら相鉄沿線を歩きましょう。
皆さんには馴染みの薄い地域でしょうが、ズーラシア方面ですね。
「鉄道」より「水道」が主ですが、廃線歩きのような気分も?

前半は中世歴史散歩の後、戦後の水道上の尾根緑道を歩きます。
後半は明治の水道道を(少しだけ)歩き、トロッコ跡を訪ねます。
途中(特に前半)坂道や階段等、アップダウンもあります。
比較的長い遠足になるので、歩きやすい服装でご参加下さい。
大半は遊歩道を歩くので、足元はそう悪くないと思いますが。


 【 秋の遠足 二つの横浜水道みちを歩くオフ会 】

  日時:平成30年10月6日(土) (雨天の際は20日に延期)
  集合:11時 相模鉄道(本線)鶴ヶ峰駅 改札口
  行程:鶴ヶ峰駅→畠山重忠遺跡→今宿東公園(昼食)
     →尾根緑道(導水路)→都岡町公園(休憩)
     →川井宿(水道道・トロッコ跡)→福泉寺前BS
     ⇒上川井町BS→大貫谷戸水路橋→若葉台南BS
     ⇒三ツ境駅(相鉄)⇒横浜駅 (歩行距離:6〜7km)
  反省会:17時前頃〜19時過ぎ頃 横浜駅周辺にて
  解散:19時半頃 横浜駅
  費用:反省会4000円程度・バス計402円・電車226円(IC)

 ☆野外用の昼食と敷物をご用意下さい。
 ◎鶴ヶ峰駅は特急・急行は通過、快速は停車します。
   横浜10:32発の快速・湘南台行きで2駅、10:41着。
   横浜10:42発の各停・湘南台行きで8駅、10:58着。
 ※鶴ヶ峰駅のトイレはホーム横です。集合前にどうぞ。
 ※手前の西谷駅では羽沢への新線工事の様子をご覧下さい。

☆参加申込は10月3日(水)までにお願いします。
 20日に延期の際のご参加についてもお知らせ下さい。


[15085] 10月のオフ会 ほぼ決定 投稿者:さっしい 投稿日:2018/09/28(金) 21:56  

皆さん、前回のオフ会のご感想等、ありがとうございます。

さて次回…第一候補日(10月6日)は、もう来週なんですね。
ただ、今週に続いて来週末も台風の恐れがあり、雨かもしれません。
その場合は20日に延期しますが、一応コースは出来上がりました。

詳細は明日発表しますが、たぶん皆さん馴染みの薄い地域だと思います。
集合は私鉄駅で、元・関脇の技能派力士(?)…とだけ言っておきましょう。
それにしても、貴乃花親方の「引退」は残念です。


[15084] オフ会ありがとうございました 投稿者:赤電・青電 投稿日:2018/09/27(木) 22:46  

>>さっしいさん オフ会に参加されたみなさん
オフ会ではお世話になりありがとうございました。
8月のオフ会よりも暑かった気がしますが、水辺や緑の中を
歩くのは快適でした。ランチタイムなどは蚊のランチタイムでしたが、真夏に刺されなかった分だと思っています。

 グリーンセンターでの自由時間では、ミニ鉄道はもちろんのこと、本来のグリーンも堪能することができました。今、自宅の庭にはえているアボガドが成長したらどうなるかもわかりました。

>>坂下さん
今回も、反省会のお世話ありがとうございました。長めの
時間設定もよかったです。

 反省会での多岐にわたるお話の中で、1960年代1970年代の話題には感動しました。自分で購入したレコードは、数枚にしかすぎませんが、その何百倍の情報量をお持ちの方々のお話は、過ぎ去った青春時代を再体験させてくれるのに十分でした。

台風がまたやってくるようですが、みなさま十分お気をつけください。では、次回のオフ会でお会いしましょう。
 


[15083] オフ会御礼 投稿者:831列車 投稿日:2018/09/27(木) 05:40   <URL>


貴重な「晴れ」の日の散歩になりました。通船堀の歴史を学んだり列車を見たり‥‥、グリーンセンターは賑やかすぎましたかね。埼玉のこの辺りはまだまだ歴史のある場所が多いので今後も楽しみです。
坂下さん
お店のチョイス、今回も最高でした。蚊に刺されて大変でしたね。ご養生を

日本橋両国様
スタンプラリーの応募券ありがとうございました。投函しました。もし何か当たったら‥‥ご期待ください。

さっしいさん
板橋の企画展は10月13日(土)から12月9日までです。
いたばし大交通展 板橋区郷土資料館


[15082] 訂正 ミニ鉄道ゲージ 投稿者:日本橋両国 投稿日:2018/09/24(月) 20:26  

[15081]で投稿しました、川口グリーンセンターのミニ鉄道ゲージですが、実測134oでした。
すみません。間違いました。訂正いたします。