ぽこぺん談話室
[ぽこぺんトップ] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧掲示板ログ] [管理用]

名 前
メール
題 名
リンク 削除キー
内 容

[14344] 絶句 唖然 某番組  日本橋両国 :2017/03/06(月) 22:43  

>>831列車さん、さっしいさん
先日(平成29年3月5日)放映のTBSのあの番組のあのコーナー。
毎回間違い探しゲームの感覚で見てますが、今回ばかりは開いた口が塞がりませんでした。

ご指摘のとおり、両国橋上を走る8000形とおぼしき写真。
「昭和60年」の誤記は勿論ですが、
2015年5月24日放送の際も同じ写真を掲載しているのです。
そのときの表記は「昭和40年頃」と。。。。
これも誤記。正しくはおよそ昭和45年頃から昭和47年の間でしょう。
背景に写る首都高速6号向島線の桁が出来上がっていますから。
昭和40年頃は、桁どころか橋脚と護岸のカミソリ堤防の建設の頃でしょうから。
同じ番組の同じ写真なのに、2年経つ間にキャプション表記が20年進むようです。
きっと2年後に同写真が再掲載された時は、きっと昭和80年と表記されることでしょう。

また今回「昭和40年頃」と掲載された写真も、かなり怪しいです。
写りこんだ自動車の年式から見ても、どうも変です。

この番組。情報番組からバラエティに路線変更をしたようです。
そして誤記訂正をしないのも最近の傾向で、
25年近く視聴している身からすると情けないの一言に付きます。


[14343] 『昭和の路面電車 関東・甲信越編』について  さっしい :2017/03/06(月) 19:55  

オフ会で、ほんの少しだけ話題にした、6年前の東日本大震災の直前に出版された生方良雄さんの『昭和の路面電車 関東・甲信越編』(講談社)。
著者はこの世界では信頼度の高い方だと思っていますし、別にアラ探しをするつもりもないのですが、先日改めてザッと読んでみて「え?」と思うような記述が、都電関連だけでも何箇所かあったので、少し挙げてみます。

まず巻頭カラーページの川崎市電207号。
キャプションに「都電1400形の譲受車である」と記されていますが、いや、これは「1500形」でしょう?
たしかに都電1400形も3両(実際は4両?)川崎市電に行って200形となっていますが、それよりは1500形の方がずっと多く(13両)、特に写真の207が元都電の1582だったことは、はっきり分かっているはずです。
もっとも、その1582も大正14年の改番前は1456でしたが、それも1400形ではなく、あくまで1371形(ホヘ九)の一員としての番号でした。
大正10年の浜松町工場火災で焼失した際に新造された1456の車体の形態が1954形(ホヘサ)と同じだったので、改番の際に1500形に編入されて1582となっていたようです。

次に本文・都電の項で、まずは写真のキャプションですが、これは編集者の責任でしょうか?
p.19の日本橋を北から見た写真は、先日ご紹介した京橋のテレビ画像とは逆に、大正期なのに「昭和初期」と書かれています。市電の姿もパッと見て「大正仕様」ですが、それを知らなくても、関東大震災で焼け落ちたはず(ですよね?)の布団の西川のビルも白木屋のドームも健在なのですから、それ以前の写真であることは明白でしょう。

さて本文です。
p.18「東京馬車鉄道が新橋−浅草橋間を開業した」というのは変な表現ですね。最初自分は「新橋−日本橋間」の間違いかと思ったのですが、その先の文脈から見ると、どうも全線開業のことを言っているようで、それならば本町なり本石町なり、ぐるっと循環して戻ってくる記述にしないといけませんよね。
その横の馬車鉄の写真のキャプションについても同様で、なぜ浅草橋で止めるのかが分かりません。

そして、実はこれを一番言いたかったのですが…
p.22では「市電発足時の車両総数は1054、営業路線長は192.3kmだったというから、現在の東急電鉄が営業キロ97.5km…京成電鉄が102.4km…都営地下鉄が105.7km…数字の上では変わりがないように見える」というふうに並べています(車輛数はここでは省略)。これはちょっとおかしな表現ではないでしょうか。市電の192.3kmと東急の97.5kmが「同じくらい」と思う人はいないでしょう。
いえ、生方さんはちゃんとご存じなのだと思います。市電の「軌道延長」は192.3kmで、殆どが複線区間なので「いわゆる路線長(線路亘長・道路長)」は約半分の96.7kmだということを。ただ、この書き方では「軌道」と「路線」とを比べているように見えてしまい、読者を悩ませるのではないでしょうか。

それを真に受けたらしいのが、先日この場でも831列車さんと話題にした小川裕夫氏の『都電跡を歩く』で、「大正二(一九一三)年には、総延長は二五〇キロメートルを超えました」などとという、トンデモ記述になっちゃうんですよね。こういう場合には普通、「路線」の長さを問題にすべきでしょう?
それに、何を以て「総延長」と言っているのか知りませんが、僕のまとめたデータでは、営業路線の「軌道延長」(路線長の約2倍)にしても、大正2年の年末にはまだ「250km」に達していないようなんですが…(大正3年の9月には達しています。)

また、これは難ずるわけではなく素朴な疑問なんですが、生方さんの本のp.6のカラー、白木屋前の15系統800形ですが、昭和34年でもこの塗装だったのでしょうか?
昭和32年以降は、この手の(6000形スタイル以外の)車輛も全て金太郎塗になり、34年にはクリームと臙脂帯に替わった…と捉えていたのですが、そういえば800形の金太郎って、殆ど見た記憶が無いような…?
さて、実際はどうだったのでしょう。

ついでながら、生方さんの本でも、今月の『鉄道ファン』の都電7000形の記事でも同様ですが、なぜか7000形の登場(製造初年)を「昭和28年」と言い切る場合が多いようです。たしかに28年度の予算による製造車であり、年度内の登場ではありましたが、最初のグループの入籍が昭和29年2月なのですから、やはり「登場」の年は(一般向けなら尚更)「昭和29年」で良いのではないでしょうか。

以上、長々と失礼しました。


[14342] テレビ局って…?  さっしい :2017/03/06(月) 19:52  

>>831列車さん

明治の両国橋のその写真は良く目にするもので、東京鉄道の750形(市電ヨテ形)ですから明治40年以降で…市営化(44年)直後くらいまでの姿…かな?
それ以上に詰められる材料を、今の自分はまだ持ち合わせていませんが。

昭和60年の都電8000形の方は、あ〜ぁ、また…ですね。
一体、どこでどうなると、こうなっちゃうのやら?

※僕のテレビ画像の投稿写真も、コンパクトデジカメによる撮影ですよ。
 画像も横960ピクセル程度です。それくらいでも充分なのでは?
 (王子の写真は2048pxでしたが)


[14341] オフ会御礼とおまけ  831列車 :2017/03/06(月) 19:38  

さっしいさん、皆さん
寒風も心地よい中でのオフ会でした。多摩川線〜府中郷土の森への歩きもなかなか楽しかったです。
資料館での思わぬ学芸員さんの説明など嬉しいハプニングもありましたね。いつもながらの絶妙なコース設定に感心いたしました。

日本橋両国さん
「軌間はかり隊」今回は大活躍でしたね。いろいろと敷設時のままなのかあらためてモニュメントで作ったのかいろいろ謎があって楽しいものでした。

次回は桜のお花見ができるかどうか、楽しみです。

おまけ
先日(3・5)の「噂の東京マガジン」、両国周辺の内容だったのでエンドロールも当然そのあたりの今昔風景でしたが‥‥。
キャプチャーの機械が使えないので画面を撮影したものですので解像度がいまいちですが‥‥。
一枚目の考証は疑問はあるのかわかりませんが、二枚目はなんともはや‥‥です。
↓こちらを
http://c5793.ebo-shi.com/ryogoku01.html

http://c5793.ebo-shi.com/


[14340] そのうち続きを話します  さっしい :2017/03/05(日) 23:23  

皆さん、オフ会のご感想ありがとうごいます。
寅さんの19番の写真は、やはり「吉祥寺門前の少し南」で合っていたようですね。
博物館では、ああして個別に解説を聴けるなら、もっと時間を取って中世あたりをじっくり勉強したかったと思います。

反省会では、かなり真面目に(?)鉄ネタ話をしましたね。
毎回思うのですが、酔った勢いもあって、あれこれ話題を投げるのですが、尻すぼみになったり、話が回収されずに流れてしまったり、中途半端になる場合が多いです。

そこで、今後は当掲示板にてフォローなどもしていきたいと思うのですが、皆さんからも「あの話をもう少し詳しく」などというリクエストがあればお寄せください。
「アノ話」の中身は鉄・非鉄を問いませんが…公開の場で語れる範囲内で。

リクエストが無くても少しずつ書くつもりですが、何を喋ったか忘れてしまうので…
終戦直後の都電の乗換券・運転系統、トロリーバスの路線名、横浜市電の京王線、生方さんの路面電車本の内容、東上線の海水浴列車、埼玉の都電6000形…等々?


[14339] オフ会御礼  マイク :2017/03/05(日) 22:03  

>>さっしいさん、オフ会に参加された皆さん
昨日はお疲れ様でした。

初めて乗った西武多摩川線、久々にN101系に乗れてよかったです。孤立していても西武線らしい雰囲気が十分に楽しめました。
白糸台で京王線乗換えのアナウンスに驚きました。
京王線の武蔵野台までは直線距離は短くても、歩くと時間かかりそうです。

郷土の森公園の6191、修繕中でしたが、ボランティアの方々には感謝です。
お昼ごろは日も出て暖かい一日でした。
博物館では学芸員さんの丁寧な案内に、武蔵野国の中心地だったのことを改めて勉強できました。

下河原線跡や6191は8年振りの訪問でしたが、
新しい発見があったりして面白いですね。
東京競馬場駅跡の矢崎町防災公園で眺める南武線の電車が、
E233系にすっかり変わりました。
前回訪問時は中原電車区の205系はバラエティに富んでました。

>>寅さん
西武の写真ありがとうございました。

>>831列車さん
貴重な資料、美味しいおやつありがとうございました。

>>電気ブラブラさん
干し梅ありがとうございました。

>>日本橋両国さん
反省会の幹事ありがとうございました。
貴重な資料ありがとうございました。

>>さっしいさん、6181さん、電気ブラブラさん
反省会では東京電車道についてのアドバイスありがとうございました。

それでは失礼致します。

http://www.ne.jp/asahi/mike/hp/index.html


[14338] オフ会御礼・写真の件で訂正  6181 :2017/03/05(日) 21:15  

>>さっしいさん、日本橋両国さん、オフ会参加の皆様

青空のもと、府中を堪能して、すがすがしいオフ会でした。
郷土の森博物館で5万年分の解説を聞いた割に頭が混乱しなかったのは、
学芸員さんの力量に加え、そもそも展示そのものが整理されていたんだなと気づきました。
反省会では昭和21〜22年の都電の話に目からウロコでした。
またよろしくお願いします。


>>寅さん

写真の場所、自説撤回します。確信をもって間違いを言っておりました。申し訳ありません。

現地を見ましたら吉祥寺前が正しいようです。
吉祥寺の山門の真向かいあたりから100mm程度のレンズで撮られたと結論付けました。
信号と横断歩道が写真奥側につけかわっていますが、
左側の四軒並びの町屋のうち両脇三軒が現存するようでした。
(一番目立つ畳屋はマンションになっていました。)
写真をご覧になっていない方、すいません。

一里塚もかつてよく似た雰囲気だったのですが、現地は微妙に会わないところがあり、
ちょうど地元の方がいらしたので写真を見ていただいたら、「違う。畳屋はなかった。」
あっさり自説は撃沈しました。

思えば、同じ道幅に古い町屋が並んでいたら同じように見えますよね。
19番の沿線には結構そんな町屋が残っていたんだなと改めて思いました。


[14337] オフ会御礼  日本橋両国 :2017/03/05(日) 20:34  

>>さっしいさん、掲示板のみなさん。
昨日は楽し時間を過ごさせて頂き、ありがとうございました。 

風に冷たさがありましたが、
富士山を背後に多摩川を渡る南武線・武蔵野南線の貨物列車に見入ってしまいました。

8年ぶりの訪問。都電6191も定期的に補修がされているようで、
保存会の方々の尽力に頭が下がります。

今回は計測班の出番が3回。
そのうちの2回が、1370o(公園)と1067mm(下河原線跡の途中)で嬉しい限りでした。
残りの1つ(国道20号線脇小公園)が10mm近く広いイカサマ。
8年前のオフ会訪問時の手元メモにも、「これはウソゲージ」と走り書きをしていたのを帰宅後みつけました。

反省会。皆様のご協力により、無事にすみました。
至らぬことも多いと存じますが、引き続きご支援ください。

>>831列車さん
休憩のおやつのご準備、ありがとうございました。
また頂いた資料、帰宅時の車内で掲載駅(四街道・佐倉・成田)近接の際にシミジミ読んでおりました。

春は近づいているとは言え、気温差が大きい日々が続くようです。
みなさま体調にはご留意の上、また次回のオフ会でお会いしましょう。



[14336] オフ会温冷   :2017/03/05(日) 16:43  

さっしいさん みなさん こんにちは

さっしいさん
 昨日はお疲れ様でした。風邪などぶり返し邸にでしょうか?

坂下さん
 お世話をおかけしっぱなしで教職です。どうか、時間を作ってくださって、お会いしたいものです。

日本橋両国さん
 昨日も反省会のセットありがとうございました。

831列車さん
 美味しいおやつあり月ございました。

6181さん
 写真の場所の特定ありがとうございました。

電気ブラブラさん
 興味津々の情報またお聞かせください。

マイクさん
 ぼちぼち素で稼いで電車研究頑張ってください。

また、来月お会いできることを楽しみにしています。




[14335] 改めて両国附近(2)  新橋銀座 :2017/03/05(日) 00:33  

<[14314](2/26)の続きです。>

議事録中の「日本橋区元柳町道路取拡の件に関する質疑応答 」、一部だけ引用します。

▼以下引用▼

○23番 横山曰
本員は 此取拡を来年度迄延期し 芳町より濱町に至る路線の内
濱町1丁目より 大川端に出づる処未だ改正せざるにより 本案に代え実施せんと欲す
其経費も 概算にて5萬円とのことなれば 2萬円程を剰ます彼の両国の架橋は
継続にて4,5年を要するものなれば 今此の取拡をなすの必要なかるべし
或は 將来地価騰貴の虞ありと唱うるものあるも 或は 独り此の地に限らず何処も同じことなり
然るに 濱町の方を実施するときは 独り日本橋区の交通を利便ならしむるのみならず
新橋より銀座通りを経 大川端迄一貫し 深川本所其他一般の交通上利便少なからざるべし

○2番 石垣曰
番外に問う 23番の説もありしが 元柳町の取拡げは 両国橋を架するに必要なる為めか
將た 架橋に付き開設し置かん との意なるや

○番外 阪本曰
其辺は常務委員会に於ても議論ありたり 両国架橋は23番の陳べられしが如く
数年に渉るものなれども 架橋の声高まるに従い地価昴騰の恐れあるにより
予じめ買入置くを得策とし 且つ 橋台工事にも関連あるものなれば 旁茲に提議したる所以なり

▲引用終り▲

わかる範囲で補足しますと、
23番と2番の委員は東京市会議員、番外の阪本幹事(阪本ソ之助(さんのすけ))は内務官僚ですが、
この時の肩書は東京府書記官。余談ですが、この方は永井荷風の叔父に当たるひとなんですね。

23番が、「代わりに先行させるべき」、といっている 
<芳町より濱町に至る路線の内 濱町1丁目より 大川端に出づる処> とは、旧設計の 

第3等 第17 
北鞘町より 本船町通り 荒布橋 親慈橋 小川橋等を経て 濱町1丁目大川端に至る (10間幅)

のうち、人形町から東、隅田川端に達する道路のことで、
逓信省の地図(明治28年7月調査)によれば、まだ道らしい道ができていませんが、
その後明29〜32年度にかけて住吉町、浪花町、久松町、そして濱町の一部の取拡工事が進んで、
一番東寄りの区画のみ取り残されている状況です。なお、この道路の途中にある小川橋は、
拡築済の区間内にありますが、この審議が行われた時点ではまだ改築前だと思います。

ご存じのことと思いますが、日本橋区地図(明治28年7月調査)は下記のサイトで見ることができます。
東京23区特別区協議会の資料サイトで、当時の東京15区について夫々
明治20年代末と40年代中頃の地図を比較できるようになっていてとてもありがたいです。

ttps://www.tokyo-23city.or.jp/base/archive/2_tokyo_15_top.html

で、この場所は大川端に出てから川沿いに両国へつながる経路で、
街鉄第1期線の内の周回線を構成する路線の一部に該当しますね。
なお、「人形町」という町名は議事録の中に出てはきますが、当時は正式な町名ではなく地図上には見当たりません。
該当する交差点は芳町、元大阪町、住吉町に囲まれています。


さて、「補足」が長くなりましたが、ここからが本題です。
阪本幹事は、2番の質問に対しての回答の中で、新両国橋完成よりかなり前に道路を開設する理由として、
1.新橋開通が近づくにつれての地価の高騰、2.橋を建設するのに必要な橋台工事のため 
を挙げています。

「(4)両国新架橋橋台取設費」の方の質疑の方はここでは引用しませんが、
質疑の中では、この時点でまだ予算審議されていない川向の道路拡築の話が話題にされています。
橋台建設のために東岸側の道路も必要だが、予算の不足からやむなく今期は計上できなかったと。

要するに新両国橋を建設するために予め道路の開設が必要なわけです。この西両国の場合
開通までの交通は、新規開通道路に依存させる必要はなく、旧道、旧橋によればいいわけですから、
新たに開設した道路のスペースは、単に橋台を作るためだけでなく、
橋梁の資材の運搬のほか、資材置き場、工事準備作業用としても格好の空間を提供しているといえるでしょう。

新両国橋の建設過程のちょうどこうした時期に電車線路の敷設が重なってきているわけですが、
基本特許としては、将来新両国橋完成後を踏まえての表現となるにしても、
新両国橋の架設が成る前に電車線路を敷設するとなれば、その場合は、新道ができていたとしても、
便宜旧道を通す、というのはごく自然な成り行きではあるでしょう。
架線なんかも、あれば工事の都合上邪魔でしょうね。

ただ、それならそうで、そうした理由が盛り込まれた文書があってしかるべきなんですが、
どうもそれが見当たりません(茅場町のケースは便宜的な許可であることがはっきり判るようになっています。)

ただ、新両国橋の竣功がいつかというと、「新聞集成 明治編年史 第12巻」には下記記事が収録されていて、

「両国橋架替竣工す [M37.11.13 東朝]
明治34年より其改築に着手したる新両国橋は、爾来三年三ヶ月の日子を費し築造工事全く成り、
昨日を以て盛大なる開通式を行いたり。(下略)」

これが正しければ、開通式(開橋式)は明治37年11月12日。
橋上を電車が通るのは明治38年6月3日とされているので、このラグはどういう理由によるのでしょうか。
勿論川向の道路拡築事情のこともあるわけですが。


実は、昨年この話題の冒頭で紹介させていただきました街鉄が陸軍省に提出したと考えられる地図ですが、
その後防衛省の史料閲覧室に行って見てきたのですが、現物は、多色刷りの結構鮮明なものでした。
第1期線と其の他の予定線とは赤と緑で色分けされていて、いろいろ新たに判ったこともあります。

内務省認定の街鉄第1期線は、その定義の文言からは、旧道を通るものかどうかは判断できないですが、
柳原の新道、旧道分岐位置から先、新道経由新両国橋−亀澤町方面は緑色、旧道経由で米澤町−濱町方は赤色で
記されています。
この地図からはこの第1期線の認定段階において旧道経由が想定されていたことがうかがえるように思います。
地図の事はまた改めて述べたいと思います。


[14334] 濃い内容も、よろしくお願いします  さっしい :2017/03/04(土) 23:40  

>>新橋銀座さん

お気遣いありがとうございます。
朝までは声も出にくかったのですが、せっかくの機会なのでまた駄弁を振るわせて頂き、かなり回復したようです。
風は思ったより冷たかったですが、程良い早春散歩日和でした。
反省会では、今日はちゃんと都電の話をしましたよ。

他の方の投稿のことは、お気になさらずとも構いません。
最近はオフ会のやり取り以外、あまり話題が盛り上がらず寂しがっています。
都電をはじめとして、様々な話題をご提供いただけると有難いです。


[14333] (返)> [14318]  新橋銀座 :2017/03/04(土) 22:32  

>>さっしいさん

さっしいさん、すっかり回復されたようで、またオフ会の方も楽しかったようで何よりです。


>当掲示板の構造上、仕方ないとは言えますが、せっかくのご論考がオフ会告示等によって中断されてしまいますね。あしからず。

これは当然のことですね。それより <以下続く> などと書いてそのままにしておくと、
次の投稿者に投稿を控えるような圧力を与えることになりかねませんね。申し訳ありません。

続投は少なくとも日曜日中に、と思っていたのが予定外の家事が入ってしまい、
そのまま今日まで、となってしまいました。

>お気になさらず、続きもまた進めて頂ければと思います。

有難うございます。
私にとって投稿は、頭の中でいろいろとごちゃごちゃした情報や考えを整理するよい機会なんですが、
いつも整理しきれなくて、むやみに長くなってしまってます。
ただ、あえて内容に幅をもたせている面もあって、主題に拘らずどんな事項でもいいので
皆さまからご意見、情報などお聞かせいただければ幸いです。
本題の「改めて両国附近(2)」は改めて投稿します。


[14332] とりあえず御礼  さっしい :2017/03/04(土) 21:38  

<帰りの車中より>

今日は病み上がりなのか、まだ病み中なのか、少しふらつきながらも、三週間ぶりに長距離を歩くことができました。

都電6191はもちろんですが、西武多摩川線も梅林も博物館(のお姉さん)も、下河原線跡も良かったですね。
だらだら歩きもあったので距離は少し長く、皆さんお疲れさまでしたが、楽しい一日を過ごすことができました。ありがとうございます。

反省会も落ち着いて濃い話ができて、とても楽しかったです。日本橋両国さん、ありがとうございました。
831列車さん、電気ブラブラさん、美味しいおやつをごちそうさまでした。

来月以降もまた、よろしくお願いします。
4月の候補日は、8日、15日、22日あたりですが、8日の可能性が高そうです。予備日は22日かな?


[14331] 遠足日和かな?  さっしい :2017/03/04(土) 10:00  

>>オフ会にご参加の皆さん

中央快速線、多少遅れていますが(現在3分程度)たぶん回復するでしょう。
一応ご連絡まで。

では、本日もよろしくお願いします。


[14330] ひさびさのオフ会、よろしくお願いします  さっしい :2017/03/03(金) 23:07  

では明日のオフ会、よろしくお願いします。

春らしい穏やかな天気になるようです。
野外の昼食も気持ち良さそうですね。寒くなければ多摩川べりでも。
ただ、花粉は「非常に多い」そうです。お気を付けて。

たまにはゆっくり、梅園や古民家や博物館なども見学したいと思っています。


[14329] 見なかったことに…  さっしい :2017/03/02(木) 19:36  

あらら…プログラムをいじって修正していたら、今週土曜の午後7時に交換されるはずの次回のトップ画像が、本日30分間ほど表示されてしまいました。
ご覧になってしまった方は、記憶から消し去って下さい。
そして二日後に、何事も無かったかのように…お願いします。


[14328] 体調不充分なれど、オフ会は実施できそうです  さっしい :2017/03/02(木) 13:21  

どうも自身の体調が完全には回復していないのですが、11日に延期するのも天気が不明ですし、4日は何とかなりそうなので、オフ会を実施したいと思います。
3月もまだ上旬なので、風は冷たそうですが、梅の香り漂う中で野外昼食を楽しみたいですね。

ご参加予定は、日本橋両国さん、831列車さん、寅さん、マイクさん、6181さん、電気ブラブラさん、さっしい…以上7名ということで。
日本橋両国さん、反省会は府中でお願いしたいところですが、もし無ければ新宿でも構いません。
おやつは有志でお持ち寄り頂ければと思います。よろしくお願いします。

きつねさん、赤電・青電さん、今回は残念ですが、来月以降またよろしくお願いいたします。
赤電・青電さん、お大事になさってください。


>>マイクさん

下北沢には今も中間改札が無いんですか? それは意外でした。
ICカード導入とともに、他社との間には全て境界を設けてしまったものと思っていました。
もしかしたらJRと民鉄の間は厳しくても、民鉄同士は緩いのかも?


>>6181さん

王子界隈の件、ありがとうございます。
三線区間は王電の編入時に既に存在していたようですが、王電25年史にある飛鳥山下〜王電王子の「単線待避線」(昭和14年開通)がそれに相当するのだと思います。
駅前電停側から、どちらへも進入できるポイントが戦後まだ残っていた頃の写真を、どこかで見たようにも思います。

事故防止線については江本さん(ピク誌)の受け売りなのですが、5月までに全車に施したのに4月からは新塗装化開始。そしたら要らなくなっちゃったみたいですね。
局の方針が右往左往しているというより、自動車の軌道敷内通行許可への対応に追われていた実態が現れているように思えます。
それ以前(昭和25年頃)にはバンパーに「CAUTION」(接近注意札)を付けたものの、全車に付け終わった頃に廃止。
新塗装化後はまた菱形の反射テープ(スコッチライト)を貼るようになりますし、それは晩年まで残っている車輛もありましたが、結局はこれといった決め手が無かったのかもしれませんね。


>>電気ブラブラさん

「微妙」シリーズを評価して下さって有難いです。
本来、鉄道が小さくしか写っていなかったり、多少のピンボケや手ブレがあったりで、永遠に公開しないだろうと思っていた写真を冗談半分で補正して発表してみたのですが、解像度を上げ、シャープを強めにかけてみると、それはそれでまた面白さも出てきたようです。
当初は昨年内だけの繋ぎのつもりでしたが、もう少し続けてみるかもしれません。


[14327] 3月オフ会参加表明  電気ブラブラ :2017/03/02(木) 02:01  

>>さっしいさん

夜遅くに恐縮です。改めまして、3月オフ会にフル参加したく、
よろしくお願いします。4日でも11日でも、調整をつけました。

ところで今週のトップ写真、自分も美術的な印象深さを感じます。
以前、外国の写真家のポートレートで、敢えてモノクロで逆光、なおかつ
コントラストを効かせた作品を、たまたま鑑賞する機会があったのですが、
被写体の顔は影になって真っ黒なのに、ニヤリと笑った歯だけが光線の反射で白く
輝いているという、強烈なものでした。



[14326] 王子のことなど  6181 :2017/03/01(水) 22:00  

3月のオフ会、予備日を含め参加希望です。よろしくお願いします。

>>さっしいさん

「事故防止線」の解説ありがとうございます。
見慣れない裾帯、自動車の軌道敷内乗り入れが許可されて以後かと思ったのですが、
その前からなのですね。
1000輌以上に凝った細工を施したわけでしょうから、案外に凄いことですね。


さて王子北側の渡り線、確かになにもない道路の真ん中でした。
閉塞システムのない鉄道なんてまず考えられないのに、路面電車はそうではない。
当然のように思っていたのですが、言われてみれば、画然と違うのですね。

これ、「汽車」と「電車」では出自が全く違うということでしょうか。
市内電車は馬車の後継でよかったのに、蒸気鉄道はそうではなかった。
蒸気鉄道って、登場当初から、人間が五感で扱えるスケールを超えていた、
といったことになりましょうか。
産業革命=保安システムの出現、みたいな見方もできますね。


王子でもう一つ。
三ノ輪側の19番の折返しも楽しいものでした。
ホームを出た空車は石神井川側に迂回するように3線区間の左端を通り、
彼方、紙の博物館の手前で右に戻って、中線に折返し、発車待ちの列に加わる。
そして、ブザだったかベルだったかの合図で、先頭の一輌が
反対側のホームの後ろの方に入ってくるのでした。
(乗り場は27・32・19の順で分かれていました。)

この3線区間、左に迂回する三ノ輪方の本線と中線との間に枕木が残っていて、
過去には分岐があって、ホームから中線にまっすぐ入れたのが、ありありと分かりました。
成書にある、鉄道線のような信号機も、使われないまま残っていました。
(現示は色灯ではなく、縦線、横線、×だったかと思います。)
この進路、いつまであって、どのように使われていたのでしょう。
忘れていた疑問を、久しぶりに思い出しました。


追伸

トップ画像、いい写真ですね…。
写真としても迫力がありますが、先頭が意外に角ばって平たかったり、腰が低かったり、
NSEの特徴がよくわかります。
なんというか、こんなに「電車離れ」した四角くないもの、今は作らないですよね。


[14325] オフ会参加表明  マイク :2017/02/28(火) 22:03  

さっしいさん
こんばんは。
3月4日のオフ会参加致します。

予備日も参加可能です。

>>下北沢駅
今も中間改札はありません。
乗り換えには5分ほどかかるようにはなりましたが・・・。
勝手な推測ですが、今までが中間改札が無くても運賃計算されるように設計されていたでしょうから、
新たに中間改札を設ける場合は、システム改修が必須になるから避けたのかもしれません。
お金かからないならそのままでいいじゃん!みたいな(^ω^;)

http://www.ne.jp/asahi/mike/hp/index.html


[14324] 今回は残念です  赤電・青電 :2017/02/28(火) 08:52  

さっしいさん みなさん

3月4日は昨年より予定されている行事に
参加しますので、オフ会は不参加となります。
土曜日に1週間ぶりにウオーキングをしたら
足を痛めてしまいました。時速6キロで歩きました。
オフ会の歩行スピードは、ちょうどいいですね。


[14323] なにか…   :2017/02/28(火) 00:49  

さっしいさん

 なんだか…今年は1ヶ月ずれているようで…


[14322] 参加できず残念  きつね :2017/02/28(火) 00:26  

さっしいさん

体調回復されたようで何よりです。
iPhoneからなので手短になりますが、遠方への出張予定があり今回はオフ会に参加できません。
4月は町会の総会等の行事があります。重ならなければ参加したいと思います。



[14321] オフ会、何とか実施できると思いますが…  さっしい :2017/02/27(月) 22:15  

どうもまだ完全復活ではないようですが…まぁ4日は大丈夫だと思います。
今回は「ドタ延」は無いと思いますが、一応前日まで気にしていてください。

>>寅さん
オフ会よろしくお願いします。天気は良さそうなので何よりですね。
でも3月4日は旧暦の2月7日ですから、新年会とは関係ないのでは…?


[14320] 桜はまだ会な 旧暦新年会参加希望   :2017/02/27(月) 20:42  

さっしいさん みなさん こんばんは

バス一本で行くオフ会 参加希望します。

ロト6、また2つしか的中せず、心なしか沈んでおりますが、土曜日は天気も回復基調のようですので、たまには多摩でお遊びください。


[14319] 昭和初期  さっしい :2017/02/27(月) 08:47  

>>昔のファンさん

「大正期」と聞くと、自分などは震災前の「パイノパイノパイ〜♪」といった活気のある社会を想起するので、震災と復興と世界恐慌で疲れた感じの昭和初期とは一線を画すようなイメージがあります。

たしかに、写真の市電はダブルポールですね。
ダブル架線のシングル化は、震災前から月島線などで試験的に実施されていたようですが、全線への施行計画は震災にて中断。
改めて昭和に入ってからの復興期に、次々と進められていったようですね。
主に周辺部の末端区間から始められ、中心部の銀座通りを含む日本橋・三田間が単線架空式になったのは昭和7年10月15日のことだそうです。

2.26…特にその周囲の動きや世の中の雰囲気(恐ろしさ)は、子供の頃『次郎物語』を読んだ際に感じられました。


[14318] まとめレスにて失礼します  さっしい :2017/02/27(月) 08:19  

>>坂下国郎さん

都電7000形、盛り上がっているというか、盛り上がらせようとしていますね。
「あの姿」では、自分にはもう(40年前から)愛着はありませんが、ほぼ同世代として、やはり感慨深いものはあります。
特に「下回り」がずっと現役だったという点は、あやかりたいものでした。

『鉄道ファン』はいち早くゲットしましたが、年内にでも毛呂あたりへまた行ってみたいです。
吉原は…遠いので、東京の「新吉原」あたりにしておきましょうか。

それにしても、せっかくあちこちに辛うじて残っている、5000、6000、5500、7000、8000、7500、新7000、新7500…かき集めれば立派な「都電保存館」ができそうなんですけどねぇ。
ここはひとつ百合子サマを誘惑して…って、誰が「尊い犠牲」になるのでしょう?


>>マイクさん

下北沢駅のお話、ありがとうございます。
帝都電鉄は元々小田急系だったせいか、同社線同士の乗換のような感覚の駅で、中間改札もありませんでしたね。(あったけど普段は駅員がいなかったのかな?…拝島と同じように。)
中学や高校の帰りに小田急に乗りたくなると、新宿から京王線の定期券で下北沢・明大前経由で帰ったことも何回かありました。

昔は私鉄同士…に限らず国鉄と私鉄の乗換でも便利な駅が多かったんですが、高架化・地下化や改札の分離が進んで、下北沢・大和・武蔵小杉・武蔵境…どこも不便になってしまいましたね。
京急の横浜駅も、品川寄りの跨線橋を使うとそのまま国鉄ホームに繋がっていて便利でした。


>>新橋銀座さん

当掲示板の構造上、仕方ないとは言えますが、せっかくのご論考がオフ会告示等によって中断されてしまいますね。あしからず。
お気になさらず、続きもまた進めて頂ければと思います。


>>831列車さん

ご紹介の歴史館はコース設定中にふと頭をかすめましたが、土曜開館になったのは知りませんでした。
今回自分は、集合前だと時間的に無理でしょうが、いつか行ってみたい所ですね。
実は別のオフ会コースとして小金井公園とセットで考えてもみたのですが、今のところは花小金井案が優勢です。

今回、旧麻布区役所は一瞥するだけでUターンします。
武蔵境駅改札横の写真のご紹介ありがとうございます。皆さん、少し早めに行って眺めましょう。


[14317] 大正期の京橋写真  昔のファン :2017/02/27(月) 04:18  

>>さっしいさん

 また、記憶からの話です。

 昭和10年代前半、銀座・日本橋・万世橋は架線が単線だっ

た様に記憶くしています。写真では複線架線なので、昭和1桁

の頃ではないかと思います。昭和1桁は大正期と同じような

雰囲気だったようで一緒にされるように感じます。

 余談ですが、今日2月26日。今でも忘れない最初の記憶

は、2.26事件の大人達のちょっと緊張した空気です。




[14316] 梅はさいた会 参加  831列車 :2017/02/26(日) 21:52  

さっしいさん
復活おめでとうございます。梅もほころぶ時期になりましたのでまったり散歩もいいですね。

ところで先日、武蔵境へ所用があったので気付いたのですが、改札口横に「境停車場ものがたり」という立派な駅の歴史などの説明と写真のパネルが設置されています。鉄分たっぷりの写真が展示されていますので見逃さぬように‥‥。
また以前お話ししていた「武蔵野ふるさと歴史館」(武蔵境駅から徒歩約12分 入館無料)が昨年12月から土曜日も開館になっていますので、早めにこられた方は見学などいかがでしょう。中島飛行機関連の展示もあります。

今回の東京マラソンの新コース、もし都電・市電でたどったらどれぐらいトレースしているのかを調べてみるのも面白いかな、などと思いました。

http://c5793.ebo-shi.com/


[14315] 【 3月のオフ会 】(やっと復活?)  さっしい :2017/02/26(日) 20:34  

今日は16日ぶりに外へ出ました。昨日まではずっとパジャマ生活で。
風邪の後遺症(?)は何とか治まったようですが、まだ少し咳は出ます。
遅くなりましたが、今週末(4日)のオフ会は何とかなりそうなので発表します。
3月なので、ひさしぶりに昼食持参の遠足にします。天気は大丈夫そうですね。
梅見にはちょっと遅いかな?(一応、梅まつり期間中のようです。)


 【 早春遠足:西武多摩川線・府中市郷土の森(都電6191)・下河原線跡歩き 】

  日時:平成29年3月4日(土)  ※雨天予備日:3月11日(土)
  集合:11時 JR中央線 武蔵境駅 改札前(東側のメインの出口)
  行程:武蔵境→旧麻布区役所→武蔵境⇒是政→郷土の森(昼食)
     →都電6191等見学→博物館見学→下河原線廃線跡→府中
  反省会:17時頃〜19時過ぎ頃 府中駅周辺にて?
  解散:19時半頃 京王線 府中駅  ※歩行距離:計6km程度
  費用:反省会 2500円程度? 電車IC 174円 博物館 200円

 ◎昼食および敷物を持参してください。
 ◎不確定要素もありますので、前夜または当日に掲示板をご確認ください。

 ☆参加ご希望は、3月1日(水)までにお願いします。


[14314] 改めて両国附近(1)  新橋銀座 :2017/02/26(日) 00:43  

>>さっしいさん 皆さん

前回の投稿の際、表題入力の際手違いがあり、失礼いたしました。

両国附近の件でいろいろと考えていることがあり、改めて投稿させていただきたいと思います。

路面電車は基本、道路上を走るわけですが、明治時代、路面電車の黎明期においては、線路の敷設を予定したほとんどの区間が、そのまま線路を敷設できる状態になく、道路の取拡、そしてしばしば新たな開設が必要だったわけですから、線路敷設の進捗の歴史を追いかけていく上では、該当する道路の拡築や新規開設工事がいつどのように行われたのか、を抑えておくことが非常に重要だと感じています。最初単線で敷設されたが、後に道路拡張が成って複線化、というケースもある訳で、その時期が不明なためそれを探る上でも、という意味もあります。
で、この目的からは、さしあたりはやはり「市区改正委員会議事録」の記述内容の把握となるわけです。実際、この中には陽に、陰に電車会社が絡む件名は非常に多数存在するわけです。この3年ぐらいの間、ずっと記述内容のリスト化を進めてきていますが、なにしろ膨大なので閉口しております。索引別巻がありますが、これだけでは全く不十分です。対象となる道路、橋梁、地区、イベント等が漏れなく検索できるようなリストを作りたいと考えてはいるのですが、、、、

まあ、大上段に構えたような話はこれぐらいにして、以下両国附近の話です。さっしいさんには先刻ご承知のことも多いと思いますが、説明の都合上もありご容赦ください。

●市区改正道路計画
須田町方から神田川沿いに柳原通りを進み、元柳町、新柳町を貫通させて新両国橋に至る道路は、明治22年5月公示の「旧設計」では 第1等 第2類(15間幅 両側歩道を含む、以下同様)で計画されていて、表現としては次のようです。

  第1等 第2類 第13 両国橋上流新架橋より 元柳町等を貫き 柳原通りを経て 昌平橋際に至る の路線 

表現上は東から西へ進む形になっています。なお、ここに登場する「昌平橋」とは、既存の人道橋昌平橋のすぐ上流、ほぼ現在の万世橋の位置に架橋予定の「昌平橋新架橋」のことで、明治22年5月公示の市区改正道路計画(旧設計)での路線表現の中では、一貫して「新架橋」をつけずに単に「昌平橋」と表現されています。この橋梁はその後明治33年5月に「筋違橋」と改称され、更に明治36年3月完成に際して「萬世橋」と再度改称される、という経過をたどります。
ここで「筋違橋」は「昌平橋」の別名とか慣用名として使われているのではありません。議事録の中では明治33年5月中旬以降、一貫して「筋違橋」が使用されていますし、東京府の行政文書などでもそうです。明治36年3月公示の「新設計」の中での表現は全て「萬世橋」に置き換わりますが、市区改正委員会で35年度中に行われた「新設計」の審議の中ではまだ、「筋違橋」が使用されています。


ちなみに、両国橋新架橋以東は 第2等道路(12間)としての計画で、

  第2等 第19 両国橋上流新架橋より 亀沢町通り 大横川新架橋を経て 横十間川新架橋に至る の路線

ただし、これらの道路は明治36年3月公示の「新設計」では、何れも第3等道路(10間幅)に格下げされて、次のような表現となります。

  第3等 第2 萬世橋際より 柳原通り 新両国橋に至る の路線
  第3等 第6 新両国橋外より 亀澤町通り 大横川新架橋に至る の路線

電車道としての両国附近を語るためには、本当は両国から隅田川西岸沿いに濱町にいたる区間の道路の経緯も必要なのですが、以下では元柳町、新柳町の貫通道路のことに限って話を進めます。


●元柳町、新柳町附近の貫通道路工事の経過

◆この区間の実際の拡築工事の記述として、市区改正委員会議事録上、最初に登場するのは下記記事ではないかと思います。

 議事録 第9巻 第135号 <明治30年4月9日開議> 83丁〜
 議第242号 日本橋区新柳町焼失跡道路開設の件

 火事後の処理に際して、市区改正道路予定地の部分を道路敷に編入し、将来の道路敷として空き地になっていたようです。
 「附図」として、「日本橋区新柳町焼失跡道路開設之図」が付されています。

◆本格的な貫通工事は 明治33年度市区改正事業 として実施したようです。

 議事録 第11巻 第162号 <明治32年10月30日開議> 96丁〜
 議第334号 明治33年度市区改正事業及経費概算の件

 俎上に上るメニューは次のようなものです。道路と道路の下水設備に関する部分だけ挙げます。

 第1款 道路 並 溝渠費
  第1項 道路改正費
  (1)日本橋区元柳町道路取拡費
  (2)神田区須田町道路取拡費
  (3)麹町区三番町道路取拡費
  (4)両国新架橋橋台取設費
  第2項 溝渠費
  (1)京橋区富嶋町下水新設費
  (2)下谷区坂本町3,4丁目下水新設費
  (3)深川区東森下町下水新設費
  (4)神田区須田町下水新設費


で、ここでの興味の対象は、(1)の「日本橋区元柳町道路取拡」と、(4)の「両国新架橋橋台取設」です。第100丁以降に本議題の質疑応答が 掲載されています。この審議が行われたのは明治32年10月30日、一方市街鉄道の特許付与に関する市区改正委員会での審議は明治33年5月のことで、まだかなり先の事であるので、この時点では本道路上に電車が通ることを想定して議論がされているわけではないと思いますが、東京市街鉄道第1期線開通当初、旧道に線路が敷設される理由を考える上で参考になるのではないかと思えます。

<以下続く>


[14313] 今週のトップ画像  マイク :2017/02/25(土) 23:58  

こんばんは。

>>さっしいさん
今週のトップ画像の下北沢の写真拝見しました。
今では地下駅ですが、地上時代の最後の方まで、写真と同じ様な雰囲気でした。
井の頭線との乗換えがとても便利でしたね。
井の頭線のホームから小田急線の下りホームへの連絡通路の緩く長い階段や、
日中でも薄暗い小田急線のホームは、他の駅にはない独特の雰囲気がなんともいえませんでした。
ただそれゆえにとても写真が撮りにくい駅でした。
あのホームの独特の雰囲気が色濃く出ていて、
まだ自分が生まれてもいないのに懐かしさを感じました。

元々小田急線が島式ホームで、帝都電鉄が開業してから小田急線の上りホームができてあの形になったんですよね。
あちこち階段があって、井の頭線に乗るはずが、
小田急の下りホームに出てしまったことがありました。

>>坂下国郎さん
7000形復刻バス応募しました。
ファンの特集記事、車体更新以降からの経緯や、
冷房改造や廃車の年月日まで記載されていたり、
冷房改造後の側面の方向表示の位置が海側山側で違う点など気づきませんでした。
イラストを描くのにとても参考になるいい記事です。

それでは失礼します。

http://www.ne.jp/asahi/mike/hp/index.html


[14312] 7000形関連で…  坂下国郎 :2017/02/25(土) 12:07  

さっしいさん、皆さん、こんにちは。

既にご存知の方々もいらっしゃるとは思いますが、7000形関連の話題を。

1.「7000形復刻バス」
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/toden/2017/toden_p_201702226048_h.html

2.「鉄道ファン」4月号の特集
http://railf.jp/japan_railfan_magazine/point/672/672-102.html


[14311] またもやテレビの時代誤認  さっしい :2017/02/23(木) 10:56  

日頃よく、831列車さんと話題にしている、テレビ東京『歴史の道 歩き旅』。
今朝は、やらかしてくれちゃいましたよ〜
今日は東京マラソンコースの内、京橋・銀座だったのですが…せっかくの貴重な写真を。
http://tcf.la.coocan.jp/images_2017/2017-02-23_000.jpg

「大正期の京橋」だそうですが…馬鹿言っちゃぁいけません。
市電は前面に系統板を掲示していますし、たぶん濃い緑一色の塗装。どう見たって昭和初期ですよね。
系統板は元画面では(不確実ながら)<32>に見えます。だとしたら昭和3〜6年の南千住の系統でしょう。

いつも思うのですが、どういう経緯で時代などが誤報されるのでしょうか。
この程度の軽い番組ではテレビ局が時代考証するとは考えにくいので、おそらく写真の提供元が誤データを付けたまま貸し出すのではないかと思います。
今回の絵葉書は「タイムドーム明石」…中央区立郷土天文館の提供だそうです。
区の公式機関にしては杜撰な時代特定ですね(濡れ衣だったらすみませんが)。
今回は、先日の王子の昭和34年か37年かという誤差よりも、もっと大きな問題だと思いました。

古写真を見て、自分には場所も時代も全く分からない場合も多いですが、この例は明らかに大きな手掛かりがあるので、それを活かしてほしかったです。
これから東京五輪に向けて、この手の東京紹介番組は増えてくるでしょうが、せっかくの良い機会なので、正しい歴史認識の目を育てて行きたいものです。


[14310] 王子の都電の時代考証  さっしい :2017/02/23(木) 10:46  

先日のテレビの王子の都電写真の件ですが、そろそろ結論に行きましょう。
http://tcf.la.coocan.jp/images_2017/2017-02-15_00.jpg

よく見ると6000形も3000形も、バンパーの両端に明るい横線が入っています。
これは江本廣一氏言うところの「事故防止線」のようで、反射塗料にガラスの粉末をかけたもの。
それが最初に登場したのが昭和34年1月で、最初は一部の車輛で試験的に始め、結局は全車に施すことになって5月までには完了したのだそうです。
…というわけで、時代としては金太郎塗の最下限、昭和34年の写真ということになりそうですね。

それにしても、せっかく手間とお金をかけて全車に施したこのラインが(クリームに赤帯の新塗装化で)すぐに不要になったわけで、局の方針には計画性があったのか無かったのか…
ただ、当時はそれだけ自動車対策に腐心していたということでしょうね。
車体色を明るくすることが最大の解決策になったのでしょうか。
ご存じのように、同年の10月から軌道敷内への自動車の乗入が許可になりました。


>>6181さん
「駅前広場向かい」には晩年、停留場は無かったんですよね?
折返し用の渡り線だけがあったということなのでしょうね。
鉄道線なら信号場を設けなければならないのかもしれませんが、軌道はその点アバウトで?

>>新橋銀座さん
他にも、この形(2ルート)の路線図を見たような気がします。(今ちょっと確認できませんが)
またお時間がありましたら、ご考察等よろしくお願いいたします。


[14309] 王子の渡り線  6181 :2017/02/21(火) 23:02  

駅前広場向かいの渡り線は赤羽線廃止までありました。
45年頃の昼下がりの記憶ですが、27番で王子で折返して車庫行きになるのが時々あって、
ホームから見えないところまで行って帰ってくるのを、まだかなまだかなと待ったりしました。
おすしさんのページに折返し中の写真がありましたが、
先月末でプロバイダがやめてしまったようですね。

三ノ輪方に折り返すにはそこしかなかったので、廃止後はどうするのかなと思っていたら、
たしか47年も夏を過ぎる頃に工事が始まって、今のあたりに渡り線ができたのでした。
19番が折返していた三線区間が撤去されたのもその時だったと思います。
台車から垂れた油でしょうか、レールの間に黒い小山がいくつか、空しく残っていましたっけ。



[14308] (  新橋銀座 :2017/02/21(火) 00:19  

>>さっしいさん

ご返答いただきありがとうございます。

『東京の電車道』に収録されている「明治38年1月1日付 毎日新聞の付録地図」をご紹介いただきありがとうございました。

『東京の電車道』は手許になく、この地図の存在も知りませんでした。
こうしてみると短絡ルートで記載されている地図がいくつも存在するわけですね。
これまでこれら地図の表現について何も議論がなかったのでしょうか?

東京市街鉄道が明治33年6月に取得した、須田町方から両国橋を渡って亀沢町方へ向かう路線の
特許上の表現は次の通りです(現代表記に書き換えています)。

No.2 神田佐柄木町に起り 柳原通りを経 両国橋を渡り 本所錦糸堀停車場に至る


明治22年5月公示の市区改正計画(旧設計)による当該区間の道路計画は下記資料で確認できます。

国立公文書館デジタルアーカイブ 「東京市区改正全図」
ttp://www.digital.archives.go.jp/das/image-l/M0000000000001721586

この資料から、この特許の経路は、元柳町に開設した新道を通り、両国橋新架橋を渡って墨東へ、
というルートだった、と考えるのが自然で無理はありません。

すると当初旧道を通るルートで開通させたのなら、特許の変更があったことになるのですが、
それを示す資料が見当たりません。この辺り疑問が解決できないままでいます。

以前、こうした経路変更は茅場町−霊岸橋と類似かもしれない、と書きました。
こちらは東京府の資料などから特許の変更などの経緯が割合明確なんですが、
両国の方はすっきりせず、頭を悩ませています。

今日はこの辺りで。


[14307] 今更ながら、日本橋両国  さっしい :2017/02/19(日) 20:30  

>>新橋銀座さん

昨年、そして今年のお正月と、日本橋両国(西両国)界隈の路線史について、緻密なご考察をありがとうございます。
新橋銀座さんの御説は充分にあり得べき内容でもあり、ただ、同意にも反論にも材料を持ち合わせず、そのままになってしまっています。

さて、以前から気になっていた路線図があり…話題にされている区間の双方(短絡線経由と新両国橋西詰経由)に路線が記入されているものです。
明治38年1月1日付、毎日新聞の付録で、『東京の電車道』にも収録されているのですが、これまでは不鮮明なもの(白黒の本文頁コピー)しか持ち合わせていなかったのですが、この度やっと原本を購入したので、付録のカラー版も入手できました。

乗換停留場記号が、新橋銀座さんの仰る「B地点」に記されていますね。
これがどういうことを表しているのか読み取り難いですが(双方併用は効率が悪く、過渡期なのか…)、とりあえず一周線の開業を急いだ…ということも充分考えられそうですね。
既にご存じかもしれませんが、ご参考になればと思いました。(部分・拡大・色補正あり)
http://tcf.la.coocan.jp/images_2017/2017-02-18_00.jpg

多少捕捉しますと、この時点では両国橋を通って本所区へ渡る街鉄路線は、予定線としての扱いです。
そうなると、これ以前の同地図では短絡ルートのみが描かれていた、そしてこの時点で、元の路線はそのままに、その年に開通する新線ルートを記入した…そんなふうに思えます。


[14306] 様々なアプローチが楽しいです  さっしい :2017/02/19(日) 19:54  

>>3501号さん

ご投稿ありがとうございます。
一昔前のこの掲示板のような雰囲気が、ほんの少し戻ってきた感があります。
最近はオフ会の事前事後連絡ばかりが続くという印象ですが、都電や鉄道一般について語り合うのは楽しいですね。

今回のテーマも、皆さんがそれぞれの視点からのアプローチで、都電写真を解析してゆく…楽しい流れですね。
3501号さんは6000形の転属記録から掘り下げましたか。
別のピンポイント特定要素もあるので、近いうちにお話ししますね。

架線の切断というのも貴重なご体験でしたね。
当時は駅前広場の向こう側あたりに渡り線があったのでしょうか。
昔の王子柳田あたりになるのかな? 晩年まであったのでしょうか。
緑の1000形…昭和37年…いろいろな証言が出てくるところですね。

ところで3501号といえば豊橋の都電ですが、赤電・青電さんは昨日、豊橋の「おでんしゃ」に乗られたそうですよ。


[14305] 王子の6249  3501号 :2017/02/19(日) 15:26  

王子の写真の6249号は、江本廣一さんのRM LIBRARYによると、
昭和27年10月8日入籍、駒込配属、昭和36年5月27日に
広尾に転属になっています。少なくても、撮影月日は、昭和36年5月以前です。
 記憶が正しければ、小学校2年の時(昭和37年)、岩淵1丁目より、27系統
にのり、荒川遊園地に、母と弟と一緒に、プールにいきました。帰りは、赤帯の
3000形の赤羽行きで帰って来ましたが、王子で降ろされてしまいました。
王子より、赤羽行きは、右折し、左折しますが、右折〜左折の部分で架線が切れ
垂れ下がっていました。赤帯3000形は、飛鳥山の坂を回送で登っていきました。
左折した先に渡り線があるのですが、そこに、緑の1000型赤羽行きが、待って
いました。冗長な文章だったかもしれません。 


[14304] 例外はあったのかもしれませんね  さっしい :2017/02/18(土) 11:17  

>>赤の32番さん

おひさしぶりです。コメントありがとうございます。

そうなんですよね。一般には昭和34年中に全車赤帯に塗り替えられたと、高松さんや江本さんも書いていらっしゃいますが、少数の例外はあったのかもしれません。
例えば『東京都電の時代』(大正出版)p.60に見られる門前仲町の4103は金太郎塗ですが、日付は昭和35年4月17日。
中には、更にもっと遅い例もあったのかもしれませんね。

ただ、このテレビ画像は19系統の2台が同じ装いですし、昭和34年まで…という可能性が高いように思います。
別の理由は、また後で。

自分にも、金太郎塗の、はっきりとした「記憶」はありません。


[14303] 王子駅の金太郎  赤の32番 :2017/02/18(土) 06:36  

ご無沙汰しております。
小生、昭和32年王子の生まれで、最も古い記憶は昭和36年頃ですが、
19番、27番、32番の金太郎塗りと6000形は見た記憶がありませんので、
写真は少なくとも昭和36年より前だと思います。
ただし、母に連れられて19番で須田町付近を通った時に、薄汚れた
金太郎を見た記憶があります。(24番?)
それが昭和34年だとすると、小生2歳の時になってしまうので、
一部の車両の塗り替えは昭和36年頃までかかったのではないかと
思う次第です。


[14302] 応召御礼  さっしい :2017/02/17(金) 22:27  

>>6181さん

反応ありがとうございます。
(飯能は今や、横浜・中華街から直通ですが…3月から座席指定特急も走りますね。)

さて王子さまですが…時代考証はいろいろな経路からアプローチできるんですよね。
都電の金太郎塗は、6000タイプが昭和26年から、旧型タイプは32年からのようです。
そして終了は、映画『続・三丁目の夕日』でも分かる(?)ように、昭和34年。
ラストの日本橋で、クリームに赤帯の電車がチラッと登場しました。

そしてトロリーバス。自分は当初、それには気付きませんでした。
さすが地元の方は鋭いですね。池袋線の開業は昭和32年1月12日だそうです。
以上のことを考え合わせると、まず、昭和32年1月以降・34年まで…に絞れますね。

他の推定法もあり、また、かなり絞り込める要素も存在するので、いずれまた。
皆さん、他に手掛かりとなりそうなものは?
何にせよ、テレビ局が自信を持ってはっきり表示した「昭和37年」って…?

王子駅、自分はむしろ、昨年皆さんと御一緒に利用するまで「北口」の存在を知らなかった程です。
昔から、都電乗場に出るガード下の口と、飛鳥山への跨線橋に出る口だけだと思っていました。


[14301] 応じます  6181 :2017/02/17(金) 21:54  

さっしいさん、おかげんいかがでしょうか。

当方も先週3日ほど熱を出したのですが、その間に体重が2kg減りました。
普通に食べたつもりでいたのですが、びっくりしました。
風邪をきっかけに喘息になる、なんて話も聞きます。皆様ご自愛ください。


さて王子の話。既出でしたらすいません。
トロリーバスの架線がありますから金太郎の末期のようですね。

しばらく見て、京浜東北線のホームが見えないのに気づきました。
この時代、ガードの南側までだったのでしょうか。
北口がなかったとすると、ガード下の狭い改札は大混雑だったことでしょう。
ガードの向こうに家が見えますが、3〜4年後には道路拡張で立ち退いたのでしょう。

林立する電柱とか、パチンコ屋とか、私の知っている昭和40年代の王子駅とはだいぶ違います。
王子駅って、昭和を通して結構変わり続けたのですね。再認識しました。


[14300] オフ会中止の確認  さっしい :2017/02/17(金) 21:35  

今回は個人的にご連絡を取っていませんので、最終確認です。
18日(土)のオフ会は中止になりました。

次回は3月4日(土)の予定。雨天予備日は11日(土)。
遠足バージョンで、昼食持参で午前中から…というつもりでいます。

詳しくは、もう少し後で。
4日あたりは、まだ寒いかな?


[14299] 18日、横浜市電はいかが?  さっしい :2017/02/16(木) 20:31  

元気なんだけど、18日は行く所が無くなっちゃったという方、横浜市電はいかがですか?
http://www.shiden.yokohama/news/

市電保存館がリニューアルしました。
そして今月から講座も始まっているんですが、特に今週は市電の研究に熱心な岡田直さんが講師です。
「横浜都市発展記念館」の調査研究員さんで、個人的にも面識があります。
ただ、横浜の地理や歴史と市電の関係、都市の発展と路線の歴史などについては詳しく語られるでしょうが、「電車」そのもの…例えば車輛の来歴だとか、車体の変遷とか、運転の歴史とか、そういうお話はなさらないと思いますので、念のため。

マンマンがいち、18日の朝に自分も元気ビンビン戻っていたら、参加してみるかもしれませんが…病み上がりにいきなり、人の多い狭い空間は、やっぱり無理かな?


>>831列車さん

いつも、琴線に触れるところを突いてきますね〜
自分はそういうのに弱いです。
831列車さんが女性だったら、惚れちゃうかも?
い、いや、性差別はいかんか…

歩き旅、今週はまだ見とりません。
他にもいっぱい録画が溜まって…とりあえず見るのは、ERからかなぁ?


[14298] オフ会未成線の旅をいつか  831列車 :2017/02/16(木) 19:38  

さっしいさん
少しずつの回復傾向、なによりです。なあに掲示板に書き込む元気があるのだからもう大丈夫!
‥‥と思っていたら油断大敵火がぼうぼう(って昔言ったよなあ)お体ご自愛下さい。

鉄道にも未成線があるように、オフ会にも「計画は直前まで進んだものの、ついに開業には至らなかった」という幻の回があるのですね。いつかその未成線を再び開業させたいものです。オフ会記録を作る際はせめてこの回も表に入れてもらえれば‥‥。

秋本さんのが普通の人の「歩き旅」なんだよなあ‥‥。「歴史の道」とは違う普通の旅だけど(ボソッ)Fコンビの旅は‥‥。

ミニ情報
TADAさんのところでも紹介されている板橋城北交通公園のD51とベビーロコ(偽東武1号)はともにシートをかけられた塗装整備中です。3月には完了するとのこと。東品川公園の西武7号(ピッツバーグ)機関車は再整備されきれいになっています。ただし露天展示に変わったので今後が心配です。

http://c5793.ebo-shi.com/


[14297] 往時の王子に応じる方は…?  さっしい :2017/02/16(木) 18:28  

解熱剤で少しは楽になりました。

さて、facebookの方で先日話題にさせて頂いたのですが、皆さんもお楽しみ(?)ください。
例によって、テレビ局さんの杜撰なお仕事…(誰に責任があるのかは分かりませんが)
先週10日(金)のテレビ東京『昼めし旅』より、王子の都電写真。
http://tcf.la.coocan.jp/images_2017/2017-02-15_00.jpg

さぁて皆さんは、どうご覧になりますか?
何か、ひとこと言いたいのでは?
(facebookご参加の方もコメント下さって構いませんよ。)

元の番組ではこの日、さんまと大竹しのぶの娘(名前が覚えられない…)が早稲田〜王子を歩きました。
明日(17日)は後半の、王子〜三ノ輪橋を歩くようです。
※都電自体を取り上げた番組ではありませんよ。


[14296] 2月のオフ会は中止します  さっしい :2017/02/16(木) 17:19  

皆さん、いろいろご意見をありがとうございます。
Windy 41さんも、お心遣いありがとうございました。
なんでこんなに長引くんでしょう。咳と微熱だけが、ダラダラと…
回復期に入ったと思ってからが、長い長い。
…ん?単に歳のせい?

そういうわけですから、では、18日の(つまり今月の)オフ会は中止とさせて下さい。

831列車さん、今年は始まって早いうちにもう「12か月制覇」が途切れちゃいましたね。

このところオフ会については「3〜5月・9〜11月」を「大運転」と考えていて、できればお弁当持ちの遠足にしたいと思っています。
3月などはまだ雪も降ったり、野外食には寒すぎる場合もありそうですし、逆に9月は残暑厳しいですが。
「6〜8月・12〜2月」は猛暑・酷寒期なので「小運転」。基本は午後のお散歩程度で。

…と書いてきて、頭はフラフラ、咳は苦しいので、一旦失礼します。
それ以外の体と気持ちは元気なんです。
…あ、でも「それ以外の体」といっても…全く自信の無い部分も。

真面目な話、この療養中に何か「悟りを開いた」みたいな境地になって、今は、やる気に溢れているんです。
もちろん、鉄道(特に都電)関連の研究とか当サイトの充実などについて…ひさしぶりに前向きです。

ん〜、でも苦しい〜


[14295] お見舞い申し上げます。  Windy 41 :2017/02/16(木) 08:17  

いつも突然にて失礼いたします。
先般は過分なお言葉をいただき、誠にありがとうございました。

さっしい様の体調が何日も思わしくないと伺い、陰ながら案じております。常盤台にお見えになれなかったことは残念でした。

具体的に何かができるわけではなく、かえってお騒がせかもしれませんが、今は無理なさらずご養生に努め、元気を取り戻せますよう、心より祈念いたします。

3月は他の場所を予定なされているとのこと、少し淋しい感はありますが、皆さま方のオフ会が今後とも充実した活動でありますよう。

ご自愛くださいませ。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

処理 記事No 削除キー
- LightBoard -