ぽこぺん談話室
[ぽこぺんトップ] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧掲示板ログ] [管理用]

名 前
メール
題 名
リンク 削除キー
内 容

[15266] 東京急行さんへ  都電27系統赤羽線 :2018/11/24(土) 23:14  

ツイッターはやっていないですね、スマホを線路に落として壊してしまったので治ったら送れるかもしれないです。
東京急行さんは、マイクさん主催のオフ会は来ますか来るならその時5500形の写真をお見せできます。
他の写真もあるので楽しみにしてください。


[15265] 少しずつ知識を増やしていきましょう  さっしい :2018/11/24(土) 21:33  

>>都電27系統赤羽線さん
「27系統の本」は、RMライブラリーの『都電系統案内』でしたか。
それなら当然、27系統のことも載っていますね。
同シリーズの『都電6000形』も、車輛については詳しくて役に立ちますよ。
価格の割にはページ数が少ないですが、薄くて保管には最適です。

>>都電20番さん・都電27系統赤羽線さん
宇都宮(三和テッキ)の保存車は、175号ですね。
こういう公開の場に書き込む数字は、できるだけ正確にお願いします。


[15264] 保存車両  東京急行 :2018/11/24(土) 20:16  

>>都電27系統赤羽線さん

富士市立元吉原小学校に保存されている都電7024号を見学する前に予約をとる必要です。学校がある日は放課後だけ見学可能です。学校がない日は見学不可となっています。

毎年3月中旬、富士市立元吉原小学校のSL博物館が開催されています。予約をとる必要がなく見学できます。

都電5500形の写真を持っていますね。
わたしも都電5500形の写真を見たいですが、ブログやツイッターなどをやっていないのでしょうか。わたしまでメールを送ればいいです。


[15263] 保存車両  都電27系統赤羽線 :2018/11/24(土) 19:37  

栃木の176は行きましたが7024はまだですこれから行きたいです。
爺ちゃんは国鉄員なのに都電に詳しいのです。
5500形の写真は入っていましたたしか上野駅前の停留所だと思われます。
次行く時に5500形の写真を持ってきますので楽しみにしていてください。
いろんな写真があるのでお見せしたいと思います



[15262] すごいですね  都電20番 :2018/11/24(土) 15:46  

都電27系統赤羽線さん、そうだったんですか、すごいですね、あちこちの都電の保存車両・廃車体を見て来たということですが、さすがに栃木の176、静岡元吉原小学校の7024は、まだなのでは。私は両方とも見ています。交通費と時間が大変でしょうが、休み中とかで機会あったら訪れてみるといいです
もし、両者とももう行っているのであれば、ごめんなさい。。

ところで、祖父か、、曾祖父の方、都電意ついてあれこれ昔話を教えてもらったとのことですが、その昔都電の運転士か、車掌をやっていらした方なんですか?それとも、かなりよく都電を利用していたという方だったのでしょうか?それと、どういった話をよくしていたのですが?この辺のあたり、興味ありますが。

5000の写真は私もみたいです。


[15261] 昔の都電のイメージは・・・  都電27系統赤羽線 :2018/11/24(土) 11:37  

昔から、いろんな静態保存されている都電の車両を見に行っていました。
小さい頃からいろんな都電の廃線跡や昔の写真を見ていました。
最初は長く早い電車などに興味がありましたが今は都電が好きです。
もちろんふつうの阪急や京王なども好きです。
さっしいさんいつか機会があったら、平面交差の写真や5500形の写真があるのでお見せしたいと思います。



[15260] 都電の本  都電27系統赤羽線 :2018/11/24(土) 11:27  

先生に頂いた本の名前は都電系統案内 ありし日の全41系統(RMli d rary (22) です。
赤羽線が載っているという本で赤羽線だけの本ではないようです。




[15259] 昔の都電へのイメージ  都電20番 :2018/11/24(土) 11:05  

都電27系統赤羽線さん、そう、昔の都電に興味を持ったきっかけは、祖父か、曾祖父の方の都電に関しての昔話をよく聞いていたからでしたよね。それで思ったのですが、「昔の都電」について、どういったイメージを持っていらしゃいますか?

私は幼少の頃、廃止直前の不忍通りを走る20系統の姿をおぼろげながらに見たことがあり、車掌が乗務していた頃の荒川繊に小学生の時に乗りに行ったこととかあるのです。

27系統赤羽線さんは、私のような「リアルでの」体験はないわけで、あくまで昔話からでの情報と、サイト等で見られる当時のカット等、その中で、どういった思いを持ったのでしょうか?

難しいかな、こういうのって、言葉ではうまく表現できないかも、知れませんね。また会った時に、話してもらうということでもいいかな。
私から言えるのは、そのイメージ、大切にしてほしいと願っています。そこから、新たな好奇心や、探究心が出てくるでしょうから



[15258] 一万分の一地図など  上野神明町車庫 :2018/11/24(土) 10:32  

>>さっしいさん
一万分の一地図は大変参考になる地図ですが、
細部については案外誤りもあるもので、
泉岳寺前の曲げ方向、市ヶ谷見附分岐線開通後の四谷見附交差に附帯する
分岐線の欠落、同じく赤羽橋の分岐線の欠落、一里塚のみ塚を挟む二線表記、
赤坂見附の待避線表記はされず、など鉄道マニアのための表記ではないの
ですからなるべく込み入った図にならぬよう簡略化しているとも
思える地ころが多々あります。
その意味では細部については公文書館の図面、趣味者の配線図や
構内配線図などが助けとなります。都電は市電時代から細部の改廃が多く、
それらを逐次地図上に反映させる訳にも行きませんから
短期間で消滅したものなど補完資料が出るのを待つことになります。
一万分の一地図はその意味で全体で8割、細部で3〜4割の信頼度と
考えております。
因みに赤坂見附は車庫の無い営業所で、車庫は主に大門。
入出庫は神谷町で折り返して浜松町一丁目から大門となり、
新橋方面まで行ってからの入庫では虎ノ門で折り返して
神谷町、浜松町一丁目、大門となり大変メンドくさい運用となりますので
赤坂見附に待避線を設け三線としたようです。
戦後この三線は使われることはなかったようですが、
昭和27年頃まであったそうです。
また赤坂見附は乗務員交代のためか営業所前にも片側だけ赤坂見附停留場が
あったそうです。
戦後は札の辻に分岐が設けられ、三田営業所の所管となりましたが、
戦前に三田の所管となっていなかった理由を考えると
電車の大・中・小の考え方が浮かび上がってくるようです。



[15257] 気にはなりますが…  さっしい :2018/11/24(土) 09:09  

>>東京急行さん

都電27系統赤羽線さんは「都電の本をいただき」と仰っているのですから、
「ジュンク堂で購入した本」ではないでしょう。
『王電・都電・荒川線』あたりかな…とも思いましたが。
「27系統」とか「赤羽線」に特化した本というのは、思い当たりませんよね。

本の在庫については、別に報告をお願いしてはいません。
特に興味はありませんので、名指しで投稿されても…
「そうですか」と言うしかありませんので。


[15256] 本のタイトル  東京急行 :2018/11/24(土) 00:40  

>>都電27系統赤羽線さん

どんな本なのでしょうか。
ずっと探してみましたが、なかなか見つからないです。
わたしは「27系統」という本のことを今まで聞いたことがないです。
本のタイトルを教えていただけますか。
わたしもさっしいさんも気になります。

もしかしたら「都電が走った街 今昔」の本のことなのでしょうか。

ジュンク堂で「都電が走った街 今昔」の本を購入しましたか。


>>さっしいさん

「東京都電の時代」の本のことですが、在庫状況を報告いたします。
紀伊国屋書店はメーカーに取り寄せることができます。
ジュンク堂は三宮店しかないことを確認しています。丸善は全て品切れになっています。

「都電が走った街 今昔」の本のことですが、今週木曜日の在庫状況を確認しましたら、全国の店舗は全て品切れになっているのを確認しています。
先週の在庫状況は札幌店、鹿児島店、那覇店しかありませんでした。
今週木曜日をもちまして絶版になりましたことを確認しました。

※2018/11/24(土) 01:28 訂正・追加


[15255] お疲れさまでした  さっしい :2018/11/23(金) 22:23  

>>都電27系統赤羽線さん

ご返信ありがとうございます。
結構、気を遣ったでしょう?

良く解らない箇所もあるので、いつか機会があればお話ししましょう。
謎の平面交差(?)の写真を拝見してみたいです。
「27系統の本」というのも気になります。

「次のオフ会」というのはマイクさん主催の会のことだと思いますが、
そちらはFacebookの「東京電車道」のグループで、
当サイト主催の会とは違いますので、お間違いの無いように。
都電20番さんの都電グループとも、また違います。

こういうコメントへの返信は、特に要りませんよ。
もちろん感想などは、いくらでも歓迎します。


[15254] さっしいさんへ、玉電と貨物計画と平面交差の件の返信です  都電27系統赤羽線 :2018/11/23(金) 20:10  

すいませんないものでごめんなさいちゃんと返信ができなくて。
まずは、玉電の返信ですやっぱりいくら調べても玉電の車両が走っている画像がなくて、爺ちゃんに聞きましたが、走っているのはみてないから走ってないんじゃないかと言っていました。
貨物計画のことは、アントみたいな何かを運んでいるのをみたと学校の先生が言っていました。
乙1000形が本線で荷物を運んでいたと先生は、言ていました。
本の件ですが、都電の本をいただきまだ読んではいませんが27系統の本なので早く読みたいです。本は学校に忘れました。泣
平面交差の件ですが、この前エクスプレスショップはやてで色々の写真が入っているセットを見つけたので次のオフ会で見せたいと思います1部わからないものもあるのでわかる方に教えてもらおうかと思いますがよろしくお願いします。



[15253] 知りたいことは、たくさんあるでしょうから  さっしい :2018/11/23(金) 08:50  

>>都電27系統赤羽線さん

[15246]や[15247]は読んで頂けたと思いますが、
誤字・誤変換等は、些末(さまつ)的なことです。

要するに一番言いたかったのは…
質問に答えてもらったら、その「返し」を頂きたいということです。
単に「ありがとうございました」という形式ではなく。
どう分かったのか、または、まだ良く理解できていないのか、
そのことを自分がどう思ったか等、簡単にでも。

回答した方としては、それを一番気にしています。
正しく伝わったのか、どう解釈されたのか、役に立ったのか。
例えば今回は、都電の本・平面交差・貨物輸送・玉電の件など。
こちらは答えたつもりですが、どう受け取られたの判断できません。

ここは、質問→回答の自販機ではなく、コミュニケーションの世界です。
質問は、行って帰ってまた戻す、最低「一往復半」は必須だと思います。
それで納得するも良し、更に質問を展開するのも良いでしょう。
その件をそのままにしておいて別の話題に移るのは感心しません。
少なくとも当掲示板では、そういう心構えでお願いします。

忙しい毎日でしょうから、返信はお時間のある時で構いません。
都電のことをいろいろ知って、実りある鉄道趣味人生をお送り下さい。


[15252] お大事に  さっしい :2018/11/23(金) 08:34  

>>都電20番さん

こういう世界で知り合ってから、かれこれ15年くらい経ちますね。
長いような気もしますが、まだその程度だったかという感もあります。
眼はご不便でしょうが、細かい文字を追うのは余計負担になるのでは?
無理をせず、お大事になさってくださいね。

「正確な情報を」発信するよう心掛けるのは当然のことですが、
「情報を正確に」発信することも大切ですから、よろしくお願いします。
都電27系統赤羽線さんには、都電研究の楽しさを教えてあげて下さい。


[15251] いろいろと、ありがとうございます  さっしい :2018/11/23(金) 08:00  

>>Windy 41さん

いつもながら的確なアドバイス、ありがとうございます。

高島平は「たいら」でも、唐突に上ることになる崖線は急斜面。
その対照が鮮明で、地理的にも大変面白い地域でした。
鉄道を無視した純粋な歴史散歩も楽しかったりしますが、
まぁオフ会では、そういうわけにも行かないので。

『都電60年の生涯』は、写真と背景の年代がズレている箇所がありますね。
カラーブックス『おもいでの都電』は良い本だと思います。
『都電の100年』の13系統は、編集さんの当初の説明とは少し変わってしまい、
自分としては、やや不本意な感も残りましたが、記念にはなります。


[15250] 都電20番さんへ  都電27系統赤羽線 :2018/11/22(木) 13:07  

返信ありがとうございました。
僕も飛鳥山博物館に行く予定です。
もしあったらよろしくお願いします。


[15249] 謝罪とお礼  都電27系統赤羽線 :2018/11/22(木) 13:03  

さっしいさんへまだタブレットに慣れてないので誤字をしてしまいました。
申し訳ありませんでした



[15248] 都電グループに関して  都電20番 :2018/11/22(木) 12:35  

都電27系統赤羽線さん、そういえば、私のfacebookの都電グループのことを、まだ完全には紹介ししてなかったですね、
アドレスリンクを貼っておきましたので、そこから見てもらえたらと思います。ただfBのアカウントがないと駄目なので、なければまずはその取得からですか。

私はタイピングが正直下手で、更に眼の病気を患っているので、入力ミスが多いので、書き込んだ後とにかく見直さないといけないです。持病(緑内障)の状態も安定してないのです。眼圧が変動しているし、ギラー性何とかという、緑内障でもたちの悪いもののようです。

それと27系統赤羽線さん、サイト等は「都電 昭和」とか入れて検索してみると、けっこういろいろ出てきます。写真の羅列したものであれば、サイトでも十分ですが、過去の歴史等の詳しいことを知りたいのであれば、やはり書籍でしょう。

飛鳥山博物館には、来月9日の午前中か昼に、また伺う予定です。

https://www.facebook.com/groups/915049385226921/


[15247] ご質問へのお答え  さっしい :2018/11/21(水) 23:43  

>>都電27系統赤羽線さん

まず、貨物の件ですが。
都電(市電)には電動貨車があり、貨物輸送が行われた時代もありました。
(機関車で貨車を牽引する…という形ではありませんでしたが。)
大きく分ければ、一つは工事用の資材などを運ぶもの。
関東大震災後の復興用の砂利を運んだ乙1000形が代表ですが、
電気局(交通局)内の工場や車庫間で資材を運搬するための貨車もありました。
もう一つは、戦中・戦後に米や野菜などの物資を運んだ甲400形など。
甲は有蓋貨車、乙は無蓋貨車で、乙2号は今も神明町に展示されていますね。

次に、玉電の件。
都電の天現寺橋線と中目黒線は、元は玉川電気鉄道の路線です。
渋谷駅前〜渋谷橋〜天現寺橋と、中目黒〜渋谷橋の区間ですね。
昭和13年から委託という形で東京市が運営し、市電の車輛を走らせました。
戦後、正式に都電の路線となり、最終的には34系統・8系統が走りました。
玉電の車輛を東京市や都が買った…ということはありません。

最後に、宮城(きゅうじょう)の遥拝(ようはい)について。
戦前、宮城(皇居)前を通る際は、そちらを向いて遥拝したという話は聞きます。
座席取りについては知りませんが…ありそうな話かもしれませんね。

以上、どなたか補足があればお願いします。


[15246] 当掲示板では…  さっしい :2018/11/21(水) 23:12  

>>都電27系統赤羽線さん

当掲示板の積極的なご利用ありがとうございます。
都電に関する様々な疑問が次々に湧いてくるのも分かります。
ただ、[15218]に僕が書いたことを、もう一度確認して下さいね。

都電の本のことを質問なさっていましたね。
それについては、都電20番さんや東京急行さんが答えてくれました。
それにはお礼を言っていますが、続いて僕や、Windy 41さんも助言しています。
まずは、それに対して何らかの反応をしましょう。
分からない部分は分からないままで構いません。
こちらとしては、お答えした内容をどう捉えられたか知りたいので。
(感想だけでも結構ですよ。)

質問への回答にて、質問が返されている場合もあります。(例えば僕の[15243])
流れの早い掲示板ですが、自分あてのコメントにはなるべく答えて下さい。
また、質問は思い付きのように小出しにするのではなく、
いくつかあるなら、まとめて書いて頂いた方が良いと思います。
当掲示板の方針は、一言ずつのやり取りが多いSNSとは少し違いますので。

なお、今回の[15244][15245]とも誤記があります。気を付けましょう。

以上の点をご理解の上、よろしくお願いします。
(そのうち慣れてくると思いますよ。)


[15245] 玉電と都電  都電27系統赤羽線 :2018/11/21(水) 21:22  

昔東京都が、玉電から路線を買って、車両も玉電から買っとて運転していたのは、本当ですか。
都電が皇居の横を走る時は、運転士以外は全員お辞儀をして
皇居を過ぎたら、一制に席取りゲームが行われたと聞きました
本当ですか。


[15244] 都電貨物輸送計画  都電27系統赤羽線 :2018/11/21(水) 21:15  

知り合いから聞いたのですが、昔都電の路線で貨物計画があったけど機関車や電圧の問題で貨物計画はなくなったと聞きました。
どなた変わる方教えてください



[15243] 都電同士ということで?  さっしい :2018/11/21(水) 21:02  

>>都電27系統赤羽線さん

都電の三田線…ですか?
だったら、芝園橋・御成門・田村町(西新橋)一丁目・日比谷公園ですね。
また、三田では車庫への出入庫線(金杉線側)とも交差していました。
探したら…とは、何を(どこを)だったのかな?


[15242] 平面交差  都電27系統赤羽線 :2018/11/21(水) 20:42  

探したら都電の三田線とどこかの都電の路線が平面交差していたようで、写真はなかったです。

マイクさんへ、爺ちゃんは、その日は、まだ入院しています。


[15241] また一つ、歳と白髪だけは増えました  さっしい :2018/11/21(水) 20:34  

>>TKKさん

お祝いのお言葉、ありがとうございます。
馬齢と鹿齢を重ね、歳だけは63になってしまいました。
精神年齢は相変わらずで、今日も7歳〜10歳児と遊んできました。
保育園児ちゃんたちは「ハッピーバースデー」を歌ってくれて、
10歳少女は自分の携帯に「おめでとう♪」と入力して見せてくれました。


[15240] 平面交差?  さっしい :2018/11/21(水) 20:22  

>>都電27系統赤羽線さん

都電同士の平面交差ということでしょうか?
だったら数えたことはありません。交差点は皆、平面交差ですし。
全盛期の図として良く使用される昭和37年版の系統図を載せておきます。
ゆっくり数えてみてください。
http://tcf.la.coocan.jp/images_2018/2018-11-21_00.jpg

他の鉄道との平面交差…ということでしたら話は変わってきます。
有名なのは27系統・北区神谷町の国鉄須賀貨物線との交差ですね。
都電時代は、それだけでしょうか。(どなたかお願いします。)

古い話なら、明治・大正期の上野と御徒町で国鉄貨物線と交差していました。
14系統の前身の西武軌道線も、淀橋浄水場の引込線と交差していたようです。
工事用のトロッコ軌道などと臨時に交差していた例もあったらしいです。


[15239] 都電の平面交差  都電27系統赤羽線 :2018/11/21(水) 19:27  

質問ですが都電の平面交差は、何個ぐらいあったのですか。
できれば場所も教えてください。よろしくお願いします。



[15238] イカ出版  TKK :2018/11/21(水) 08:48  

さっしいさん、大変失礼をいたしました。IKA−LOSS出版はご指摘の通りの場所です。お詫びして訂正させていただきます。また何回目か存じ上げませんがお誕生日おめでとうございます。引き続き低質なイカの撲滅にまい進するところである。


[15237] 図書館も使いましょう  Windy 41 :2018/11/20(火) 22:14  

こんばんは、おじゃまします。

★ 赤塚オフ会

お天気にも恵まれ、参加された皆さまは楽しまれたようで何よりでした。

あの高低差をなす、武蔵野台地の成増面と荒川低地を分ける崖線は、有名な国分寺崖線よりもはるかに古い年代にできているといいます。

赤塚地域は板橋区の中でも、やや空気感が異なります。
志村方面からバスで坂を登るだけで、もう隣の町という感覚です。
志村・上板橋地区にいると、赤塚は意識しないと出向く機会がありません。
長年暮らしている者の勘ですが、旧・上板橋村と旧・志村は比較的似た空気が流れています。
この2村と旧・板橋町、旧・赤塚村は微妙に異なります。
郵便番号の173、174、175が板橋区の地域区分をよく表しています。
赤塚地域を管轄する175の板橋西郵便局は、高島平団地造成時に志村の174板橋北郵便局から分離独立したものですが。

★ 都電の本

さっしい様がいろいろご紹介なされていますが、当時を知らない世代の方ならば写真集から入るほうがよろしいでしょう。
その意味では荻原二郎さんの「都電が走った昭和の東京」がお勧めです。
「都電60年の生涯」は、装丁や構成に1970年代初期(昭和40年代後半)独特の癖が感じられ、一部の写真は印刷が濃すぎるきらいがあります。

個人的には林順信さん・諸河久さんの保育社カラーブックス「おもいでの都電」(1986年・昭和61年刊)がコンパクトで気に入っています。
志村橋のあっと驚くレア写真が車両解説ページにさりげなく掲載されていることもポイントが高いです。

このコンビの本では「都電の消えた街」(1983年・昭和58年刊)も写真がきれいでお勧めです。
ただし、諸河さんの本には重大な問題がありますからご注意くださいね。

都電の本は、発刊年代や著者にかかわらず「写真を眺めるもの」と割り切るほうがよろしいでしょう。
文章や図面はほとんどの本で誤りがみられます。
都電本の元祖といえる書籍に掲載された誤ったデータが後年の本で引用され、孫引き、曾孫引き…が繰り返されて定説に化けてしまった事例があります。
その事実はないと立証するまで、結構大変な思いをしました。
昔は様々なデータにアクセスできる機会がごく限られていましたし、地元の古老や当局OBなどの記憶違いがそのまま本に記載されてしまうこともありました。

文章やデータは、この「ぽこぺん掲示板」が最も信頼できます。自信を持ってお勧めします。
データといえば、笹目さんの労作である「日本鉄道旅行地図帳」は必携です。同じく笹目さんの「都電の100年 思い出の13系統」も素敵な記事です。

その意味で、エッセイ系の本や当時生まれていない世代の人が著した本やイラスト本などはあまりお勧めできません。
林順信さんは写真がきれいな本をいくつも出しましたが、プライドがとても高いというか、エリート意識を何の衒いもなくひけらかしたい方ですね。
同じような経歴をたどった宮脇俊三さんが落ち着いた筆致で、時に自虐を交えて笑いを取る書き方をしているのと、まさに対照的です。
ついでに「雪廼舎閑人(ゆきのやかんじん)」は林さんのペンネーム(雅号)です。

特定の地域の系統について調べたい場合は、区ごとの郷土写真集のような本にも注目です。
鉄道写真の専門家では見逃してしまいがちな意外なアングルが掲載されていることがあります。

本からは離れますが、NHKの映像データにも目を通すことをお勧めします。
志村線のおそらく現存唯一の映像はネットで公開されています。
愛宕山放送博物館などで見られる、NHKアーカイブスの「現代の記録 停留所」(1963年・昭和38年放送番組)は、鉄道写真を撮る人はまず行かない時間帯の都電の姿が記録されています。

古書を買うのもよろしいですが、若い方には図書館の利用をお勧めします。
私は10代の頃、地元の図書館で「都電60年の生涯」を幾度も借りました。

今の時代のお勧めは広尾の都立図書館です。
古い時代の地図や、多くの都電本が開架でみられます。(貸出は行っていません。)

都立図書館では東京都公報の閲覧もできます。
1964年(昭和39年)以降の路線改廃が逐一掲載されていて、市販本や展示解説の誤りがたちどころに見抜けます。

★ 5501はなぜ荒川線を走らなかったか

やや古い話題になってしまいますが。
全盛期を知らない人にはまず、「荒川線は本来の都電とは異なる」ことから説明をはじめてくださいね。
さっしい様たちが研究対象とされている、明治の市営化前の時代はもちろん考慮しません。

荒川線はもともと「王子電気軌道」という、明治末に設立された郊外電車でした。

当時の東京市は今の東京都区内よりもかなり狭く、江戸以来の市街地を指していました。
その近傍は北豊島郡、北多摩郡、荏原郡、南葛飾郡などの町村で、それらの地域における営業を目的とした鉄道企業がいくつか設立されました。王電はそのひとつです。
今ある鉄道では、広島電鉄の宮島線が最も近いでしょうか。

王電は戦時中の企業統制策で東京市営となり、そのまま都電となりました。
やや失礼な言い方ですが「田舎電車」で、都心の路線に比べると軌道の質もあまりよろしくありませんでした。

一方PCCカーは都心の膨大な輸送需要に応えようとして導入されたもので、大型であるためカーブや右左折の多い路線での走行はもともと想定されていません。
林さん流の言い方では「轍を変えない」、すなわちポイントをわたり右左折する行為を伴わない路線、都心のしっかりした軌道の路線でしか使えなかったのです。

これで一応の答えになるかと存じますが、5501は長い間上野公園の軌道跡で雨ざらしにされて、ぼろぼろになっていたものを荒川営業所が引き取ったというお話も伝えてあげてください。

都電の車庫(営業所)については、今のバス営業所を例に出せば理解が早いと思います。
いくつかの営業所があり、各営業所で3〜6種類の系統を担当していたと説明するのがよろしいでしょう。
5501は三田営業所所属で、三田管轄の系統のうち右左折の極力少ない路線で使われていました。



[15236] 生まれは牛込神楽坂  さっしい :2018/11/20(火) 20:04  

>>TKKさん

なぜに飯田橋?…僕の故郷ですが。
ちなみにイカロス出版は、市ヶ谷と四ツ谷の間です。


[15235] イカのロス  TKK :2018/11/20(火) 18:41  

さっしいさんて優しいのね。飯田橋界隈に超ピンポイント直下型地震があればいいな、なんて考えたこともありません。質の悪いイカの撲滅に愛の手を!まずはアマゾンの書評から。


[15234] イカをロスしたら…  さっしい :2018/11/20(火) 13:37  

>>TKKさん

イカが無くなったら文字通り「イカロス」で、寂しくなりますぞ。


[15233] ニイタカヤマには登りませんので  さっしい :2018/11/20(火) 13:36  

>>坂下国郎さん

何を仰います。坂下さんは5回中の3回しか登ってないんですよ〜
たまには「坂上さん」になってみては? (飛びます飛びます?)

日本橋両国さん同様、皆さんそれぞれに思い出のある地域だったんですね。
かく言う自分も、生まれて初めての「一人お泊り」の地。(二人じゃありませんよ)
母の友達と称するオバサンに、下赤塚という見知らぬ土地へ連れて行かれ…
小1の夏休みでした。泊めてもらった翌日は、あのあたりで蝉取りをしたり。
神楽坂に住む自分としては、何もかもが、田舎の新鮮な体験でした。

…で、大井川の件。そのまま帰って来ちゃったんですか〜?
時効って廃止になったんじゃありませんでしたっけ?
まぁ当時は、同じホームどころか、直通電車まで走ってましたね。

12月のオフ会は街中で、せいぜい「坂上り」程度にしておきましょう。


※ところで、初めての「二人お泊りの地」ってどこだったかな?
 …と、思い出そうとしたのですが…
 「誰だったかな?」で悩んでしまいました。


[15232] 執念ですなぁ>さっしいさん  TKK :2018/11/20(火) 13:29  

さっしいさん、

世界中から質の悪い「イカ」が全滅するまで戦うところである。


[15231] オフ会御礼  坂下国郎 :2018/11/20(火) 12:20  

>>さっしいさん、オフ会ご参加の皆さん

好天に恵まれた晩秋登山オフ、ありがとうございました。
生まれてこのかた、低くて平べったいところに住んでるので、アップダウンはちょいと辛い…
松月院の近くへ、昔々(40年以上前)材木を届けに、何度か来たことを思い出しました。
もちろん、当時は、もっと畑が広がってまして、近郊農村といった感でしたねぇ。
次回のヒトフタマルハチも楽しみにしております。


>>赤電・青電さん

バウムクーヘン、ごちそうさまでした。


>>さっしいさん

今週のトップ画像、いいですね。私が思い浮かべる金谷駅は、まさにこれです。
大井川鉄道から東海道線上りへ、改札を通らずに乗り換えができて「便利」でした。
もう時効なので白状しますが、高校1年の時に父の実家へ行った際、
帰りに家山から福用までの切符で、東京へ戻ってきたことがあります。
イケマセンなぁ。


[15230] お大事になさってくださいね  さっしい :2018/11/20(火) 10:45  

>>赤電・青電さん

お体が心配でしたが、大丈夫でしたか。
この季節は、軽い山登りをしたくなってしまいます。
お付き合い頂きまして、お疲れさまでした。

赤電・青電さんなら、展示できる都電関連品をたくさんお持ちなのでは?
既に断捨離に行っちゃいましたか?

相変わらず。昔の歌謡ネタではお騒がせしてすみません。
皆さんのご存じない曲だと遠慮がちになりますが(なってない?)
当時は鉄道と並んで…いえ、それ以上に好きな世界だったものですから。


[15229] オフ会ありがとうございました  赤電・青電 :2018/11/20(火) 09:56  

>>さっしいさん 赤塚オフ会参加のみなさん


 奇跡の赤塚オフ会では大変お世話になりました。
天候もそうですが、当方の痛い風も上り下り連続の
コースでも吹かなかったので、まさに奇跡のオフ会
でした。適度な刺激を受けたせいか今日の足の様子
は快調です。
 いたばし大交通展では、18系統、41系統関連の展示
に目が行きましたが、自分は、走行中の姿は目にした
ものの、乗車や撮影はしませんでした。各特別区で
設置されている博物館での展覧会を見る機会が増えま
したが、掲示される資料の中に自分が持っているものも
展示されているのを見て、年月の経過を感じます。
車内広告なども資料になっているので興味深いものが
あります。
>>坂下さん
おいしいおやつと、ゆったりとした反省会会場の準備
ありがとうございました。小布施のお菓子は、かみさん
が喜んで食べていました。

 1テーブルでお話ができたので、60年代から70年代の
歌謡ネタは、興味深く拝聴しました。広いジャンルの
お話が聞けるのは、反省会の楽しみでもあります。

 またよろしくお願いいたします。


[15228] 毎度ありがとうございます  さっしい :2018/11/20(火) 03:22  

>>6181さん

ここの書き込みが急に増えたので一気に流れてしまいましたが、飛鳥山ミニオフ会のご感想ありがとうございました。
いつもながら6181さんの文章は、緻密な観察眼や繊細な感覚、そして的確なデータに基づきながらも、どこか文学的な香りの漂う、格調の高さを感じます。
(別に、次のご投稿にプレッシャーを掛けているわけではありませんよ〜♪)

都電の写真展については仰る通りですが、前半の細道歩きも、多くのことを考え、感じさせてくれましたね。
街歩きは面白くて、やめられません。
特に東京は、歴史的な魅力の宝庫ですね。


[15227] 都電入門の本  さっしい :2018/11/19(月) 23:18  

>>都電27系統赤羽線さん・都電20番さん

都電入門の本…う〜ん、何が良いでしょうかねぇ。
価格や入手の難易度を度外視して、思い付くままに挙げてみると…

歴史を含めて都電の全体像を掴むなら、交通局発行の豪華本『都電 60年の生涯』や『わが街 わが都電』、それに高松吉太郎さんの『東京の電車道』(プレス・アイゼンバーン)あたりが最適でしょうが、高額ですし、それ以前に入手も難しそうですね。

晩年の都電が中心ながら、創業以来一応の車輛史は辿れる『都営交通100周年 都電写真集 都電』(東京都交通局)も、なかなか良いと思います。

都電20番さんの仰るJTBキャンブックス『都電が走った街 今昔』シリーズは、確かに主要な電停を網羅していますし、巻末には都電車輛や車庫なども載っているので、一応の知識を得るには適しているでしょう。ただ本文は、どちらかというと文学系で、何より林順信さん独特のアクの強さもありますから、変な「刷り込み」にご注意を。

もう少し歴史的な面を加えるとすれば『東京都電の時代』あたりも良いのではないでしょうか。昨今話題の大正出版ですし、入手の可否は不明ですが。
個人的には『懐かしい風景で振り返る 東京都電』(イカロス出版)が気に入っています。歴史解説は本格的なのに、全体がコンパクトにまとまっていておススメです。

車輛の詳細となると、単行本では『都電車両総覧』(大正)しか無いでしょうね。
綺麗な車輛写真を見たいなら『モノクロームの東京都電』(イカロス)も良いと思います。

ともかく写真をたくさん見たいというなら『都電が走った 昭和の東京』(生活情報センター)。バーゲン本として割安で手に入ったりします。
大きな写真を眺めたければ『都電百景百話』『続・都電百景百話』(大正)でしょうか。

思い付くまま、碌に分類もせず書き連ねてしまいました。
本当は、笹目史郎さんの都電路線史概説や13系統の新旧対比写真が載っている『都電の100年』(イカロス)を挙げたいところですが、推薦するまでには至りません。

路線のデータだけで良いなら、もちろん『日本鉄道旅行地図帳 第5号 東京』(新潮社)を「強く推奨」しておきます♪
ここに挙げた全ての本の中で、たぶん一番安いと思いますよ〜(現在、700円くらいかな?)


[15226] 普段とは違う視点でしたか  さっしい :2018/11/19(月) 23:09  

>>日本橋両国さん

あのあたりは、馴染みがありそで、無さそで、ウッフン♪…の、
黄色いサクランボ地帯だったんですね。(意味不明?)
東京大仏の乗蓮寺も、思えば不思議なご縁でした。

赤塚公園の範囲は、太っ腹というか大雑把というか、実に見事なものですね。
散り敷いた落ち葉を踏みしめながら歩き、山道で滑り、楽しかったですね。
古民家の竈で、ゲージ計測用の巻尺が登場するとは思いませんでしたが。


[15225] いつもお世話になります  さっしい :2018/11/19(月) 23:00  

>>831列車さん

今回も、ご紹介のあったお蔭で古民家を訪ねることができました。
いつもながら、ありがとうございます。
広範な知識と情報収集力に感服します。

本当は、歴史ガイドマップなどに出ている所は全部行ってみたいです。
純粋な歴史散歩(とか、もっと純粋な散歩)なら、無理してでも訪れます。
「鉄分縛り」の無い遠足も、時々してみたいですね。

駅名のローマ字表記、酔っていない時にきちんと考えたいような…
でも飽きっぽいので、面倒になっちゃいそうな…


[15224] お大事に  さっしい :2018/11/19(月) 22:36  

>>マイクさん

風邪はまだ治りませんか。お大事に。
僕も今日はまた「やな感じ」で、葛根湯エキスで生きながらえました。

来月の電車道オフ会は、時間の都合もあるでしょうから、都電講座はお休みで構いませんよ。
いつかまた時間を頂ければ、何かしら、やらせて頂くつもりはありますけれど。


[15223] 執念ですなぁ  さっしい :2018/11/19(月) 22:32  

>>TKKさん

続きますねぇ。僕などは飽きっぽいもので…
まだ都電14番(西武)のページについて正誤を指摘していませんでしたね。
ゴールの一歩手前で飽きちゃう…って、良くあるんですよ。

弊サイトのオフ会記なども、途中で投げ出してしまってますね。
そればかりか、ローカル私鉄の続きにしても、ページを作り掛けて(18年間)そのままです。
これだから、出世も大成もしないのでしょうね。


[15222] 1万分の1地形図など  さっしい :2018/11/19(月) 21:57  

>>上野神明町車庫さん

いつも緻密なデータをありがとうございます。

参謀本部(国土地理院)の地形図の停留場の位置などは、どの程度正確なのでしょうね。上野神明町車庫さんとの最初のご縁も、戦後の地図に誤記載された(らしい)駒形橋上の都電路線が切っ掛けでした。上野公園の場合は停留場移動の事実もあったようですが。

それ以前に、地図上に描かれた停留場の位置(停留場中心?)は、どういう基準に拠るのでしょう。上下線(A線・B線?)の乗降場の中間位置…とか? 交差点などでは片側に記されているようにも見えますが。

動坂車庫跡は、昨年のオフ会と、今年のマイクさんのオフ会の際にも見学しましたが、ターンテーブル…ねぇ。都電が載って回転する場面を見てみたいです。

焼餅坂上と山伏町の関係(変遷)も良く解らない部分がありますが…副称が付いていたんですね。晩年の都電には無かったような。
(左衛門町は左衛門橋のことでしょうか? 町だと浅草区側になりますよね?)


[15221] オフ会御礼  日本橋両国 :2018/11/19(月) 21:37  

>>さっしいさん、オフ会参加のみなさん
楽しい1日を過ごさせていただき、ありがとうございました。
30メートル弱の標高差の赤塚歩き。
23区内なのに自然が残る赤塚公園を堪能しました。
母方の墓地のある乗蓮寺には何度となく訪れたいましたが、
いつも自動車や電車バスでお寺に直行。
このエリアを赤塚公園を中心に歩けたのは、とても新鮮でした。

大人の遠足のお楽しみ。
坂下さん、赤電・青電さん。おやつタイムでのお菓子頂きありがとうございました。

831列車さん。
集合前の三田線フェスタでの合流や、反省会での臼井茂信さん執筆のアルファベット表記の記事提供等ありがとうございました。

通勤途上の公園の銀杏も落葉が進み、
暖冬と言われる今年ですが、季節は晩秋から初冬に変りつつあります。
また来月のオフ会でお会いできるのを、楽しみにしています。


[15219] オフ会御礼  831列車 :2018/11/19(月) 19:47  

高島平の茫漠とした光景の中の地下鉄開業から数十年、区画整理された中にも自然を多く含んだ土地に変貌していたことを改めて認識しました。また板橋区の歴史や文化に対する取り組み(各種案内や説明板、遊歩道や坂道の整備など)も嬉しいものでした。南側の赤塚城址や寺社などの歴史も感じられ登りくだりの中にもたのしもの詰まったコースでした。さっしいさんのコース設定の妙に感心する次第です。

坂下さん おやつありがとうございました。また洋楽の件もお付き合いいただき感謝です。
日本橋両国さん 事前都営フェスタ見学も面白かったですね。臼井氏の記事もまた面白い記事がありましたら探しておきます。

駅名のアルファベットの用法の宿題、というほどのものではありませんが、恵比寿駅と沼津駅の現在の表記を画像などで確認したところ、恵比寿は「EBISU」、沼津は「NUMAZU」となっていました。ヘボン式云々より今の「読み易さ」を考えたのでしょうか。

http://c5793.ebo-shi.com/


[15218] 【掲示板への投稿マナーについて】  さっしい :2018/11/19(月) 13:21  

当掲示板にも活気が戻ってきたようで、楽しく拝見しています。
そこで、気になる点などを少々。

このところ、個々の「伝言板」的な使い方が増えているようですが、利用法としてはそれでも構いません。
ただ、一言の呟きとか、言い捨てのような内容は、基本的に歓迎しません。(一発ギャグ的なネタは嫌いではありませんよ。)

個人宛のやり取りの場合も、管理者をはじめ、他の方々の目にも触れるということを意識して下さい。
上手く言えませんが、TwitterやMessengerとは一線を画したいと思いますので。
特に名指しでのコメントの場合、相手に失礼な表現にならないようご配慮下さい。

誤字脱字や、誤変換をそのまま載せている例も、このところ多く見られます。
文意が通らず、投稿者の意図が正確に伝わらない事例も散見されます。
投稿の際は全文を見直し、そういう点を確認した上で送信するのがマナーです。

誰にでもミスはあるので、それを咎めているわけではありません。
また、ちょっとした誤記ならば、削除キーを利用して訂正が可能です。
ただし、内容を大きく改変するような修正はご遠慮ください。
その場合は、別の投稿にて訂正をお願いします。

改行や空行などは皆さんそれぞれの個性にお任せします。(一文の途中での改行が見やすいかどうかは、自分も迷うところです。)
長文を気になさる方もいらっしゃいますが、内容を伴った長文は、言い足りない短文よりも、むしろ歓迎します。

以上、思い付くままに述べてみましたが、言わんとするところを汲み取って頂ければ幸いです。
では今後とも、楽しく・タメになる「ぽこぺん談話室」を、よろしくお願いいたします。
(怪しく・ダメになる…じゃありませんよ〜)


[15217] 東京急行さんへ  都電27系統赤羽線 :2018/11/19(月) 12:08  

返信ありがとうございました、本屋さんのリンクを貼ってっくださりありがとうございました。
ここで本を探します。


[15216] 古本屋について  東京急行 :2018/11/19(月) 11:40  

>>都電27系統赤羽線さん

どんな本がほしいのでしょうか。都電60年の生涯の本なら、必ず置いているわけではございません。古本屋のサイト(参照先に掲載されています)を調べて、在庫のあるところをわかります。店頭に本の状態を確認することができます。メールを送ることもできます。

https://www.kosho.or.jp


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

処理 記事No 削除キー
- LightBoard -