ぽこぺん談話室
[ぽこぺんトップ] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧掲示板ログ] [管理用]

名 前
メール
題 名
リンク 削除キー
内 容

[17125] まだ謎が残る砂町線  さっしい :2023/01/26(木) 09:39  

>>砂町錦糸堀さん
地元ならではの貴重な思い出を、ありがとうございます。
水神森の渡り線については、昭和17年の市営化後すぐに39系統「水神森〜大手町」が設定され、その際には大いに使用されたと思われますが、それも翌年には「錦糸堀〜水神森〜洲崎」に変更されてしまいました。
水神森折返しの正式な運転系統が設けられていたのは、その1年程度だけだったということになりますね。

ついでながら、戦後(昭和21年5月)同区間(錦糸堀〜水神森〜洲崎)が、まず28系統として復旧したように記される資料があるのですが、傍証が無く、断言できずにいます。
正規の28系統のルート復旧(21年12月)の後は、南砂町あたりの区間は再び運休となり、38系統開設(24年9月)まで待つことになります。


[17124] 砂町線あれこれ  砂町錦糸堀 :2023/01/24(火) 20:00  

>>さっしい様 皆様
 さっしいさんの砂町線巡りも境川まで来ましたが、私も水神森から境川までの50年前の思い出を少しばかり。。。
(話しの年代が前後していてすみません)
 水神森では、境川車庫が営業していた当時、亘り線が仕様されていていつもピカピカに輝いていましたが閉鎖と同時に錆てしまった事ですね。
原因は、未確認のままですが、多分、境川車庫の早朝勤務の乗務員を迎えにきた電車が京葉道路の亀戸駅側の亘り線を仕様せず、水神森の亘り線を利用していたが使う必要が無くなってしまった為では?と想像しています。
 竪川専用橋から竪川通り電停に掛けて、丁度現在の都立城東高校付近に朝方、営業を終わらせた夜泣きそば(屋台のラーメン)の屋台が数台停まっていました。
 次の大島三丁目では、痛ましい事故が。。昭和37年前後だと思いますが、当時、電停の西側にお風呂屋さんがあって、電停の東側にあったパン屋さんの女の子(7才位)がお風呂に行こうとして、家を出ましたが線路につまずき、都電に跳ねられ亡くなる事故がありました。私は、近くの病院(江東病院)に祖父が入院していて、ある日お見舞いに行く時、電停近くに遺影と供養台があり、母から事故の事を教えてもらい知りました。
 大島一丁目電停では、小さな信号小屋と新開橋の単線運転です。電停の端(No.1265-7074 No.1267-8083)に小さな小屋ができたと思ったら、小名木川に架かる新開橋の改修工事で単線運転が行われ橋の両側手前でポイントが設置されそれを操作するための信号扱いのための小屋が設置されていました。
 まだまだ思い出はありますが、長くなって来ましたので、一旦失礼します。


[17123] 昨日届いた都電本  さっしい :2023/01/22(日) 19:41  

そうそう、また一つ、都電本が出版されました。
オンラインメディア「AERA dot.」(アエラドット)に連載された、
諸河久さんの写真と記事の内の一部をまとめた本、
『路面電車がみつめた50年』(発行:天夢人)
https://www.temjin-g.co.jp/books/4422000058/

写真については言うに及びませんが、路線や停留場に関する記述は、
どうやら、どこかで見たアレを参照しているように思えます。
案の定、巻末の参考文献に『日本鉄道旅行地図帳 東京』がありました。
う〜ん、嬉しいですが、何か責任も感じてしまいますね。
(監修者の今尾恵介さん名義なのは、ちょっと悔しい気もしますが。)

車輛よりも、東京の街の様子の変化などに重点が置かれていますが、
まぁ、一般的な都電ファンには、お勧めの本だと思います。


[17122] 楽しい話題をどうぞ  さっしい :2023/01/22(日) 18:57  

>>皆さん
ご心配をお掛けしますが、今回の我が家の緊急事態も、
なんとか一段落して、今は一応、小康状態を保っています。
お気になさらずに、掲示板のご利用は、お気軽にどうぞ。
すぐに適切なお返事はできないとしても、楽しみにはしています。
むしろ気晴らしになりますので、よろしくお願いします。


[17121] かえって救われますので  さっしい :2023/01/16(月) 05:39  

>>6181さん
ご投稿ありがとうございます。
余計なお気遣いをさせてしまい、申し訳ありません。
こういうやり取りは、むしろ、して頂ける方が有難いです。
自分は現在、頭を働かせることが無理なのですが、
この場は活気を呈してくれる方が、心の支えにもなります。

私事ですが、今回つくづく、自分の心の弱さに気付きました。
2年前の入院以来、精神的に疲れてしまっているようにも思います。
それでいて、写真の更新などは「仕事」なので頑張ってしまいます。
よほど無理そうになったら一旦停車しますので、ご承知おき下さい。


[17120] 空気を読まずに…  6181 :2023/01/15(日) 21:52  

マイクさんの資料、少しずつ見ています。

7系統や33系統、実質的な「上り」はどっちだったの?と思っていましたが、
時間別乗車人員を見ますと33系統は朝は浜松町方向がメイン、
7系統は双方向拮抗していたんですね。他愛もない疑問ですがすっきりしました。

27系統も双方向拮抗だったようでこれは実感と合います。
朝ラッシュには神谷三〜町屋一の区間運転が随分あったようでした。


運転本数については柳島の各系統の多さにも驚きます。

35年度、吾妻橋二丁目では3系統合計で680往復といったことになりますね。
日中でも2分を切る間隔、朝ラッシュは数珠つなぎ、といったようだったかと思われます。
さっしいさんの「運転系統別乗客数グラフ(昭和25年・35年)」でも、
3系統を足すと15系統や22系統を超えて巣鴨営業所の3系統に匹敵するレベルです。
(巣鴨は41〜35の乗り継ぎが二重計上になりそう、柳島は23系統乗り換え需要や深川方面内のみの需要もあるだろう、
ですから通過人員の多寡とは一致しないでしょうけれど。)
都営地下鉄ができても浅草橋までの頃は上野方向に都電を選好する層も多かったのでしょう。
吾妻橋二丁目の混雑ぶりを伝える資料があってもよさそうですが、今まで知らずに来たのが悔しいです。

それで30系統例外の背景について考え当たりました。
ラッシュ時には吾妻橋での乗り換えをなんとか減らさないと捌ききれなかったのでは、と。
「はい月島方面次に乗ってください、月島行きすぐ来ます…」

ついでに、15系統の例外と9系統の変遷についても思いつきました。
境川派出所ができるまで錦糸堀車庫は収容力不足でラッシュ時には電車が足りず、
28・36系統の補完に助力を仰いでいたのかも。

自由研究にもならない断片ですが、もしかして妄想も知恵の内かもと。お許しいただければ。


[17119] 少しだけ落ち着きを  さっしい :2023/01/15(日) 21:01  

>>皆さん
いろいろあって、ほんの少し落ち着いてきましたが…
でも、まだまだ正常な状態には戻れません。
解決まで、もう少し時間が掛かりそうです。

>>831列車さん
於大の方、出てきましたね。
しかし、ドラマの「軽さ」と「安っぽさ」は相変わらずでした。
セットなどの現実感も、役者の重みもイマイチで。
それにつけても、『鎌倉殿の13人』は面白かったと思います。
まぁ、自分の好きな(得意な?)時代だということもありましたが。

>>新橋銀座さん
わざわざ、ありがとうございます。
データ的なことでない内容なら、お話も可能です。
上野神明町車庫さんの懐かしい話題、ありがとうございました。
たしかに、あのオフ会は盛況でしたね。楽しかったです。


[17118] お気になさらずに  新橋銀座 :2023/01/15(日) 19:53  

>>さっしいさん

>後日、少し落ち着きましたら、お返事を差し上げたいと思います。
お気になさらないでください。ありがとうございます。

遅くなりましたが、年末の上野神明町車庫さんの訃報に添えて少々。

とても驚きました。
はじめて上野神明町車庫さんにお会いしたのは、
2012年11月24日(土)に開催のオフ会(東陽公園内集合)の際でした。
私は、オフ会参加は、このときが初めてでした。

「反省会」の際、席がお隣でしたので、いろいろとお話を聞かせていただく機会を得ました。
当日は城東電車の写真をはじめ、様々な資料を持参されておられ、みせていただいたのを覚えています。

私は、小学校高学年の時分(昭和39〜40年頃)に、広尾車庫の塀の外に、廃車体らしき「残骸」があったのを目撃しているのですが、
当時は古い車両に関する知識がなく、「あれは一体何だったんだろう」と、ずっと謎でした。
実は、昭和38年の空撮写真で、それらしいのが写っているのが確認できます。
(一番奥の西側、車庫の敷地外。塀の外側になります)

この事を、お隣だったこともあり、上野神明町車庫さんに、お話ししたところ、
そのときは、「それは知らなかった」、という事でしたが、
翌日でしたか、すぐに空撮写真を確認いただけて、
「大きさから察するに400形ではないか」、と掲示板で回答をいただきました。
上野神明町車庫さんには、その後も掲示板で、色々とご教示をいただきましたが、
このときのことがとても印象に残っています。
なんともう10年も前のことになりました。

このときのオフ会は参加者が大勢で、盛会だったのですね。
掲示板 過去ログ 0030  [11800]辺りに参加者の皆さんの「オフ会御礼」などの投稿記事があります。
懐かしく思いながら読み返した次第です。


[17117] 今、考えることは苦手で  さっしい :2023/01/15(日) 16:26  

>>新橋銀座さん
本当に申し訳ありませんが。
今回、突然降って湧いた問題なので、まだ気持ちが不安定です。
精神的に弱いため、現在、体系的に物事を考えることができません。
後日、少し落ち着きましたら、お返事を差し上げたいと思います。


[17116] どうする さっしい  さっしい :2023/01/15(日) 16:17  

>>831列車さん
ご投稿ありがとうございます。
実は今、精神的に少々追い込まれているのですが、
こういう話題が、むしろ救いになります。

『どうする家康』の初回は、「安っぽさ」を感じながらも楽しめました。
生母の「伝通院」さま(於大)は登場しないようですね。
奥茨城村の「みねこ」ちゃんは、築山殿なんですね。
(今、その朝ドラの題名が全く思い出せません。)

少し前から、家康について再勉強しようと、昔の本を読んでいますが、
考えてみれば、先日までの日替り写真は、静鉄・遠鉄・豊鉄・名鉄など、
家康にゆかりの地が続いていたわけですね。

さて、今は、まさに自分自身が「どうする状態」なのですが。
どうすることもできませんが、どうにかなる…とは思いたいです。
(歯切れが悪くてすみませんが、我が家の重大事件なんです。)

方向幕については、仰る通りで。
それにしても、このテキストベースの場で、上手く図解しましたね。


[17115] 更新修繕が必要なのですね  831列車 :2023/01/15(日) 13:52  

緊急事態とは驚きました。
ところで毎年この時期になるとさっしいさんの「今年の大河は…」のコメントがあるのですが、今年はいかがでしょう? コミカルで歴史を語るのもいいのでしょうがまず主演者ありきのようでなんだかなあ、って感じですね。

方向幕の表示について
末期は人手も足りなかったのかわかりませんが、行き先表示の幕の乱れが多かったですね。
特に
【砂   糸 堀
  町 錦    】って感じのが多く見られます。

巻き上げが硬いのでしょうか? 特に「砂町錦糸堀」の表示の時がひどいようですね。

http://c5793.ebo-shi.com/


[17114] 一応、何とか  さっしい :2023/01/15(日) 10:38  

>>皆さん
お騒がせしましたが、今夜の写真の更新は何とかなりそうです。
この先も…まぁ大丈夫でしょうが、急に止まることもあるかも。
その際は、再開まで、しばらくお待ち頂くことになると思います。

今のところ、先の見通しが立ちませんが、よろしくお願い致します。
自分の体調のせいではありませんので、その点はご心配なく。


[17113] すみませんが…  さっしい :2023/01/14(土) 19:12  

>>皆さん
申し訳ありません、緊急事態で、この先の見通しが立ちません。
トップ画像はしばらく止まるかもしれませんが、ご容赦ください。


[17112] ありがとうございます  さっしい :2023/01/14(土) 19:11  

>>新橋銀座さん
ご投稿ありがとうございます。
お返事は後日ということで…ご容赦ください。


[17111] ご無沙汰しています  新橋銀座 :2023/01/11(水) 21:10  

>>さっしいさん

大変ご無沙汰しています。お加減はいかがでしょうか。

この度は、私のHNが挙がっていて驚きました。恐縮至極です。

いつも楽しく、近々は静岡、豊橋、東濃、北恵那、名鉄瀬戸線など、とても興味深く拝見させていただきました。
私が訪問したのは、今回のさっしいさんの時期よりは少し遅く、昭和50年頃のことでした。
東濃、北恵那は訪問が叶いませんでしたが、豊橋鉄道の高師の車庫、瀬戸線の名古屋城の堀の中にあった堀口駅、大曽根駅などは、強く印象に残っています。
大曽根駅は特徴のある駅舎でしたし、国鉄中央西線との連絡線がありました。駅の裏手にはデキ200形が休んでいました。
ほぼ50年、本当にはるか昔のことになってしまいました。



さて、[17069] 都電の例外系統 2022/12/25(日)。

私は、提供できる情報はほぼ何もないに等しいのですが、地元だった4系統、5系統のことが気になります。

【4】(C)目黒駅前〜清正公前〜銀座二(?)
【5】(B)目黒駅前〜芝園橋〜金杉橋

「銀座二」に(?)を付けられているのは、本当に目黒から銀座に直行するのがあったのか疑問に思われている、ということでしょうか?
林順信さんの「都電百景百話」p.54「26 雨の日吉坂」の中に、「目黒から出て銀座二丁目で折返すのだから4番でもいいのだが、厳密に言うと、云々」の記述があります。

目黒駅前〜清正公前間を走る4系統掲出電車の写真は、結構の数見るのですが(例「都電の走った東京アルバム 第1巻」)、
私がみた範囲ではどれも「古川橋」行きです。「銀座二(新橋銀座)」というのは見たことがありません。
上の「日吉坂」の4番も、「古川橋」のようです。すくなくとも「新橋銀座」ではないでしょう。

「(B)目黒駅前〜芝園橋〜金杉橋」というのは全く知らなかったです。こういうのがあったのですね。
「(B)本系統から分岐」に分類されていますが、「(C)出入庫時」分類という可能性もあるのでしょうか? 
つまり戻りは目黒駅前ではなく、五反田駅、という可能性。

昭和40年ごろのことですが、私自身、目黒の車庫から出庫して目黒駅前ではなく、直接上大崎方へ出ていく電車を見た記憶はあります。
でも、どこ行きだったかとか、系統版がどうだったかは、残念ながら記憶に残っていません。
(まあ、工場入場だった可能性もある。なお、入庫は一旦目黒駅前まで行ってからからでないとできない、ですよね。)

あと、直接上の話とは関係ないですが、4系統と5系統は、路線図上、清正公前で合流・分岐しますが、
電停自体は、4系統5系統で共通ではなかったと思います。つまり魚籃坂方から来て、4系統と5系統が分かれてのちそれぞれに電停があったと記憶します。
なので、「日本鉄道旅行地図帳」の「清正公前電停」の距離の表記に疑問があります。


[17110] 仮想するだに恐ろしい?  さっしい :2023/01/11(水) 18:33  

>>坂下国郎さん
いやぁ、マイクさん、頼もしいですねぇ。
でも、在宅反省会は…う〜ん、どうなんでしょ。

いっそ、バーチャル反省会とか、バーチャン茶飲み会とか?
いや、それは要らんか…


[17109] 仮想反省会?  坂下国郎 :2023/01/10(火) 22:02  

さっしいさん、皆さん、こんばんは。

「テレ反省会」とか「在宅反省会」とでも言ったら良いのでしょうか?
ぜひマイクさんにも「そ〜ゆ〜ネタ」で参加して頂きたいもんですな。


[17108] 素ん晴らしぃ〜♪  さっしい :2023/01/10(火) 21:34  

>>831列車さん
おぉ、やってくれちゃいましたねぇ〜「ささだまし」。
これは「きだまきし」にしても良いくらいの完成度ですね。
福神橋というのが妙にマイナーですが…曲はメジャー(長調)。
…と、あれこれ意味不明な。

>>日本橋両国さん
さすが、逸早く反応なさいましたね。まっさんフリーク。
仰る通りで、軽口オフ会は最高でしたね。
こういうのもいいなぁ、この掲示板。


[17107] 反省会の再来?  日本橋両国 :2023/01/10(火) 21:22  

>>831列車さん
見事に歌詞をハメコミましたね。
文字を追いながら、口ずさんでいました。

♪福神橋から 身を投げた〜
私だと、このようにしてしまいがちです。(反省)

かんな軽口を交わしていた、オフ会(反省会)が懐かしいです。


[17106] 福神橋から ただ思いついただけです  831列車 :2023/01/10(火) 20:37  

先生、俺たちの東京都電、すっかりなくなっちまったんですねえ
それに唯一残った27番と32番に 「東京さくらトラム」なんて変な名前付けちまって…。
先生、時の流れって、そんなもんなんですかねえ タッタラッタ タタン

♪福神橋から 柳島抜けた〜(途中略)

先生、あの頃よくS君と居酒屋行ってね あいつときたら、13番の靴箱があくまでは
うまい刺身や生ビールが待ってても けっして中に入らなかった
先生、覚えているかな、都電路線の13番、そう
S君の好きだった大久保車庫の系統番号だったんですよ
(途中略)
♪あの頃カメラを抱えて行った 須田町 押上 浅草の
不思議な胸の高鳴りと 荒川車庫の 忘れちゃいけない
毎度毎度の 撮影会

(荒川が語呂がいいけれどここは柳島でしょうかね)

http://c5793.ebo-shi.com/


[17105] 天晴(あっぱれ)♪  さっしい :2023/01/10(火) 18:55  

>>マイクさん
いえいえ、いいんですよぉ。
今すぐ解析できなくても、する気になったら投稿を見直しますので。
過去ログも、上野神明町車庫さんや新橋銀座さんのご投稿などは、
たびたび検索で呼び出しては、大いに参考にさせて頂いています。
個人的には、その箇所だけを総集編みたいに寄せ集めたりもして。
ですから、長めの転記や引用も歓迎です。

>>坂下国郎さん
仰る通り、同じ箇所について、同じことを思いました。
自分などは「枯れかけて」いるので、とっくに追い越されていますね。
今日も「一桁ちゃん」たちの「お尻抱っこ」はしてきましたが。

それにしてもマイクさん、多くの先輩諸氏に鍛えられてきたでしょうが、
「そ〜ゆ〜ところ」ばかりを受け継がないよう、お気を付けて。


[17104] 上達  坂下国郎 :2023/01/10(火) 12:20  

さっしいさん、皆さん、こんにちは。

>>マイクさん
>バストの比較じゃなてくてバスとの本数の比較
腕を上げましたねぇ。
本掲示板の管理人さんに「追いつけ追い越せ」ですね。


[17103] お返事ありがとうございます  マイク :2023/01/09(月) 21:29  

こんばんは。
>>皆さん、さっしいさん、坂下国郎さん
お返事ありがとうございます。m(_ _)m
皆さんの投稿が活気付いたところで腰を折ってしまったようで申し訳ありませんでした。
一気に大量放出するのは今後は控えるようにします。m(_ _)m
錦糸堀や荒川の各系統の本数も纏めたいところですが、
毎回、資料と睨めっこするのも無駄が多いので、
一旦で全部データ化してから再度纏めてみたいと思います。

>>坂下国郎さん
バストの比較じゃなてくてバスとの本数の比較ありがとうございます。
私も地元のバス路線の本数を見てみて、
主要系統でも100本強だったりするので、
都電の本数の多さを改めて感じました。

都電代替バスとの比較ならPLせつなさんの「都電代替バス路線総覧」が見やすく纏められてますよね。
あちらは都心方面の片方向だけしか記載がいないので、
上下本数に相違があるかは判別できません。
上下載せるとややこしくなるし、沼にハマるので省略しているのかなと思いますが・・・。(^ω^;)

>>34系統の本数(39年度<43年度)
確かにそうですね。
35系統も18系統廃止後に増発されているので、他にもそういう系統はありそうです。

それでは失礼致します。

http://www.ne.jp/asahi/mike/hp/index.html


[17102] 恐れ入りました  坂下国郎 :2023/01/08(日) 23:12  

さっしいさん、皆さん、こんばんは。

>>マイクさん
凄い!、の一言です。恐れ入りました。
34系統の渋谷駅〜天現寺橋の運転本数ですが、43年度で215本もあったんですねぇ。
都バスの運転本数と比較してみたんですが、東22系統の錦糸町駅〜東陽町駅で
平日が208本(交通局HP都バス時刻表を参照)でした。
始発や終発の時刻が違うのを承知で比べると、あの東22系統よりも本数が多い
ということですね。

ついでに、私がよく利用する都バスの運転本数も調べてみました。
錦25系統の錦糸町駅〜船堀駅127本、新小21系統の新小岩駅〜船堀駅119本、
新小22系統の新小岩駅〜一之江駅86本、でした。
錦25や新小21は、朝夕のラッシュ時以外でも、1本待つことがあまり苦にならない
といった感があるんですが、7系統でも「その位」の運転本数だったんですね。
地味ぃ〜な印象(個人的な、です)の33系統が、新小22程度の本数があったと。

34系統の運転本数が、39年度より43年度のほうが多くなっているのは意外でした。
42年に廃止された8系統利用者を「救済」するためかな?と考えました。

私が「いらんこと」を投稿したばっかりに、マイクさんの研究心が
点火してしまったのかもしれませんね。
お詫びと資料ご提供の御礼を申し上げます。


[17101] 素晴らしい内容ですね  さっしい :2023/01/08(日) 19:30  

>>マイクさん
ありがとうございます。
素晴らしく緻密で膨大なデータですね。
こういう内容は、精査しないと感想などを述べられませんが、
こちらは、まだ正月気分で、頭が動き始めていないようです。
とりあえず、お疲れさまでした。


[17100] 遅〜いお年賀  マイク :2023/01/06(金) 01:10  

こんばんは。
この正月休みに、交通調査資料の整理した分を紹介致します。お休みもとっくに終わっちゃいましたが・・・。
相変わらず中途半端ですがご容赦ください。
毎度ながらOneDriveに資料を置いてます。
「遅いお年賀」フォルダに各データを纏めてありますのでご参照ください。
広尾営業所、柳島営業所、錦糸堀営業所、荒川営業所のフォルダに、
担当系統の時間別輸送人員と券種別輸送人員のグラフを纏めています。
広尾営業所と柳島営業所は運転本数纏めのExcelファイルがあります。

「遅いお年賀」
https://1drv.ms/u/s!AuAdxt8zMxgjgtJABOsHdbEWvT7mpw?e=ZnSIcQ

33系統や30系統といった車庫から離れた系統の運用を交通調査資料の運転本数から追えないか見てみました。
結論から言えば、分からずじまいといったところです・・・。

広尾営業所と柳島営業所の各系統の運転本数を抽出しました。
昭和25年度は運転本数の記載が無いので、
昭和30、35、39、43年度の上下方向で比較しました。

【広尾営業所】
7系統 品川駅前方面/四谷三丁目方面
区間 30年度 35年度 39年度 43年度
四谷三丁目〜青山一丁目*1 139/138 182/183 125/131 109/113
青山一丁目*1〜天現寺橋 139/138 182/183 126/131 110/113
天現寺橋〜四ノ橋 120/120 143/148 115/115 97/97
四ノ橋〜古川橋 120/120 143/147 115/115 97/97
古川橋〜泉岳寺 116/116 136/136 111/111 94/94
泉岳寺〜品川駅前 116/116 136/136 111/111 -/-

8系統 築地方面/中目黒方面
区間 30年度 35年度 39年度 43年度
中目黒〜天現寺橋 132/132 175/168 126/126 -/-
天現寺橋〜古川橋 118/118 156/152 121/114 -/-
古川橋〜一ノ橋 118/118 152/140 121/114 -/-
一ノ橋〜飯倉四丁目*2 118/118 152/140 115/108 -/-
飯倉四丁目*2〜飯倉一丁目 118/118 152/139 115/108 -/-
飯倉一丁目〜神谷町 118/118 152/138 107/107 -/-
神谷町〜虎の門 118/118 149/137 107/107 -/-
虎の門〜日比谷公園 118/118 144/137 106/106 -/-
日比谷公園〜築地 116/116 138/132 102/102 -/-

33系統 浜松町一丁目方面/四谷三丁目方面
区間 30年度 35年度 39年度 43年度
四谷三丁目〜青山一丁目*1 117/117 138/132 97/103 87/83
青山一丁目*1〜六本木 116/117 138/133 97/103 88/88
六本木〜三河台町 116/117 130/125 94/101 84/84
三河台町〜飯倉一丁目 116/117 130/124 94/101 84/84
飯倉一丁目〜神谷町 116/117 124/117 92/92 80/80
神谷町〜浜松町一丁目 107/108 124/117 92/92 80/80

34系統 金杉橋方面/渋谷駅前方面
区間 30年度 35年度 39年度 43年度
渋谷駅前〜天現寺橋 177/177 234/240 196/196 215/215
天現寺橋〜四ノ橋 170/169 225/238 191/191 204/204
四ノ橋〜古川橋 170/169 224/238 191/191 204/204
古川橋〜一ノ橋*3 166/165 214/218 190/190 203/203
一ノ橋*3〜麻布中ノ橋 166/165 214/218 162/162 203/203
麻布中ノ橋〜金杉橋 166/165 214/218 162/162 170/170

43年度までに停留場名変更
*1:青山一丁目→北青山一丁目
*2:飯倉四丁目→東麻布一丁目
*3:一ノ橋→麻布十番
*4:南町一丁目→南青山一丁目
*5:霞町→西麻布
*6:三河台町→六本木五丁目
*7:新坂町→赤坂八丁目
*8:竜土町→六本木七丁目
*9:中通二丁目→東二丁目

30年度は、4系統とも上下方向がほぼ一致します。

35年度は、7系統で四谷三丁目〜天現寺橋間で四谷三丁目方面が1本、
天現寺橋〜古川橋間で4、5本、四谷三丁目方面が多くなっています。
8系統は、全体を通じて4〜14本、築地方面が多くなっています。
飯倉一丁目〜神谷町間が14本も多くなっています。
逆に車庫に近い天現寺橋〜古川橋間は4本の差にとどまっています。
33系統は、全体を通して5〜7本、浜松町一丁目方面が多くなっています。
34系統では全体を通して4〜14本、渋谷駅前方面が多くなっています。
四ノ橋〜古川橋間が14本と差が最も多く、古川橋〜金杉橋間の差が4本と最も少なくなっています。
区間運転もあるんでしょうけど、古川橋や飯倉一丁目、神谷町で送り込みを兼ねた行き来が伺えます。
33系統の送り込みは、8系統で都心方面へ、34系統で天現寺橋方面へ入出庫していたのでしょうか?

39年度は様子が変わります。
7系統は四谷三丁目〜天現寺橋間で四谷三丁目方面が5、6本多くなります。
8系統は天現寺橋〜飯倉一丁目間で築地方面が7本多くなっています。
33系統は四谷三丁目〜飯倉一丁目間で四谷三丁目方面が6、7本多くなっています。
膨らむ方向が35年度と逆転しています。
34系統は上下方向の差が無くなっています。
33系統への送り込みは相変わらず8系統で飯倉一丁目や神谷町を利用しているように思えますが、
7系統の四谷三丁目〜天現寺橋間の四谷三丁目方面が膨らんでいるのが気になります。

43年度は、7系統は四谷三丁目〜天現寺橋間で四谷三丁目方面が3、4本多くなります。
33系統は、四谷三丁目〜北青山一丁目間で浜松町一丁目方面が4本多くなります。
34系統は39年度と同様です。

どの年代も片方向で本数が膨らんでいる区間が見受けられますが、
行きっぱなしというか別系統を返しても本数がイコールにならないので、
回送になっているものもあるということでしょうか。

Excelでは、35〜43年度で8時代の運転本数も比較しています。
35、39年度は始発停留場の発車時刻が8時代であれば、
9時を回っても8時代として集計しているように見受けられます。
43年度は、ところどころで本数が上下しているので、
各停留場の発車時刻で集計しているように見受けられます。
因みに、8系統の天現寺橋〜築地間の中目黒方面が4本で7時代も同様でした。
築地方面は8本、7時代は一ノ橋〜築地間が7本です。
都心部で渋滞にはまって戻ってこないのでしょうか・・・。

>>坂下国郎さん
33系統の始発電車
交通調査資料で分かる範囲で
39年度の系統別時間別輸送人員表では
都心方面の浜松町一丁目方面が5:30〜6:00で 1人
四谷三丁目方面は6:00〜6:30で7人となっています。
39年度は日中以外は30分刻みとなっていて、
初電や終電の時間が絞れます。(お客さんが乗っていればですが・・・(汗

広尾営業所の本数を纏めていて思ったのは、
34系統の本数の多さに驚きました。
距離が短い分、数もこなせるのでしょうか。
でも利用客数は最盛期の35年度でも3万7千人と、
今の荒川線(令和三年度一日平均:42,546人)よりも少ないです。

【柳島営業所】
23系統 月島方面/福神橋方面
区間 30年度 35年度 39年度 43年度
福神橋〜柳島 -/- 244/248 175/175 114/114
柳島〜押上駅前 190/190 256/257 236/236 149/149
押上駅前〜吾妻橋二丁目*1 190/190 258/259 236/236 149/149
吾妻橋二丁目*1〜石原町一丁目 190/190 261/261 247/247 149/149
石原町一丁目〜門前仲町 191/191 263/263 251/251 149/149
門前仲町〜月島通八丁目*2 183/183 245/241 238/238 133/133

24系統 須田町方面/福神橋方面
区間 30年度 35年度 39年度 43年度
福神橋〜柳島 -/- 199/180 123/123 70/70
柳島〜吾妻橋二丁目*1 225/247 207/211 210/210 91/91
吾妻橋二丁目*1〜稲荷町 225/234 207/210 168/168 91/91
稲荷町〜上野駅前 225/234 207/209 168/168 91/91
上野駅前〜上野駅南口 211/211 189/190 156/156 83/83
上野駅南口〜上野広小路 211/211 184/190 156/156 83/83
上野広小路〜須田町 154/154 148/148 123/123 80/80

30系統 須田町方面/寺島二丁目方面
区間 30年度 35年度 39年度 43年度
寺島町二丁目〜吾妻橋二丁目*1 239/228 214/208 218/218 128/128
吾妻橋二丁目*1〜浅草 203/203 214/208 171/171 103/103
浅草〜上野駅前 203/203 213/207 169/169 103/103
上野駅前〜上野広小路 194/194 206/204 155/155 97/97
上野広小路〜須田町 150/150 149/150 136/136 96/96

例外30系統 月島方面/寺島二丁目方面
区間 30年度 35年度 39年度 43年度
寺島町二丁目〜吾妻橋二丁目*1 '10/10 '10/9 -/- -/-
吾妻橋二丁目*1〜月島通八丁目*2 '10/10 '9/9 -/- -/-

43年度までに停留場名変更
*1:吾妻橋二丁目→本所吾妻橋
*2:月島通八丁目→月島

24系統→30系統って感じでやりくりしていたんでしょうかね。
39年度以降はどの系統も片方向の膨らみがありません。
それにしても35年度と39年度の、23系統の吾妻橋二丁目〜門前仲町間の本数が多くなっていて、
線内の区間運転があったんですね。
39年度と43年度の本数の落ち方が大きいですが、24系統は半分くらいにまで減ってます。
乗車人員も最盛期の30年度と43年度を比べると、
24系統が約80%減、30系統で約70%減となっています。
浅草線に乗客がかなり流れたようです。

>>さっしいさん、坂下国郎さん、831列車さん、6181さん
【錦糸堀】
一部だけ簡単に

38系統
30年度の交通調査では、
上り2本だけが、都庁前まで乗り入れてました。
帰りは、28系統になっていたようで、下りが2本多くなってます。

晩年は門前仲町止まりになっていましたが、
43年度の資料では門前仲町まで107本、
日本橋まで行くものが96本となっています。
東陽公園から先はガクンと乗降客減ってしまいますが、
門前仲町から日本橋はさらに少なくなっています。
東西線の影響力の凄さが伺えます。

いろいろ明後日の方向な資料整理になってますが、
区間運転や運用などはやはり見たり乗ったりしている皆さんのお話が一番しっくりきます。
資料整理の方は、いずれは特定の区間や通りで輸送人員数を比較してみたいとは思います。

他の系統はまた今度。
力尽きちゃいましたプシュ〜。

長文になりましたが、これで失礼致します。

http://www.ne.jp/asahi/mike/hp/index.html


[17099] 「臨時29」について少しだけ  さっしい :2023/01/05(木) 20:03  

>>皆さん
昨年末には、臨時29系統についてのご投稿なども多く見られましたが、
なかなか体系的に述べる時間も、データ的な用意もありません。
たしかに、坂下さんをはじめ、皆さん仰るように、
「29」でなければならない点は疑問ですね。
「38」でも良いはずです。

で、自分はこんなふうに思いました。
「葛西橋」発着なので「29」。
…って、大したことは言ってませんが。

その伝で行くと、池袋〜上野系統は、臨時「20」でなく「17」のはずですね。
ところが実際には、臨時20系統。
ですから、統一性も説得力も無いわけです。
まぁ、そちらの場合は、神明町の担当なので…ということでしょうが。

「臨時」と「例外」についても、以前いろいろ話し合われましたね。
33系統の出入庫については、いずれまた。

※ところで「入出庫」と「出入庫」では、どちらが一般的なのでしょうか?
 自分は、一日の流れから見て、「出入庫」と書いてみましたが。


[17098] 反応して下さると思いました  さっしい :2023/01/04(水) 20:36  

>>砂町錦糸堀さん
仰る通り、写真の方向幕から連想しておりました。

臨時29系統については、貴重な車内録音が実態を伝えてくれますね。
日本橋発では、停留場に着くたびに「葛西橋行き」と連呼して誤乗防止。
また、臨時38系統として扱われる部分もあったわけですね。
上野神明町車庫さんは「29とも38ともつかぬ臨時」と書かれていました。

※ご投稿の訂正箇所については、元の本文を修正しておきました。


[17097] 冬休みの自由研究?ありがとうございます  さっしい :2023/01/04(水) 20:22  

>>6181さん
ありがとうございます。緻密かつ実証的な探求、お疲れさまでした。
「全国Q地図」についてはSNSでも紹介がありましたが、有難いものですね。

錦糸堀車庫の敷地の縮小ということを、これまで考えてはいませんでした。
成程、終戦直後とその後の空撮を比べると、かなり奥行が減っていますね。
戦前の敷地面積は2878.65坪ということですが、戦後は…?
車庫内の軌道延長は、戦前の1907mに比べて、戦後は1406.78m。
500m減ということで、かなり短縮されていますね。

震災後もそうですが、戦後の復興についても、押さえておきたいところです。
江東橋のセンターリザベーションの写真は、明後日にでも。


[17096] 埼玉歩きは大好きでした  さっしい :2023/01/04(水) 18:48  

>>久保田俊一さん
昔良く読んでいた東京近郊の歴史散歩の本に、嵐山の菅谷館跡のことが載っていて、ずっと憧れていました。
友人との関東歩きの一環としてそこを訪れたのは、たしか大学時代でした。その時は、買ったばかりの8ミリ(フィルム)撮影機を持って、ピンクレディーの真似などを撮り(バカですね〜)、現像に出してみたら、機材の不具合で全く写っていなかったという情けなさ。そんなわけで、写真は撮っていなかったように思います。
当時は資料館なども無かったような…。

旧・川本町の方は、秩父鉄道の武川駅から歩いたように思います。ふかや花園駅ができたのは、最近のことですね。
以前は本当にあちこち良く歩いたのに、きちんと記録を残していないのが残念です。散発的に撮った写真も整理していませんし、今ではもう面倒です。

「ぽこぺん」のオフ会では、同じ埼玉県の毛呂山町の出雲伊波比神社で、たまたまお祭りだったか、流鏑馬を見ることができました。


[17095] 謹賀新年  砂町錦糸堀 :2023/01/04(水) 09:05  

>>さっしい様 皆様
あけまして おめでとう ございます

7013の方向幕の行先が私のHN「砂町錦糸堀」でしたので。。。

昨年末からの臨時29系統や新春早々からの錦糸堀車庫の話題など掲示板を拝見するたびにうなずいたり納得しています。

臨時29系統を知ったのは、学校帰りに須田町方面から戻って来た電車に対して通常だと次の運行予定を操車係の人がマイクで(1525が当該車輌だとすると)「(15)25 〇〇分須田町」等と放送し事務所の窓口の上にある行先表示板を点灯させるのですが、操車係の人が側面板や系統板に付ける臨時板等を車掌さんに直接渡して葛西橋からの発車時刻を伝える場面に遭遇し臨時29系統の存在を知った次第でした。(境川車庫閉鎖後もこの扱いが継承され臨時38系統にはならなっかたと思いますが、錦糸堀車庫→門前仲町→日本橋は臨時38系統として運行し折り返して臨時29系統、葛西橋として運行していました)
それからは、学校帰り総武線を浅草橋で降りて22系統や秋葉原から万世橋まで歩いて19系統で日本橋に出て臨時29系統に乗って帰宅した事があり境川を右折する度に感動していました。

また、錦糸堀車庫の南側については、当時のベテラン運転手さんから昔の車庫の南側はもう一両奥まで留めらて広かったと聞いた事がありましたので、6181さんのお話に合点がいきました。


[17094] 錦糸堀車庫の南側  6181 :2023/01/03(火) 22:28  

空中写真や旧版地形図を見ますと、縮小前の錦糸堀車庫は1ブロック南まで広がっていて、
小道をはさんで小学校(茅場小学校、復興小学校の一つ)に接していたようです。
各線ともさらに3両分くらいあった見当でしょうか。
そこを削って道を通し、両側が商業地になったわけですが、
駅前の区画整理の代替地だったのかなと考えます。

戦後の駅南側の区画整理は「戦災復興土地区画整理事業」であったらしく
都電の線路移設を伴う大がかりなもので、車庫西側のあのセンターリザベーションもその時できたようです。
個人の運営のようですが「全国Q地図」というサイトがあって
https://info.qchizu.xyz/
東京都建設局・同首都整備局作成の3000分の1図が見られます。
区画整理では京葉道路の北側と四ツ目通りの西側で民地が削られたようで、
かなりの代替地が要ったかと思われます。


サイケなドアのビルは「ニュー錦糸町ビル」というようです。こちらのページの末の方に経緯が記されていました。
三井住友トラスト不動産「このまちアーカイブス」((株)ココロマチ が情報収集・作成とのこと。)
https://smtrc.jp/town-archives/city/honjo/p07.html
「露天整理」で建てられた共同店舗(写真には「墨田親睦商業協同組合新店舗」とあります)を
建て替えたということですね。
ですからここが病院だったことはないようですが、
前述の茅場小学校が廃校後「都立墨田病院」として使われていたそうです
(昭和36年に本所病院と合併して現在の墨東病院になる)。
さまざまな話が「伝言ゲーム」で混ざってしまったのしょうか。

物好きにも昨日、早速錦糸町まで行ってきました。
車庫跡の丸井は東側・南側に余裕をとって建っていて、そこが駐輪場になっているのでビルのすぐ裏まで入れます。
上層、二〜四階は見るからに共同住宅でした。ドアはスカイブルー(旧景にもよく見るとありますね)に統一されたようでした。
その下、写真では高い塀に遮られている店舗階は特殊な構造で、
間口ごとに地上階の店舗と中二階がセットになっているようでした。上層階と同様北側にドアがあるのですが
ここには赤や黄色のドアが残っていました。
中二階表側のあかりとりらしい窓がストリートビューでも見てとれますね。


さて、戦後の復興事業については、震災復興期に比べると「甚だ小規模であった」といった
皮相な理解しかもっていなかったのですが、
気づいてみると、王子駅北側、田端駅下など当方なじみの街並みもこの事業でつくられていたのでした。
ちなみに王子東田端とも斜交する街路と小公園があります。

参考としては:
蘇った東京:東京都戦災復興土地区画整理事業誌
(国立国会図書館デジタルコレクション)
https://dl.ndl.go.jp/pid/9673405/1/116
一街区の変遷を理解するにも知らないこと足りないことが随分あるのでした。


[17093] 畠山重忠つづき  久保田俊一 :2023/01/02(月) 20:28  

元旦に行ったのは嵐山町の方です。
春は「重忠まつり」で流鏑馬があって見てきました。
Google Mapで確認しましたが、深谷市にある史跡公園の
畠山重忠像は「鵯越」で馬を背負った像ですね。勇壮です。
嵐山の方は博物館があって施設は整っていますが、
深谷の方が奇麗な公園ですね。
暖かくなったら昨秋オープンしたばかりの深谷花園アウトレットに寄ってから、ここを訪れたいと思います。
秩父鉄道楽しみです。



[17092] 頌春  さっしい :2023/01/01(日) 21:33  

>>マイクさん
新年早々のご投稿ありがとうございます。
都電の資料やご研究成果の発表、とても楽しみで期待しています。

そうでした。先日のカラーは、この掲示板のタイトルバックでしたね。
あの日、都電のカラーは何枚か撮ったのに…光を被って残念です。
でも、日替わり写真は、この先しばらく(飽きるほど?)都電が続きます。
既発表のものばかりですが、解像度は高いので、ご期待ください。


[17091] 謹賀新年  マイク :2023/01/01(日) 21:26  

>>さっしいさん、皆さん
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年も昨年に引き続き、交通調査資料を懲りずにぽこぽこ書き込んでいこうと思います。m(_ _)m

さっしいさの鉄道風景で、久々の世田谷線や都電楽しく拝見しています。
掲示板で使用されているカラー写真も出ましたね。(´ω`*)

17069の例外系統の話や、皆さんのレスを兼ねて数日以内に別途投稿いたします。
今年も調査研究や思い出話のきっかけになれば幸いです。

http://www.ne.jp/asahi/mike/hp/index.html


[17090] 「他人の関係」  さっしい :2023/01/01(日) 20:51  

>>6181さん
新年の空の様子のご投稿、ありがとうございます。
なるほど、そういう観点から「風を読む」こともできるんですね。

錦糸町のアパートは、確かにそんな感じですね。
鉄道ファンが模型に塗装したような、中央線や総武線色のドア。
金井克子には笑ってしまい、あの「交通整理」を思い出しました。

添付した井口さんの図には、塀の裏は「病院」とありますが、
現存する、ウエハスみたいに薄くて横に長いアパートですよね?
表側の1階は店舗が並んでいて、やはり模型にしたくなるような。
https://www.google.co.jp/maps/@35.6944443,139.8136076,3a,75y,31.1h,93.39t/data=!3m6!1e1!3m4!1s6xWTXY9q9bmEyJvbEeD20A!2e0!7i16384!8i8192?authuser=0&hl=ja


[17089] お大事に  さっしい :2023/01/01(日) 20:32  

>>久保田俊一さん
コロナでしたか。それはまた大変でしたね。
治りかけても、咳が長く続くという話で…。
くれぐれも無理をせず、お大事になさってくださいね。

畠山重忠の像は、旧・川本町(現・深谷市)の方ですか?
深谷市に所属というのは、どうもピンと来ませんが…。
武蔵嵐山(菅谷)にも、公園と像がありますね。
どちらも、自分が訪れたのは、もう何十年も前になります。

自分は昔から重忠ファンで、特に相鉄沿線では鶴ヶ峰・二俣川など、
重忠最期の決戦の地があり、「重忠最中」が名物になっています。
以前、相鉄方面の学校に赴任中、クラブで文化祭に参加するため、
多くの史跡を訪ね、その前で生徒が解説するビデオを撮影しました。
そんな意味からも、自分とは縁のあった人物です。
昨年の大河では、イケメンの中川大志が演じた重要な役でしたね。


[17088] 謹賀新年  6181 :2023/01/01(日) 17:00  

おめでとうございます。
南風のようで、羽田への着陸機が赤羽・川口あたりを頂点に、ぐるっと半周飛んでいます。

トップページの錦糸堀車庫、当方には<1245>のカラー画像が新鮮です。
南側のアパートのドア、中央線ですかと突っ込みたくなるような「サイケな」デザインですね。
こちらには「パンタロン」を履いたおねえさんが住んでいそうな。あるいは金井克子とか。

本年もよろしくお願いします。


[17087] 謹賀新年  久保田俊一 :2023/01/01(日) 15:41  

明けましておめでとうございます。
昨年末、コロナ陽性になり、何十年ぶりかに病に倒れました。
いまだに風邪気味で調子はイマイチですが、
今朝は天気が良かったので、近くにある畠山重忠公の像へ初詣に行きました。武勇の誉れ高く、その清廉潔白な人柄で「坂東武士の鑑」と称された鎌倉時代の武将で、昨年の大河で人気を得ましたが、今日は思ったほど全く人はいませんでした。
また今年も元気でミニ旅をして、何度か割り込ませていただきます。いつか横浜へ行けるでしょうか。では、


[17086] 賀正  さっしい :2023/01/01(日) 08:03  

>>日本橋両国さん
あけましておめでとうございます。
こちらは自宅のベランダにて、住宅街の屋根から昇る初日の出を拝みました。
今年の目標は、とにかく「生きる」ことです。
なかなかお会いできませんが、今年もよろしくお願いします。

※今、「年の初めは さだまさし」を録画で見ています。


[17085] あけましておめでとうございます。  日本橋両国 :2023/01/01(日) 07:43  

>>さっしいさん、掲示板のみなさま。
あけましておめでとうございます。

徒歩での、お手軽初詣と初日の出を済ませて
寛いでいます。
今年もよろしくお願いします。


[17084] あけましておめでとうございます  さっしい :2023/01/01(日) 06:49  

>>坂下国郎さん
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
今年は、再会&再開できると良いのですが…


[17083] 謹賀新年  坂下国郎 :2023/01/01(日) 00:17  

>>さっしいさん、皆さん
明けましておめでとうございます。
皆様方のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


[17082] 今年もお会いできませんでしたが…  さっしい :2022/12/31(土) 20:16  

>>831列車さん
今回の題名は、さだまさしで来ましたか。
…いや、グレープか?
世相と言えば、時々は当時のヒット曲を入れるべきでしたね。
あの年(昭和46年)なら、「17才」とか「また逢う日まで」とか?

美代ちゃんの「しあわせの一番星」は、浪人した昭和49年だったかな。
屋根上でギターを抱えて並んで歌う西城秀樹になりたかったものです。
そういえば今夜の紅白には、郷ひろみと野口五郎も出るそうですね。
新年になったら、ゆっくり録画を見るつもりで、今夜は寝ちゃいます。


[17081] 笑顔同封(来年も)  831列車 :2022/12/31(土) 19:43  

さっしい少年の地方私鉄行脚には驚きと感動をいただいております。合間に入る「自分史」も世相を反映しており貴重な記録ですね。

錦糸堀車庫に並んだ都電たちを見下ろしながら右手の木造の家のベランダ(というより古風な物干場)にミヨちゃんが座って「♪あのこ は どこ の子〜」と歌っている姿が目に浮かびます。(あれ、屋根上だったかな)
♪わかり かけたー(ちょっと声が外れる)小さな 毎日がー
…というのは虹の架け橋でしたね。

では良いお年をお迎えください。

http://c5793.ebo-shi.com/


[17080] 今年もお世話になりました  さっしい :2022/12/31(土) 18:25  

>>皆さん
令和4年・西暦2022年の大晦日。今年もお世話になりました。
世間がコロナ禍の中、自分は初夏に、癌の転移と再手術。
余命半年という宣告のもと、覚悟を決めた年でした。

それが今、こうして大晦日を迎えることができて、ただただ感謝です。
年の最後に来て膝を痛め、まともに歩けないという状態ですが、
それでも生きているのですから、それだけで有難いことですね。
でも来年はもう少し、命に余裕をもって過ごしたいものです。

当サイト「ぽこぺん」や掲示板も最近はあまり活発ではありませんが、
日替わり写真だけは来年も頑張り続けたいと思います。
ひさびさに盛り上がった「例外系統」の話題は、また年明けにでも。
トップページも、しばらくはまた、錦糸堀の都電が続きますので。

それでは皆さん、良いお年をお迎えください。


[17079] 錦糸堀車庫の例外系統、東京の変貌  6181 :2022/12/29(木) 23:08  

錦糸堀車庫前で、臨時38系統日本橋行きが出てゆくのを見た記憶があります。
昭和47年で、9月でしたでしょうか、車庫内を見学したあとだったと思います。
今考えると臨時29系統の送り込みだったのかもしれません。
ただ一度だけの出会いで、もはや夢かうつつか…といったところですが。

いずれの展示会でか、南砂町折返しの「スタフ」がありました。
錦糸町駅〜東陽町〜東京駅〜東陽町〜南砂町四と入り、
折り返して逆ルートで錦糸町に戻るものでした。
分だけでなく時も入っていて、錦糸町は6時台の発だったような。
南砂町に入るのに東京駅に行ってからですから、下り便も重要だったのでしょう。
それとその時は気にもとめなかったのですが、都庁前ではなく東京駅だったようです。
素直に解釈すると44年の丸の内線の一部休止から廃止までの短い期間、となりますが…。

多分同じ展示で、29系統で須田町についたあと日本橋まで回送となり、38系統で下るという
びっくりするようなのがありました。かなり古いもののようでした。
終車の運用で、38系統の境川行だったでしょうか。これも記憶がおぼろになってしまいましたが。

「例外系統」の運行は営業所の裁量で決められたというマイクさんからの情報、貴重ですね。
町会から要望が入ったりとか、想像がふくらみます。


話題かわりまして東京の変貌について。

高輪ゲートウェイあたりはまだ基礎工事中らしく、東海道下り線から遠望すると
4機のタワークレーンが「キリン園」のようです。
随所から目立つのが麻布郵便局跡の再開発で、四角いプリンを落としたような
微妙にふっくらとしたビルがほぼ建ち上がっています。東京タワーより高いそうです。
ふもとの我善坊谷はどうなっていることでしょう。

それより消えゆく方が衝撃的です。
浜松町の世界貿易センタービルと品川のSHINAGAWA GOOS(旧ホテルパシフィック東京)、
ともに夏頃から解体が始まり、もう車窓から姿が消えそうです。
浜松町のは「鹿島スラッシュカット工法」なる新開発の工法だそうです。
当方、貿易には無縁でしたが、ホテルパシフィック東京には従弟の披露宴で上がりました。
半世紀たって「巻き戻し」を見るような心地になります。


荒川線に目を向けますと、線路際の変化は大規模再開発にくらべるとだいぶテンポが遅いようで、
ここ1〜2年では、梶原付近で側道脇の立ち退きが進んだ、向原から降りる崖が削られて側道ができつつある、
千登世橋の南側でバイパス入口工事が本格化しそう、といったところでしょうか。
鬼子母神界隈など、工事中のまま10年くらいあまり変わっていないようにも思えます。

一方、付近では豊島区役所一帯が予想を超えた変貌です。
番神通りというそうですが、雑司ヶ谷電停からひとつ北、カーブを曲がった先の踏切から
ほぼまっすぐサンシャイン60を目指すように道が伸びています。
夏に行ったらその片側が更地になっていました。
新設された環状5号バイパスが80mほど西側を並走していて、それとの間の全長250mほどが再開発区画。
少なくとも30〜40のビルが姿を消したようでした。
雑司ヶ谷電停北西の二階家と、空き地をはさんでその北の「中央法律専門学校」がまだ残っていました。

蛇足ながら、毎日曜に半年ほど通っていたのはこの専門学校だったと突如確信しました。
日ノ出町分車庫から電車が消えた頃だったと思います。どこだったろうと思ううち半世紀を経ましたが、
二階家の脇の私道に見えるのが学校に続く横丁なのを、ずっと見落としていたのでした。


[17078] 疑問氷解  さっしい :2022/12/29(木) 13:27  

>>831列車さん
ありがとうございます。
まさにその通りだったのでしょう。スッキリしました。

中津川15:26発では早過ぎるように思います。
簡単な記録には、松本で新宿行きに乗換えたとあります。
塩尻では待ち時間が長くなるのを避けたのでしょう。

それにしても…やはり長野発の列車でしたか。
途中の松本からでも座れたようですね。ラッキーだったのか?


[17077] 夏色の思い出  831列車 :2022/12/28(水) 21:20  

(参照 時刻表 1970−10)
長野18:25ー424レ新宿行→松本20:39/48→新宿4:23
なお
中津川17:06−833レ塩尻行→塩尻19:58=塩尻19:57/20:09ー423レ長野行→松本20:29 10分待ちで424レに乗り換え可能
そして言わずとしれた831列車はこの一本前の列車で(塩尻行)
中津川15:26→塩尻18:39 ですのでこちらには乗らなかったのでしょうね。

http://c5793.ebo-shi.com/


[17076] あの夏の夜に乗った列車は?  さっしい :2022/12/28(水) 21:02  

トップページ写真の、昭和46年8月13日の夜。
松本から乗った新宿行きの夜行普通列車は、松本始発でしょうか?
それとも長野発の列車に途中から乗ったのか?
発車時刻なども併せ、ご存じの方は教えて下さると有難いです。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

処理 記事No 削除キー
- LightBoard -